SESからの脱却。確実にSESから脱出する方法とは?【SES脱出できないは嘘】

転職

本ページはプロモーションが含まれています

この記事では、確実にSESから脱却する方法を解説します。

SESで働くエンジニアや客先常駐で働いているSEの中に

SESから脱却したい。
SESから脱出する方法を知りたい。
転職エージェントがsesばかり。SESから社内SEに転職できるの?

と悩んでいる人も多いはず。

この記事ではそんな方に向けて、SESから脱却する方法脱却する時の注意点を解説します。

今回解説する内容はこちら。

上記項目を見て、確実にSESから脱却する方法を知り、社内SEや自社開発企業への転職を成功させましょう。

【記事の目標】確実にSESから脱却する方法を知り、社内SEや自社開発企業への転職を成功させる
筆者

騙されてSES企業に就職してしまったエンジニアが解説。
SES企業で勤務した経験から、確実にSESから脱却する方法を紹介します。。

是非最後までご覧ください。

SES企業から脱却したい人は、社内SEや自社開発エンジニアに転職するのがおすすめです。社内SE・自社開発特化の転職サイトを利用し、確実にSESから脱出しましょう。

自社開発エンジニア・社内SEになれる転職エージェント

社内SE転職ナビ
【公式サイト】社内SE転職ナビ
社内SE専門の転職サイト、SEGAやDeNAなどの大手企業の社内SE求人も多数。※土曜祝日の面談もOK

クラウドリンク
【公式サイト】クラウドリンク
100%自社内開発に転職可能!無料登録、30秒で転職スタートOK。

TechClipsエージェント
【公式サイト】TechClipsエージェント
求人は自社サービスを持つ事業会社に特化!取扱求人は500万円以上のみ。確実に年収UPできる。

SESから脱却する方法4選

この章ではSESから脱却する方法4選を解説します。

SESから脱却したいエンジニアの中に「SESを辞めたいけど転職先が決まらない」「SESしか受からない」と悩んでいる人も多いはず。ここではそんなSESから抜け出せないエンジニア向けに、SESから脱却する方法を4つご紹介します

SESから脱却する方法4選
  1. 社内SE専門の転職サイトを利用し社内SEになる
  2. 自社開発特化の転職エージェントを利用し自社開発エンジニアになる
  3. 高いITスキル・高難度資格を取得し、大手IT企業に転職する。
  4. IT業界自体から脱出する

SESから脱却できずに悩んでいるエンジニアは、自分に合った脱出方法があれば試してみて下さい。

参考記事:【キャリアアップ】SESから社内SE・情シスに転職する方法とは?

筆者

SESから社内SEに転職する方法を解説しています。
合わせてご確認ください。

社内SE専門の転職サイトを利用し社内SEになる

出典「社内SE転職ナビ」

SESから脱却したい方は、社内SE特化の転職サイトを利用して、社内SEに転職しましょう。

SES企業で勤めているエンジニアの中には、客先常駐や派遣の働き方が辛いと感じている人もいるでしょう。そんなSESの働き方が辛いと感じている人には、社内SEがおすすめです。

☑SESから社内SEに転職するメリット

  • IT派遣や客先常駐が無く、社内でのんびり安心して開発できる。
  • IT関連のお問い合わせ対応、ヘルプデスクなど、楽な業務が多い。
  • 開発はいつも決まった社内システムのため、ITスキルがそこまで必要ない。

「SESの客先常駐が嫌だ」「SESは精神的に辛い」と悩んでいるエンジニアには、社内SEの働き方が合うでしょう。決まったメンバーと開発でき、社内でのんびり仕事ができるので精神的に安定するからです。

