【3年目でOK】SES(客先常駐)から転職するタイミングについて解説!【辞めるタイミング】

転職

本ページはプロモーションが含まれています

この記事ではSES(客先常駐)から転職するおすすめのタイミングを解説します。

現在SES企業で働く方や客先常駐エンジニアの中に

SESの転職タイミングって何年目が良いの?
客先常駐エンジニアが転職するベストタイミングを知りたい。
SES経験3年目で転職できる?

と悩んでいる人がいるはず。

今回はそんな方に、SES(客先常駐)から転職するベストタイミングをご紹介します。

今回紹介する内容はこちら。

この記事を見て、SESから転職するベストな転職タイミングを知り、何年目で転職するか検討しましょう

【この記事の目標】SESから転職するベストな転職タイミングを知り、何年目で転職するか検討する
筆者

SES企業で勤務していた筆者が自身の経験をもとに紹介。
SES企業から転職した実体験から解説します。

SES企業から脱出したい方は、社内SE・自社開発特化の求人サイトを利用しましょう。

社内SE・自社開発企業に就職できる転職サイト

社内SE転職ナビ
【公式サイト】社内SE転職ナビ
社内SE専門の転職サイト、SEGAやDeNAなどの大手企業の社内SE求人も多数。※土曜祝日の面談もOK

クラウドリンク
【公式サイト】クラウドリンク
100%自社内開発に転職可能!無料登録、30秒で転職スタートOK。

TechClipsエージェント
【公式サイト】TechClipsエージェント
求人は自社サービスを持つ事業会社に特化!取扱求人は500万円以上のみ。確実に年収UPできる。

SES(客先常駐)エンジニアの転職タイミングは何年目がいいのか

この章ではSES(客先常駐)エンジニアの転職タイミングは何年目がいいのかを解説します。

SESからの転職を考えている人の中に「SESを辞めたいけど転職タイミングが分からない」「SESは何年目で転職したらいいの?」と悩んでいる人が多いはず。そんな転職タイミングに悩んでいるSESエンジニア向けに、ベストな転職タイミングを紹介します。

SES(客先常駐)の転職タイミングは何年目がいいのか
  1. 転職先が決まったタイミングが一番おすすめ
  2. 異業種への転職は今すぐした方がいい
  3. IT業界内の転職は3年目が年収も上がりやすくおすすめ

おすすめの転職タイミングは「異業種転職⇒今すぐ」「IT業界内の転職⇒3年目」です。この理由について深堀りしていきます。

参考記事:【登録必須】SESエンジニアにおすすめの転職エージェント3選。これだけでOK。

筆者

SESエンジニアに特におすすめな転職サイト3選を紹介しています。
転職したいSESエンジニアは登録必須ですよ!

転職先が決まったタイミングが一番おすすめ

SESエンジニアの一番おすすめの転職タイミングが、転職先が決まった時です。

SESエンジニアとして客先常駐や派遣で働きながら、転職活動を同時並行で進める。転職先が決まったら退職して転職する。のが年収も上がりやすいですし、自分に合った転職先も見つかりおすすめです。

仕事と同時並行で転職活動をすると

  • 転職活動をすることでIT業界についての知見や知識が身に付く。
  • 焦らずじっくりと転職先を決められる。
  • 年収アップできる企業から内定をもらえたら直ぐにSES企業を辞められる。
  • SESを辞めたい気持ちを転職活動のモチベーションにできる。

などメリットが数多くあります。

良い企業の求人は常に出ている訳ではないので、SES企業で働きつつ求人を見て、優良な企業の求人があれば転職するのが良いでしょう。確実に自分に合った転職先に行けるのでお勧めですよ。

転職先は社内SEや自社開発企業がキャリアアップもしやすくおすすめです。興味ある方は下記サイトを利用してみましょう。

社内SE・自社開発特化の転職サイト

社内SE転職ナビ
【公式サイト】社内SE転職ナビ
SEGAやDeNAなどの大手企業の社内SE求人も多数。※土曜祝日の面談もOK

クラウドリンク
【公式サイト】クラウドリンク
100%自社内開発に転職可能!無料登録、30秒で転職スタートOK。

TechClipsエージェント
【公式サイト】TechClipsエージェント
求人は自社サービスを持つ事業会社に特化!取扱求人は500万円以上のみ。確実に年収UPできる。

