新卒で入ったSES企業を辞めたい。そう感じたら早い目に転職すべきです。【客先常駐ヤバい】

転職

本ページはプロモーションが含まれています

この記事では新卒で入ったSES企業を辞めたいと感じる理由を解説します。

新卒でSES企業に就職したエンジニアの中に、

新卒でSESに就職したけど辛くて辞めたい。
SESの現場で放置されていて仕事がない。
SESを辞めたいけど転職先が分からない。

と悩んでいる新卒SEも多いはず。

この記事ではそんな新卒エンジニアに向けに新卒で入ったSES企業を辞めたい理由辞めたいのであれば早い目に転職すべきというお話をします。

今回紹介する項目は下記の通り。

上記項目を見て、SES企業に就職した新卒エンジニアが辞めたくなる理由を知り、転職すべきか検討してみましょう。

【記事の目標】SES企業に就職した新卒エンジニアが辞めたくなる理由を知り、転職すべきか検討する
筆者

筆者はSES企業で働いていた中堅エンジニア
SES企業を辞めた実体験を基に解説します。

SESから脱出したい新卒エンジニアは、自社開発・社内SE特化の転職サイトを使ってみて下さい。SES企業の求人が排除されているため、確実に社内SEや自社開発エンジニアに転職できおすすめです。

社内SE・自社開発に強い転職サイト

社内SE転職ナビ
【公式サイト】社内SE転職ナビ
SEGAやDeNAなどの大手企業の社内SE求人も多数。※土曜祝日の面談もOK

クラウドリンク
【公式サイト】クラウドリンク
自社内開発に強い転職サイト!無料登録、30秒で転職スタートOK。

TechClipsエージェント
【公式サイト】TechClipsエージェント
求人は自社サービスを持つ事業会社に特化!取扱求人は500万円以上のみ。確実に年収UPできる。

新卒で入ったSES企業を辞めたいと感じる理由

この章では新卒で入ったSES企業を辞めたいと感じる理由を解説します。

新卒でSES企業に就職したエンジニアの中には、「客先常駐が孤独すぎて辛い」「ついていけないから現場に行きたくない」とSESを辞めたいと感じている人が多いはず。実際に筆者が勤めるSES企業にも、辞めたいと嘆いている新卒エンジニアが沢山いました

そんな辛い気持ちを抱えている新卒エンジニア向けて、SES企業を辞めたいと感じる理由を紹介します。

新卒で入ったSES企業を辞めたいと感じる理由
  1. 客先常駐や派遣ばかりで会社への帰属意識が薄れる
  2. 案件が決まらず、案件待機が続いている
  3. スキルの付かない現場に配属され人生台無し
  4. 案件を抜けたいのに抜けさせてもらえない

新卒エンジニアが何故SESを辞めたいと感じるのか?実例付で詳しく解説していきます。

参考記事:【人生台無し】SESエンジニアになって人生終了しかけた話【使い捨て要因】

筆者

筆者がSES企業で働いていた時の体験談を紹介しています。
新卒SESエンジニアは参考にしてみて下さい。

客先常駐や派遣ばかりで会社への帰属意識が薄れる

新卒のエンジニアがSESを辞めたい理由として一番多いのが、客先常駐や派遣ばかりで会社への帰属意識が薄れることです。

SES企業に新卒で入社すると数カ月間の研修の後に、客先常駐でクライアント先で働くことになります。自社で仕事ができず、ずっと取引先に出社することになるため、徐々に会社への帰属意識が薄れがちです。

☑新卒エンジニアは客先常駐や派遣で辞めたくなる

  • 一人で常駐先に派遣され、自社の社員が誰もおらず肩身が狭い。
  • 現場で客先社員に放置され仕事がない。
  • 新卒なのにIT経験者として現場に配属される。

上記のように客先常駐という孤独で辛い環境に投げ出され、辞めたいと感じる新卒エンジニアが多いです。

実際に筆者もSES企業で客先常駐をしたことがありますが、人見知りだったため客先の社員と馴染めず常に孤独感を抱きながら働いていました。新卒からいきなり客先常駐で働くことになれば、分からないことだらけなのに、誰にも相談ができない。というかなり辛い状況になってしまいます。