SESから脱却したい方は、社内SEへの転職を検討してみて下さい。興味があるSEは下記の社内SE特化の転職サイトをチェックしてみてください。

社内SE特化の転職サイト

社内SE転職ナビ
【公式サイト】社内SE転職ナビ
SEGAやDeNAなどの大手企業の社内SE求人も多数。※土曜祝日の面談もOK

自社開発特化の転職エージェントを利用し、自社開発エンジニアになる

出典『クラウドリンク』

SESから脱却したい方は、自社開発特化の転職エージェントを利用して、自社開発エンジニアになるのもおすすめです。

SESエンジニアの中には「テスト案件ばかりで辛い」「開発ばかりで設計をやらせてもらえない」と、下流工程の業務が多すぎることに悩んでいる人も多いはず。そんな下流工程の業務ばかりの現状が辛いエンジニアには、自社開発エンジニアがおすすめです

☑SESから自社開発エンジニアに転職するメリット

  • 社内の決まったメンバーと一緒に作業でき、客先常駐や派遣が無い。
  • 上流工程から開発に携われ、設計スキルを高められる。
  • プロジェクトマネージャー経験を積みやすく、マネジメントスキルも身につく。

SESから自社開発エンジニアに脱却できれば、SES時代よりも上流工程に携わりやすいです。そのため要件定義やシステム設計の経験を積みやすく、年収アップもしやすくおすすめ。

SESから脱却したいエンジニアは、自社開発エンジニアへの転職を検討してみて下さい。

興味がある方は下記の自社開発エンジニア特化の転職エージェントをチェックしてみてください。

自社開発特化の転職エージェント

クラウドリンク
【公式サイト】クラウドリンク
100%自社内開発に転職可能!無料登録、30秒で転職スタートOK。

TechClipsエージェント
【公式サイト】TechClipsエージェント
求人は自社サービスを持つ事業会社に特化!取扱求人は500万円以上のみ。確実に年収UPできる。

高いITスキル・高難度資格を取得し、大手IT企業に転職する。

SESから脱却したい方は、高いITスキルや高難易度の資格を取得し、大手IT企業に転職しましょう

日本のIT企業の9割はSES企業で、中小企業のほとんどがSES企業です。そのためSES企業から脱却するためには、なるべく中小IT企業を避け、大手のIT企業に就職する必要があります。

大手のIT企業に転職するにはそれなりのITスキルが必須なので、大手企業に就職できるレベルの高難易度の資格を取得しましょう。

☑大企業に入社できるレベルの資格

  • システムアーキテクト
  • オラクルマスター Gold
  • ネットワークスペシャリスト
  • データベーススペシャリスト
  • CCNP(シスコ技術者認定)

高難易度の資格であればある程、大手企業への転職で有利になります。中小SES企業から脱却するために、自身のITスキルの向上と資格取得に励んでおきましょう

ITスキル向上を図れるプログラミングスクール休日の勉強方法などを紹介しています。SESから脱却したい方は参考にしてみて下さい。

参考記事:自分に合ったプログラミングスクールを選ぼう

参考記事:【勉強8時間】エンジニアの休日の過ごし方【一般企業勤め】

IT業界自体から脱出する

SESから脱却したい方は、IT業界自体から脱出するのも一つの手です。

SESを脱却したいと考えている方の中には

SES企業で働いているけど、プログラミングが全く分からない。
エンジニアと言う職業にそもそも向いていない。
IT業界から脱出したい。

とエンジニア自体を辞めたいと感じている人も一定数いるはず。

そんなエンジニア自体を辞めたい方には、IT業界から脱出するのをおすすめします。

エンジニアの仕事はプログラミングなどの専門的なITスキルが求められ、センスや才能がかなり必要。

センスがない状態で働き続けても仕事ができるようにはならないので、SESやIT業界を辞めたいのであれば、潔く辞めるのも懸命な判断です。

IT業界自体から脱却したいSESエンジニア向けに「IT業界を離れたいSE向けのおすすめの職業」を紹介しています。エンジニアを辞めたい人は参考にしてみて下さい。

参考記事:IT業界離れたいエンジニアの転職先とは?辞めたい・向いていない時の処世術。

SESから脱却する際の注意点

この章ではSESから脱却する際の注意点を解説します。

ただ漫然と転職活動や行動をしても、SESからの脱却に失敗してしまいます。日本のIT企業の9割がSES企業だからです。

大量発生しているSES企業から脱却するために、注意して欲しいことを紹介します。

SESから脱却する際の注意点
  1. 脱出前に自分の適正年収を知っておく
  2. 世の中のIT企業の9割は客先常駐をしている
  3. 転職エージェントがSESばかり紹介してくる
  4. SESエンジニアは転職できない