異業種への転職は今すぐした方がいい

SES企業から異業種への転職の場合は、今すぐした方がいいでしょう。

IT業界⇒IT業界のように同じ業界内での転職であれば、経験年数が長い方が転職しやすいですが、異業種への転職の場合は高齢になるほど転職できないです。

高齢(30代40代)の異業種転職が失敗しやすい理由

  • 高齢の人は知識の吸収が遅く育成しにくい。
  • 高齢になると給料を下げにくく雇いにくい。
  • 高齢の場合残業させにくい
  • 35歳転職限界説

など異業種への転職は年齢が高いほど不利です。

「SES辛いから辞めたい」「ITがわからなくてしんどい」「IT業界から離れたい」と感じているSESエンジニアがいれば、今すぐ異業種への転職しましょう。ダラダラ惰性でSESエンジニアを続けると出世できなくて詰みますし、転職できずに一生SESから脱出できないので。

異業種転職では高齢であるほど不利なので、SES辞めたいと感じたタイミングで転職をしましょう。

異業種への転職を考えているSESエンジニア向けに、IT業界から足を洗う人向けのおすすめ職業7選を紹介しているので、興味ある方は参考にしてみて下さい。

参考記事:【異業種への転職】IT業界から足を洗う人におすすめの職業7選【IT業界やめた後】

筆者

異業種転職などの未経験転職は若ければ若いほど有利。
「異業種転職のタイミングは今すぐ」がおすすめです。

IT業界内の転職は3年目が年収も上がりやすくおすすめ

エンジニアの求人には経験年数縛りがある

IT業界内の転職は3年目が年収も上がりやすくおすすめです。

SES企業から自社開発企業、SES企業からSES企業。などIT業界内でキャリアアップを目指す転職は3年目が一番良いでしょう。

☑SES企業からの転職タイミングに3年目がいい理由

  • エンジニア求人の多くは「実務経験3年以上」を条件にしているから
  • 客先常駐では上流工程の経験を積みにくいから
  • 3年ルールがあり「3年目」がキリのいいタイミングであるから
  • 3年目になると実務経験を活かした転職ができるから

3年目の転職には上記のメリットがあるため、SES企業からの転職は3年目以降がおすすめです。

「なぜ3年目の転職が良いのか?」についてより詳しく解説しているので、詳しく知りたい方は下記をクリックしてください。

SES(客先常駐)の転職タイミングの3年目がベストな理由

IT業界内のSES(客先常駐)の転職タイミングのベストは3年目

この章ではIT業界内のSESエンジニアの転職タイミングのベストは3年目というお話をします。

転職のベストタイミングは人それぞれ異なりますが、IT業界内でのSESエンジニアの転職は3年目がベストです。なぜSESエンジニアの転職に3年目がベストなのか。この章で解説していきます。

IT業界内のSES(客先常駐)の転職タイミングが3年目がいい理由
  1. 3年目になると実務経験を活かした転職ができるから
  2. 3年ルールがありキリのいいタイミングであるから
  3. 3年働けば別企業で上流工程を学んだほうがいいから

SESの転職タイミングのベストが3年目な理由について解説します。

参考記事:SES企業を2年目で転職した体験談。スキル不足でも転職可能【年収公開】

筆者

筆者は2年目でSES企業から転職しました。
その時の体験談も公開しているので参考にしてみて下さい。

3年目になると実務経験を活かした転職ができるから

3年目になると実務経験を活かした転職ができるため、SESエンジニアの転職タイミングは3年目がおすすめです。

キャリアアップを前提としたエンジニア転職では、実務経験年数による縛りが発生します。下記のように

  • PHPの実務経験3年以上
  • 人工知能案件の経験5年以上
  • Pythonの実務経験3年以上

応募条件に経験年数制限が掛かっている場合があります。

エンジニア求人の多くが「3年以上の実務経験」の年齢縛りになっており、ある程度経験を積んでいないと転職できません。「3年以上の実務経験」縛りが多いため、SES(客先常駐)の転職タイミングは3年目がベストです。

年齢縛り求人をチェックしたいエンジニアは、社内SE・自社開発特化の求人サイトを利用してみましょう。

社内SE・自社開発特化の転職サイト

社内SE転職ナビ
【公式サイト】社内SE転職ナビ
SEGAやDeNAなどの大手企業の社内SE求人も多数。※土曜祝日の面談もOK

クラウドリンク
【公式サイト】クラウドリンク
100%自社内開発に転職可能!無料登録、30秒で転職スタートOK。

TechClipsエージェント
【公式サイト】TechClipsエージェント
求人は自社サービスを持つ事業会社に特化!取扱求人は500万円以上のみ。確実に年収UPできる。