SESで働く新卒エンジニアにとっては客先常駐はかなり辛い業務となるため、辞めたいと感じるのは無理はないでしょう。

案件が決まらず、案件待機が続いている

案件が決まらず、案件待機が続いている新卒エンジニアも、SES企業を辞めたいと感じるでしょう。

ITスキルの低い新卒がSES企業に就職すると、中々案件が決まりません。案件が決まらない状態が続くと、「自分は世の中に必要とされていない無能だ。」という気持ちになり辛くなります。

実際にSESの新卒エンジニアが案件が決まらない状態が続くと

社内でずっと案件待機している。
自分は会社の役に立たない給料泥棒だ。
皆も僕のことを見て悪口を言っている。

先輩エンジニアに「あの新人使えない」と陰口を叩かれている気持ちになります。

案件が決まらず案件待機の状態が長引くと、会社に貢献できていない思いが強まります。自分を責めてしまい、最悪の場合うつ病になってしまうことも。自分は使えない人間なんだと、メンタルを追い込まれる新卒エンジニアも一定数います

案件が決まらない状態で放置され、辛い思いをするエンジニアが多いため、新卒がSESを辞めたいと感じるのも無理はないでしょう。

参考記事:SESで案件が決まらないエンジニアの特徴。待機が長続きするとどうなるのか?

スキルの付かない現場に配属され人生台無し

画像に alt 属性が指定されていません。ファイル名: SES-recruiter-3.jpg

スキルの付かない現場に配属されている新卒エンジニアも、SES企業を辞めたいと感じるでしょう。

SESの案件の中には単純作業ばかりやらされる現場も存在します。そのようなスキルのつかない現場に派遣されると、スキルアップできないため、新卒エンジニアは人生が台無しになりがちです。

☑SESの新卒がスキルのつかない現場に配属される

  • 単純作業ばかりの現場に配属され、エンジニアとしての実務経験が積めない
  • 何故か研修でコールセンターに配属されてスキルが身に付かない。
  • スキルが身に付かず、ずっと底辺でキャリアアップできない。

中には研修と称して、コールセンターや家電量販店などの現場に配属されるケースもあるそうです。折角IT企業に就職したのに、SESのせいでスキルのつかない現場に配属されて、エンジニアとしてキャリアアップできない。という状態になってしまう新卒エンジニアもいます。

SESでは現場によって身に付くITスキルが大きく変わります。新卒エンジニアを放置したり、単純作業ばかりやらせる現場に配属されると、人生が台無しになってしまうため、SESを辞めたいと感じる新卒エンジニアは多いです。

案件を抜けたいのに抜けさせてもらえない

案件を抜けたいのに抜けさせてもらえない新卒エンジニアも、SES企業を辞めたいと感じるでしょう。

SES企業に就職し研修が終われば、新卒エンジニアは案件に配属されることになるでしょう。その案件が劣悪な環境であっても、新卒エンジニアは案件を抜けにくいです。パワハラやいじめなどがあるクソみたいな現場であっても、新卒エンジニアは案件を抜けにくいため、かなり辛いです。

自社の上司に現場に行きたくない旨を伝えても

案件を抜けたい!?
新卒の分際でわがままを言うな!
最近の新卒は根性がないな!

と上司は案件を抜けさせてくれないことが多いです。

SESのエンジニアは下請けなので、基本的に常駐先の社員の言いなりになるしかありません。その結果、理不尽なパワハラに遭ったり、怒鳴られやすかったりと、いじめられやすいです。SESエンジニアは弱い立場にあるため、肩身狭く働かなければなりません

このようなパワハラやいじめが横行している現場に配属され、辞めたいと感じても、上司が案件変更させてくれないことがほとんど。新卒でSES企業に入ったエンジニアは、案件を抜けられないため、徐々に精神をすり減らし辞めたいと感じてしまいがちです。

SESを辞めたい新卒エンジニアは早く転職するべき

この章ではエンジニアを辞めたい新卒の方向けに、SESを辞めたい新卒エンジニアは早く転職するべきという話をします。

筆者はSES企業で2年ほど働いていましたが、正直SESは早い目に転職するべきだと考えています。案件によって身に付くスキルが異なるし、案件待機によって貴重な若い時間が奪われたりするからです。