SESからの脱却を成功させたい方は、注意点を押さえておきましょう。

参考記事:【3年目でOK】エンジニアの転職は何年目がいいのか?2~3年で適正が分かる。

筆者

エンジニアの転職タイミングについても解説しています。
合わせてご確認ください。

脱出前に自分の適正年収を知っておく

出典「転職ドラフト」
出典「ミイダス」

SESから脱却する前に、一度「自分の市場価値」を算出しておきましょう。自分のスキルや経験を客観的に把握しておくと、年収の低いIT企業に就職してしまう可能性を減らせるからです。

自分の職務経歴は年収にするとどれくらいになるのか?自分のITスキルを年収に置き換えると何万円になるのか?を把握しておけば、自分の市場価値に適した企業を探せます。そのためSESからの脱却前に自分の適正年収の算出しておきましょう。

適性年収をチェックできるサイトミイダス 」や「転職ドラフト 」で適正年収をチェックし、自身のスキルを客観視してみて下さい。

筆者

上記画像は筆者がSESからの脱却前に年収診断したもの
意外と高年収でびっくりしました。

適正年収を診断できるサイト

転職ドラフト
 【公式サイト転職ドラフト
 簡単30秒で年収診断できる!

ミイダス
 【公式サイト】ミイダス
 質問に答えるだけで、ざっくりあなたの年収を査定!

世の中のIT企業の9割は客先常駐をしていること

世の中のIT企業の9割は、客先常駐をしているSES企業です。

そのため闇雲に転職活動をしても、「SESを脱却できたと思ったら、再びSES企業に逆戻り」というパターンがよく発生します。

出典「働き方・休み方改善ハンドブック(情報通信業)(分割版4)

上記の図は「働き方・休み方改善ポータルサイト」に掲載されている「客先常駐をしているITエンジニアの比率」です。

この調査結果で分かるように、IT企業で客先常駐をしている企業の割合は何と全体の9割。客先常駐をしていないIT企業を探す方が難しいです。

世の中のIT企業の9割はSES企業なので、SESを脱却したい方は注意が必要。ただ漫然とSESからの脱却を目指しても、SES企業の面接官に騙されて再びSES企業に逆戻りしてしまいますからね。

確実にSESから脱却したいエンジニアは、下記の記事を参考にSESに逆戻りしないよう注意してください。

参考記事:【難しいけど可能】SESから社内SE・情シスに転職する方法とは?

転職エージェントはSESばかりなので注意

SESから脱却したいエンジニアは「IT転職エージェントはSES企業ばかり紹介してくる」ことを頭に入れておきましょう。

転職エージェントは転職希望者を転職させることで、就職先企業から手数料(マージン)をもらうビジネス。人を転職させればさせるほど儲かります。

転職エージェントは人気のないSES企業の求人をなるべく捌きたいため、転職希望者にSES企業を勧めてくることが多いです。その転職エージェントが紹介してくる大量のSES企業の求人を断り切れず、SESに就職してしまう人も一定数います。

転職エージェントに騙されて、SES企業からの脱却に失敗することの無いよう注意してください。

転職エージェントがSESばかりの件について詳しく解説しています。ご参考にどうぞ。

参考記事:転職エージェントはSESばかりです。【客先常駐のないIT企業に就職する方法】

SESエンジニアは転職できない

SESからの脱却時は「SESエンジニアはなかなか転職できないこと」を理解しておきましょう。

SES企業に勤めるエンジニアは、転職できない傾向にあります。様々な理由や要因がありますが、SESエンジニアが転職できない主な理由は以下の通り。

☑SESエンジニアが転職できない理由

  • 客先を転々としているから、強みとなるITスキルが無い。
  • SESから転職を考えている人が多く、ライバルが多い。
  • 下流工程の業務が多く、設計スキルに乏しいエンジニアが多い。