3年ルールがありキリのいいタイミングであるから

3年ルールは、労働者派遣契約に基づいた人材派遣に適用される派遣法の上のルール。派遣をしているエンジニアは3年以内に別の派遣先に異動する必要があります。

この3年ルールがあるため、同じ客先で3年派遣すると別の派遣先に異動しなければなりません。

同じ派遣先で3年働いたら自動的に別の企業への派遣になるので、3年キリ良く派遣で働いたタイミングで転職するのが良いでしょう。3年働いて転職すると3年ルール的にもキリが良いですし、石の上にも3年で世間体的にも問題ないからです。

企業の採用側からしても3年と言う数字は違和感が無く、転職理由としても怪しまれにくいのでお勧めです。

3年働けば別企業で上流工程を学んだほうがいいから

SES企業で3年働けば別企業で上流工程を学んだほうがいいため、3年目程度で転職した方が良いです。

SES企業は上流工程を経験できる機会が少なく、幅広い開発経験を積みにくいです。

  • テスター案件ばかりで、システム開発の実務経験が積めない
  • 客先常駐で下流工程ばかりやらされる。
  • プロジェクトマネージャーなどの案件が無く、マネジメントスキルが身に付かない。

などSES企業の案件は下流工程の案件が多く、上流工程の経験を積めません。

客先常駐や派遣ではPMの案件が少なく、マネジメント経験も積めないのがSES企業の悪いところ。エンジニアとしてキャリアアップしたいのであれば、SES企業で3年開発を行い転職し、別IT企業でプロジェクトマネージャーや上流工程に携わりましょう

SES企業では上流工程の経験が積みにくいので、転職のタイミングは3年目くらいがおすすめです。

SES(客先常駐)から転職する前にすべきこと(注意点)

この章ではSES企業から転職する前にすべきこと(注意点)を解説します。

SESからの転職で失敗しないために、転職前にやっておいて欲しいことをご紹介します。漠然と求人に応募し続けても転職できないことがあるので注意です。

SES(客先常駐)エンジニアの転職時の注意点
  1. SESで長く働き過ぎると転職できない
  2. 自社開発・社内SEに転職する際は、専用の転職サイトを利用する
  3. 自分のITスキルから市場価値を正確に把握する

SESからの転職を成功させたいエンジニアは参考にしてみて下さい。

参考記事:SESを辞めてよかった。辞めた後にやったことは?【SES辞めるべき】

SESで長く働き過ぎると転職できない

SESで長く働き過ぎると転職できない場合があるため注意が必要です。

SES企業で10年20年と長く働くデメリットはかなり多いです。

  • SES企業の案件にPMが少なく、何年働いてもマネジメントスキルが身に付かない。
  • SESで10年20年働いても上流工程の経験が積めないから。
  • 案件を転々としやすく、強みになるプログラミング言語が身に付きにくい
  • 案件待機が長引くと職務経歴書がスカスカになる

SESで10年20年と働いても開発案件やテスター案件しか任せてもらえない場合があります。

SES企業での経験はどうしても上司のアサイン次第で、身に付くITスキルが変わってきます。アサインされる案件がバラバラだと強みに欠けるエンジニアになりやすく、転職も難しくなってしまいます

SES企業で何十年働いてもあまり意味が無いので、3年5年勤務したら、転職するのがいいでしょう。

参考記事:【SESの闇】SESからだと転職できない。理由と対処法とは?【適切な転職タイミング】

筆者

「SESエンジニアは転職できない」という記事もあるので参考にしてみて下さい。

自社開発・社内SEに転職する際は、専用の転職サイトを利用する

出典「クラウドリンク

SESから自社開発企業や社内SEに転職したい方は、自社開発・社内SEに特化した転職サイトを利用しましょう。

SES企業から転職したい方の中に「SES辞めたい」「自社開発企業に転職したい」とSESから脱出したいエンジニアも多いはず。そんなSESから脱出したいエンジニアは、自社開発・社内SE特化の転職サイトを利用するのがおすすめです。

世の中のIT企業の9割がSES企業です。大量のSES企業が世の中に蔓延しているので、ただ漠然と転職活動をしていてもSES企業から脱出できません。通常のエンジニア求人のほとんどがSES企業なので。