ここではSES企業から脱出し別職種に転職した経験から、SESを辞めたい新卒エンジニアは早く転職するべき理由を解説します。

SESを辞めたい新卒エンジニアは早く転職するべき
  1. IT業界には社内SEや自社開発など働きやすい環境がある
  2. 異業種への転職は若い方が断然有利だから。
  3. 客先常駐を続けると人生台無しになる

SESを辞めたい新卒エンジニアは、転職するか否かの参考にしてみて下さい。

参考記事:SESで案件が決まらないエンジニアの特徴。待機が長続きするとどうなるのか?

筆者

新卒エンジニア向けに、案件が決まらないSEの特徴を紹介しています。
合わせてご確認ください。

IT業界には社内SEや自社開発など働きやすい環境がある

出典「社内SE」

IT業界にはSES企業よりも働きやすい、社内SEや自社開発企業があるため、辞めたい新卒エンジニアは転職するべきです。

SESを辞めたい状態で働き続けても、スキルは身に付きません。辞めたいと感じる心が成長にブレーキを掛けるからです。

SESを辞めたいのであれば、客先常駐のない社内SEや自社開発エンジニアに転職しましょう。そうすれば社内でのんびり、自社のエンジニアに囲まれながら仕事ができます。

☑社内SEや自社開発はSESを辞めたい新卒におすすめ

  • 自社でのんびり働け、客先常駐で現場に常駐する必要がない。
  • 自社の先輩エンジニアにしっかりサポートしてもらえる。
  • 上流工程の仕事にもチャレンジしやすい。

SES企業でエンジニアとして半年、1年経験を積んだ新卒エンジニアは、社内SEや自社開発企業に十分転職可能です。もしSESを辞めたいのであれば、転職活動を開始し、社内SEや自社開発エンジニアになりましょう。

社内SEになれば、客先常駐で現場に行く必要がありませんし、案件で放置されることもなく、社内でのんびり働けおすすめです。

SES企業から脱出したい新卒エンジニアは、自社開発・社内SE特化の転職サイトを使ってみて下さい。

自社開発・社内SE特化の転職サイトはこちら

異業種への転職は若い方が断然有利だから。

異業種への転職は若い方が断然有利です。30代以降になると未経験業種への転職はかなり難しくなるため、SESを辞めたい新卒エンジニアは早い目に転職するべきです。

転職の通説として、「35歳転職限界説」という説があるくらい、30代からの転職は難しいです。SES企業で我慢して働き続けて、30代になった時にやっぱり辞めたい!と感じてももう手遅れです。

☑異業種への転職は年を取るほど不利になる

  • 『35歳転職限界説』があり、30代や40代の転職は難しい。
  • 20代の若手の方が知識の吸収が早く、異業種転職でも採用されやすい。
  • 未経験でスキルのない30代以上の人材は、採用リスクが高い

転職は年を取る程不利になるため、SESを辞めたい新卒エンジニアは早い目に転職しておきましょう。辞めたい状態で仕事を続けてもスキルは身に付きませんし、最悪の場合メンタルを崩してしまう可能性があるからです。

そのためSESを辞めたいと感じているのであれば、手遅れになる前にSES企業から脱出しておくようにしましょう。新卒だから、3年働いていないから、とズルズル働き続けても事態は好転しないですからね。

参考記事:【脱出】SES企業からの転職におすすめの異業種5選!【SEからの転職】

客先常駐を続けると人生台無しになる

客先常駐を続けると人生台無しになる可能性があるため、辞めたい新卒エンジニアは転職するべきです。

SES企業で働き続けると、案件によって身に付くスキルがコロコロ変わり、専門性が得られにくいです。エンジニアとしてのキャリアアップがしにくいため、SESは早い目に脱出するべきです。