SESエンジニアは面接官から評価されずらく転職が難しいです。

そのため「SESから脱却する時は長期戦になる」ことを頭に入れておきましょう。

転職先が決まらず、焦って内定をくれたIT企業に転職すると、またSES企業だった。なんて失敗もあるので、SESから脱却するために長期戦を覚悟し、社内SEや自社開発企業に転職できるよう時間を掛けましょう

SESから転職できない理由や転職できない時の対処法について解説しているので、合わせてご確認ください。

参考記事:【SESの闇】SESからだと転職できない。理由と対処法とは?【適切な転職タイミング】

SESから脱却できないエンジニアの特徴

この章ではSESから脱却できないエンジニアの特徴を解説します。

現在、客先常駐型のSES企業で働いているエンジニアの中で

SESから脱却したいけど、転職活動が上手くいかない。
面接を何回もしてるけど、SES企業しか受からない。

とSESから脱出できていないエンジニアもいるはず。

そんな脱出できないSE向けに、SESから脱却できないエンジニアの特徴を紹介します。

SESから脱却できないエンジニアの特徴
  1. ITスキルの低いエンジニア
  2. エンジニア経験1年、2年と勤務歴が浅い人
  3. 1人で転職活動をしている

SESから脱却できないエンジニアの特徴が、自分と一致していないか確認してみて下さい。

参考記事:【SES脱出】客先常駐企業から抜け出す方法とは?【脱出できない人の特徴】

ITスキルの低いエンジニア

ITスキルの低い人はSESから脱却しにくいです。

当たり前の話ですが、IT業界での転職はITスキルの高さとIT業界での実務経験を重視されるからです。

ITスキルはJavaプログラミングだけで、職務経験も1年間だけ。

このようなITスキルが乏しく、実務経験も浅い人はIT企業側からすると採用リスクが高いです。

職務経験1年だけで転職活動をしているエンジニア。という辞めるリスクの高い人材はなかなか採用されません。

IT企業側は即戦力のエンジニアを欲しているので、ITスキルの低い人は内定が得られにくいです。

特に社内SEの求人倍率は特に高いので、ITスキルの低いエンジニアはSESからの脱却に失敗してしまうでしょう。

筆者

ITスキルが低いと誰でも入社できるSES企業しか転職できません。
社内SEや自社開発求人は就職倍率が高いので。。

IT経験1年、2年と職歴が浅いエンジニア

IT経験1年、2年の職歴が浅いエンジニアもSESから脱却できない可能性が高いです。

職務経歴が1,2年だと、就職倍率の高い社内SEや自社開発エンジニアに就職できないからです。

SESから脱却しようとすると、SES企業以外の社内SEや自社開発企業に転職することになるでしょう。そうなった場合、競争の激しい求人を勝ち抜かなければなりません。

特に自社開発エンジニアの倍率はとても高、人気企業の社内SEの募集は倍率が200〜300倍。70〜80%が書類選考で落とされるとも言われてます。

このように競争が激しい選考に勝てるのは、10年20年くらいIT業界で働いているSEだけ。IT経験1年、2年と職歴が浅いエンジニアが社内SEに応募しても、就職できない可能性があるので注意です。

最低3年は客先常駐エンジニアとして働き、実績を作ってからSESから脱却しましょう。

参考記事:自社開発企業の探し方|見分け方とは?【エンジニア転職】

1人で転職活動をしている

1人で転職活動をしているエンジニアはSESから脱却できない可能性が高いです。

一人で転職活動をすると、客先常駐をしているSES企業を見分けられないからです。

私たちの会社は自社開発をしています(10%の社員だけ)
客先常駐はあまりしていません(80%くらい客先常駐です)