大量にあるSES企業の求人には注意しましょう。

SES企業から脱出したいエンジニアは、下記の社内SE・自社開発特化の転職サイトを利用してみてください。

社内SE・自社開発特化の転職サイト

社内SE転職ナビ
【公式サイト】社内SE転職ナビ
SEGAやDeNAなどの大手企業の社内SE求人も多数。※土曜祝日の面談もOK

クラウドリンク
【公式サイト】クラウドリンク
100%自社内開発に転職可能!無料登録、30秒で転職スタートOK。

TechClipsエージェント
【公式サイト】TechClipsエージェント
求人は自社サービスを持つ事業会社に特化!取扱求人は500万円以上のみ。確実に年収UPできる。

自分のITスキルから市場価値を正確に把握する

出典「ミイダス
出典「転職ドラフト

SESからの転職を成功させるために、一度「自分の市場価値」を算出しておきましょう。自分のスキルや経験を客観的に把握しておかないと、年収の低い企業に転職してしまう可能性があるからです。

自分のスキルを年収に置き換えるとどれくらいの年収になるのか?自分の職務経歴は年収にするとどれくらいになるのか?を把握しておけば、自分のレベルにマッチした企業を探せます。

市場価値を確認できるサイトの中には

  • Python経験3年⇒年収700万円
  • システム開発経験2年以上⇒年収500万円
  • プロジェクトマネージャー経験5年以上⇒年収1000万円

などIT業界での実務経験年数によって、年収を診断できるサイトもあります。

これら適性年収をチェックできるサイトミイダス 」や「転職ドラフト 」で適正年収をチェックし、自身のスキルを客観視しましょう。そうすれば自分の適性年収を把握でき、自分に合ったIT企業に転職できるでしょう。

筆者

上記画像はSES勤務の筆者が年収診断したもの
自分の市場価値を確認できるので転職活動で役立ちます。

適正年収を診断できるサイト

転職ドラフト
【公式サイト転職ドラフト
簡単30秒で年収診断できる!

ミイダス
【公式サイト】ミイダス
質問に答えるだけで、ざっくりあなたの年収を査定!

ベストな転職タイミングは人それぞれ。転職は何年目でもいい。

最後にベストな転職タイミングは人それぞれなので何年目でもいい。というお話をします。

今までSES企業の転職タイミングは3年目がベストという話をしてきましたが、実際ベストな転職タイミングはひとそれぞれ。やりたい仕事やなりたい人材像によって、転職タイミングは大きく変わります。そんな「ベストな転職タイミングは人それぞれですよ」というお話をさせて頂きます。

ベストな転職タイミングは人それぞれ
  1. 仕事ができるエンジニアは何年目でも転職できる
  2. 上流工程を経験したいSESエンジニアは早い目に転職するほうがいい
  3. 結論:自分が何をしたいのかによってタイミングは変わる

SESからの転職のタイミングで迷っているエンジニアは参考にしてみて下さい。

筆者

ベストな転職タイミングは人それぞれ。
転職で大切なのは「タイミング」ではなく「自分が何をしたいのか」です。

仕事ができるエンジニアは何年目でも転職できる

仕事ができるエンジニアは何年目でも転職可能。仕事ができたり、実績があったりすれば採用する企業側は必ず評価してくれるからです。

  • スマホアプリを開発して1万ダウンロードを達成したことがある
  • Web上にアプリを公開して、そのアプリが月間1万PVの実績。
  • プロジェクトリーダーとして数億円規模のプロジェクトを成功させた経験がある

など実績があり仕事ができるエンジニアはどのIT企業でもやっていけるはず。

実績があり仕事ができるエンジニアはSES企業から転職したい場合、いつでも転職できるでしょう。スキルがあるエンジニアはSES企業で下流工程の開発案件ばかりするのではなく、より専門的なエンジニアになるため転職しましょう。

人工知能エンジニアとしてAIを開発したり、
開発経験を活かしてブロックチェーンを開発したり、
ビッグデータを活用した売上システムを開発したり。

転職した方が活躍できる場合は今すぐの転職がおすすめです。

キャリアアップを目指すエンジニア向けの転職サイトもあるので、興味がある方は求人をチェックしてみて下さい。

キャリアアップを目指せる転職サイト

Kaguya
【公式サイト】Kaguya
先端技術・イノベーション領域に強みのある転職エージェント。

人工知能(AI)、ロボティクス、IoT、ブロックチェーン、自動運転、先端素材、デジタルものづくり、iコンストラクション、VR/AR、ビッグデータなど最先端技術の求人が10,000件以上。