実際に筆者の同期にも

新卒で単純作業ばかりの現場に配属された。
ITスキルが付かずエンジニアとして経験が積めない。
人生が台無しになりそうだ。

とスキルのつかない現場に配属されて、悩んでいる新卒エンジニアがいました。

SES企業で働くと、スキルのつかない現場に配属されたり、逆に高いITスキルが要求される案件に配属させられたり。と自分に合った現場に配属されにくいです。

正直新卒エンジニアがSES企業で成長できるかどうかは運です。良い現場に巡り合えるか否かで人生が台無しになってしまうため、辞めたいのであれば早い目に転職するべきだと感じています。

筆者は実際にSES企業で働いてみてそう感じました。

参考記事:新卒から客先常駐(SES)に入社するのは危険。【後悔・騙されないために】

SESを辞めたい新卒エンジニアにおすすめの転職先

この章ではSESを辞めたい新卒向けにおすすめの転職先を解説します。

SESを辞めたい新卒エンジニアの中には、「辞めたいけど自分に合う転職先が見つからない」という人も多いでしょう。転職先を決められず行動ができていない新卒も一定数いるはずです。

そこでここではSESを辞めたい新卒エンジニア向けにおすすめの転職先を紹介します。

SESを辞めたい新卒におすすめの転職先
  • 社内SE・情シス社員
  • 自社開発エンジニア
  • 一番おすすめなのは自分に合った職業に就くこと

SESを辞めたい新卒エンジニアは、転職先の候補にしてみて下さい。

参考記事:SES辞めたい20代は異業種転職できる。ITに向いていない人におすすめの職業を紹介

筆者

20代の新卒SE向けにおすすめの転職先を紹介しています。
SESを辞めたい人は参考にしてみて下さい。

社内SE・情シス社員

社内SEや情シス社員は、SESを辞めたい新卒エンジニアにおすすめです。

SESを辞めたいエンジニアの多くは、客先常駐や派遣などの働き方が嫌な人がほとんどでしょう。現場で働く肩身の狭さが辛くて辞めたいと感じている新卒が沢山いるはずです。

そんな客先常駐や現場派遣が嫌なエンジニアは、社内SEや情シス社員に転職するのがおすすめです。

☑新卒エンジニアに社内SEや情シスをお勧めする理由

  • PCのセットアップやIT関連のお問い合わせ対応など、楽な業務が多い。
  • システム開発などで納期に追われることが無く、残業が少ない。
  • プログラミングの業務が少ないため、プログラミングが苦手な新卒でも大丈夫

SESを辞めたい新卒エンジニアの中には、現場に行きたくない人や案件を抜けたい人も多いでしょう。

そんな新卒は社内SEや情シス社員になれば安全。現場に常駐することなく社内でのんびり業務ができるため、心穏やかに働けおすすめです。

社内SEになりたい新卒エンジニアは、社内SE特化の転職サイトを利用してみて下さい。

社内SEに強い転職サイト

社内SE転職ナビ
【公式サイト】社内SE転職ナビ
SEGAやDeNAなどの大手企業の社内SE求人も多数。※土曜祝日の面談もOK

自社開発エンジニア

自社開発エンジニアも、SESを辞めたい新卒エンジニアにおすすめです。

自社開発エンジニアも社内SEと同じように客先常駐や派遣がありません。自社で先輩エンジニアに指導を受けながら、しっかりITスキルを磨けるため、SESを辞めたいエンジニアにおすすめです。

☑新卒SESエンジニアに自社開発をおすすめする理由

  • 客先常駐や派遣がなく、案件がきまらず案件待機することも無い。
  • 現場がなく、自社の先輩エンジニアに教えてもらいながら働ける。
  • 一次請け、プライム案件が多く、自社で開発しやすい。

自社開発エンジニアに転職できれば、自社でしっかりITスキルを高められ、上流工程などの開発にも参加しやすいです。SESと比べて自社開発は、専門性を高めやすく、キャリアアップしやすいためおすすめ。

興味がある新卒エンジニアは、自社開発エンジニアへの転職を検討してみて下さい。

自社開発エンジニアになれる転職サイトは下記の通り。自社開発の求人が豊富なので、SES企業に転職してしまうことがなく、安心して求人に応募できるのでおすすめです。

自社開発に強い転職サイト

クラウドリンク
【公式サイト】クラウドリンク
自社内開発に強い転職サイト!無料登録、30秒で転職スタートOK。

TechClipsエージェント
【公式サイト】TechClipsエージェント
求人は自社サービスを持つ事業会社に特化!取扱求人は500万円以上のみ。確実に年収UPできる。