と面接官の言葉に騙され、SES企業に就職してしまうエンジニアが多いです。

1人で客先常駐から脱却しようとしても、騙されてSES企業に逆戻りするだけ。

そうならないために、IT企業に勤める友人や同期社員、転職エージェントなどに相談しながら転職しましょう。

特に転職エージェントは

  • 客先常駐企業の見分け方
  • SESをしていない求人の紹介
  • 年収の高い求人
  • 社内SE・自社開発企業の求人の紹介

などSESからの脱却のサポートが手厚いです。

1人で転職活動をしているより、SESから脱却できる確率が上がるので、転職エージェントを利用してください。

社内SE・自社開発特化の転職サイトを利用し、確実にSESから脱却しましょう。

社内SEになれる転職エージェント

社内SE転職ナビ
【公式サイト】社内SE転職ナビ
SEGAやDeNAなどの大手企業の社内SE求人も多数。※土曜祝日の面談もOK

クラウドリンク
【公式サイト】クラウドリンク
100%自社内開発に転職可能!無料登録、30秒で転職スタートOK。

TechClipsエージェント
【公式サイト】TechClipsエージェント
求人は自社サービスを持つ事業会社に特化!取扱求人は500万円以上のみ。確実に年収UPできる。

まとめ:SESからの脱却。確実にSESから脱却する方法【SES脱出できないは嘘】

以上で、SESからの脱却。確実にSESから脱却する方法の解説は以上です。

下記、この記事のまとめです。

☑SESから脱却する方法4選

  1. 社内SE専門の転職サイトを利用し社内SEになる
  2. 自社開発特化の転職エージェントを利用し自社開発エンジニアになる
  3. 高いITスキル・高難度資格を取得し、大手IT企業に転職する。
  4. IT業界自体から脱出する

ただ漫然と転職活動をしてもSESから脱却できません。日本のIT業界の9割がSES企業なので、再びSESに逆戻りしてしまうからです。

SESから完全に脱却するために、社内SE専門の転職サイト自社開発特化の転職エージェントを使って、確実に社内SEや自社開発エンジニアに転職するようにしましょう。

社内SE専門の転職サイトはこちら

自社開発特化の転職エージェントはこちら

☑SESから脱却する際の注意点

  1. 脱出前に自分の適正年収を知っておく
  2. 世の中のIT企業の9割は客先常駐をしている
  3. 転職エージェントがSESばかり紹介してくる
  4. SESは転職できないことを知っておく

SESからの脱却をする際は、SESエンジニアが転職できないことを理解し、長期戦で転職に取り組むようにしましょう。また、転職エージェントの多くがSES企業ばかり紹介してくるので、転職エージェントを利用する際は注意してください。

年収を下げないためにも、SES脱出前に自分の適正年収をチェックしておくことも大切です。

自分の市場価値を診断できるサイトはこちら

☑SESから脱却できないエンジニアの特徴

  1. ITスキルの低いエンジニア
  2. エンジニア経験1年、2年と勤務歴が浅い人
  3. 1人で転職活動をしている

ITスキルの低いSEやIT業界経験の浅いエンジニアは、SESから脱却できないケースが多いので注意してください。客先常駐や派遣をしていない自社開発企業は、就職倍率が高く競争率が高いので、スキルが無いと就職できません。

SES脱出前に、自分がSESから脱却できるITスキルを備えているか考えてみましょう。

筆者

SES企業で勤務していた経験から
「SESを辞めてよかった体験談」
「客先常駐から脱出する方法」
などの記事も書いています。

興味がある方は合わせてご確認ください。

参考記事:SESを辞めてよかった。辞めた後にやったことは?【SES辞めるべき】

参考記事:【SES脱出】客先常駐企業から抜け出す方法とは?【脱出できない人の特徴】

転職SES,客先常駐,社内SE

Posted by 9noike