上流工程を経験したいSESエンジニアは早い目に転職するほうがいい

上流工程を経験したいSESエンジニアはできるだけ早いタイミングで転職する方が良いでしょう。

SES企業で勤務していると、要件定義や設計などの上流工程に携わりにくいです。開発案件やテスター案件ばかりだからです。SES企業で働いていると案件次第で下流工程ばかりという状況になってしまうので、上流工程を経験したいエンジニアはできるだけ早い転職がいいでしょう。

特にITコンサルやWebマーケターなどのキャリアを考えている人は早い目に転職。上流工程に携われるようにするのがいいでしょう。

結論:自分が何をしたいのかによってタイミングは変わる

この記事の結論として「自分が何をしたいのかによってベストな転職タイミングは変わる」ことを伝えさせてください。

☑キャリアごとのベストな転職タイミング

  • 開発ができるエンジニアになりたい⇒SES勤務5年以上
  • プロジェクトマネージャーになりたい⇒SES勤務1~2年
  • 上流工程の経験を積みたい⇒SES勤務1~2年

などエンジニアとして目指すキャリアによってベストな転職タイミングは変わります。

そのためSESからの転職で失敗したくない人は「自分がエンジニアになって何をしたいのか?」「どんなキャリアを歩んでいきたいか」を考え転職をしましょう。大切なのは転職のタイミングではなく、自分がどんなキャリアを描きたいのか、です。

自分の目指したいキャリアを考え行動することで、正しいタイミングでSESから転職できるでしょう。

筆者

SES企業からの転職は自分がどんなキャリア形成をしたいのか。によって大きく変わります。

大切なのはタイミングではなくどんなキャリアを描きたいのかを決めることです。

まとめ:【3年目でベスト】SES(客先常駐)から転職するタイミングについて

以上で、SES(客先常駐)から転職するタイミングの解説を終了します。

下記この記事のまとめです。

SES(客先常駐)の転職タイミングは何年目がいいのか

  1. 転職先が決まったタイミングが一番おすすめ
  2. 異業種への転職は今すぐした方がいい
  3. IT業界内の転職は3年目が年収も上がりやすくおすすめ

一番おすすめの転職タイミングは「転職先が決まったタイミング」。SES企業で働きつつ、転職活動を同時並行で進める。条件が良い転職先が決まったらSES企業を辞めて転職する。のが、のんびり転職活動をでき、優良な企業に出会いやすいです。

IT業界内のSES(客先常駐)の転職タイミングが3年目がいい理由

  1. 3年目になると実務経験を活かした転職ができるから
  2. 3年ルールがありキリのいいタイミングであるから
  3. 3年働けば別企業で上流工程を学んだほうがいいから

IT業界内の転職タイミングは3年目がベストだと思います。SES企業では上流工程の経験が積みにくいので、SES企業で3年働いたら転職をするのが良いでしょう。「SES企業でシステム開発経験3年⇒別IT企業で上流工程を経験」という流れがエンジニアの理想的なキャリアアップだと思います。

SES(客先常駐)エンジニアの転職時の注意点

  1. SESで長く働き過ぎると転職できない
  2. 自社開発・社内SEに転職する際は、専用の転職サイトを利用する
  3. 自分のITスキルから市場価値を正確に把握する

SESで意味もなく5年10年とダラダラ働き続けると転職できなくなるので注意しましょう。転職する時は自分の市場価値を正確に把握し、自分のレベルと年収幅に合った転職先を見つけるのがおすすめ。自分の実力以上の転職先ばかり狙いすぎると転職できないので。

ベストな転職タイミングは人それぞれ

  1. 仕事ができるエンジニアは何年目でも転職できる
  2. 上流工程を経験したいSESエンジニアは早い目に転職するほうがいい
  3. 結論:自分が何をしたいのかによって転職タイミングは変わる

結論としてベストな転職タイミングは人それぞれ違います。ベストな転職タイミングを見つけるのではなく、自分が描きたいキャリアを先に見つける方が大切。自分が描きたいキャリアが見つかれば、2年目の転職が良いのか、3年めの転職いいのか。見えてくるはずですから。

筆者

「SESだと転職できない」
「スキル不足で途中退職できるか?」
などの記事も執筆しています。

興味がある方は是非ご覧ください。

参考記事:SESからだと転職できない。理由と対処法とは?【適切な転職タイミング】

参考記事:SESの現場をスキル不足で辞めたい時の対処法【途中で退職できる?】

転職SES,客先常駐,転職

Posted by 9noike