一番おすすめなのは自分に合った職業に就くこと

自分のやりたい仕事がない新卒SESエンジニアは、自分と相性のいい適職に就くのがおすすめです。

SESを辞めたい新卒エンジニアの中には

新卒SES

SESを辞めたいけど向いている仕事が分からない。
適性のある仕事を見つけたい。
長く働き続けられる仕事ってあるのかな?

と転職先を決められない人も多いでしょう。

そんなやりたい仕事がない新卒SESエンジニアは、自分の適性に合った相性の良い仕事を選ぶのがおすすめです。

あなたがSESを辞めたいと感じているのは、SESエンジニアに向いていないから。向いていない仕事を辛い思いをして、働き続けているから辞めたくなるのです。仕事を長続きさせるためには「自分と相性の良い仕事に就く」ことです。適性の合った仕事に転職することで、向いていないエンジニア職よりも長続きするでしょう。

特に新卒の人は今後30年40年と働き続けなければならないため、自分と相性のいい仕事に転職することが大切でしょう。

相性転職Personal File 」などのサイトを利用し、適性検査や相性検査、性格診断などをして自分と相性の良い転職先を探すようにしましょう。

無料で性格診断、適職診断を受けられる/

相性転職Personal File>

最適な職種や企業を見つける転職支援エージェント

まとめ:新卒で入ったSES企業を辞めたい。そう感じたら早い目に転職すべき理由

以上で、新卒で入ったSES企業を辞めたい理由辞めたいのであれば早い目に転職すべきの解説を終了します。

以下この記事のまとめです。

☑新卒で入ったSES企業を辞めたいと感じる理由

  1. 客先常駐や派遣ばかりで会社への帰属意識が薄れる
  2. 案件が決まらず、案件待機が続いている
  3. スキルの付かない現場に配属され人生台無し
  4. 案件を抜けたいのに抜けさせてもらえない

新卒で入ったSES企業を辞めたいと感じるエンジニアは結構多いです。その理由として、客先常駐や派遣ばかりで肩身が狭いこと、スキルのつかない現場に派遣され人生台無しになること、案件を抜けたいのに抜けさせてもらえないこと、などが挙げられます。

特に新卒のエンジニアは分からないことが多い中で、常駐先で働かなければならず、辞めたいと感じやすいでしょう。

☑SESを辞めたい新卒エンジニアは早く転職するべき

  1. IT業界には社内SEや自社開発など働きやすい環境がある
  2. 異業種への転職は若い方が断然有利だから。
  3. 客先常駐を続けると人生台無しになる

SESを辞めたい新卒エンジニアは早い目に転職するべきだと思います。その理由として、IT業界には社内SEや自社開発など、SESよりも働きやすい環境があるからです。また異業種への転職は若い方が有利なため、辞めたいのであれば早く転職するべきでしょう。

自社開発企業や社内SEに転職したい人は、自社開発・社内SEに特化した転職サイトを利用して下さい。

自社開発・社内SE特化の転職サイトはこちら

☑SESを辞めたい新卒におすすめの転職先

  • 社内SE・情シス社員
  • 自社開発エンジニア
  • 一番おすすめなのは自分に合った職業に就くこと

SESを辞めたい新卒エンジニアは社内SEや情シス社員に転職するのがおすすめです。客先常駐や現場出向がないため、社内でのんびり働けるからです。

また異業種に転職したい新卒エンジニアは、自分に合った職業に就くことをお勧めします。自分に合った職業を見つけられれば、SESエンジニアとは違い辞めたい気持ちにならず、長く働き続けられるでしょう。

筆者

SES企業で働いた経験から
「SESの現場をスキル不足で辞めたい時の対処法」を
紹介しています。

参考記事:SESの現場をスキル不足で辞めたい時の対処法【途中で辞められる?】

転職SES,客先常駐,新人エンジニア,新卒

Posted by 9noike