【SES脱出】客先常駐企業から抜け出す方法とは?【脱出できない人の特徴】

転職

本ページはプロモーションが含まれています

この記事では「客先常駐(SES)から脱出したい」と言う方向けに「客先常駐企業から抜け出す方法」を解説します。

客先常駐で働いているエンジニアやSES企業に所属している人の中に

客先常駐から転職する方法を知りたい。
転職エージェントがsesばかり。社内SEに転職したい。
SESから脱出できない。どうしたら脱出できる?

とSESからの脱出を考えている方がいるはず。

この記事ではそんな方に向けて、客先常駐(SES)から脱出する方法をご紹介します。

今回解説する内容はこちら。

上記項目を見て客先常駐SESから脱出する方法を知り、社内SEや自社開発企業に転職しましょう

【記事の目標】客先常駐SESから脱出する方法を知り、社内SEや自社開発企業に転職する
筆者

客先常駐で勤務経験のあるエンジニアが自身の経験をもとに紹介。
脱出した同期や後輩の話を参考に解説します。

是非最後までご覧ください。

SES企業から脱出したい人は、社内SE・自社開発特化の求人サイトを利用しましょう。SES企業の求人が排除されているため、SESを回避できおすすめです。

自社開発・社内SE特化の転職サイト

社内SE転職ナビ
【公式サイト】社内SE転職ナビ
社内SE専門の転職サイト、SEGAやDeNAなどの大手企業の社内SE求人も多数。※土曜祝日の面談もOK

クラウドリンク
【公式サイト】クラウドリンク
100%自社内開発に転職可能!無料登録、30秒で転職スタートOK。

TechClipsエージェント
【公式サイト】TechClipsエージェント
求人は自社サービスを持つ事業会社に特化!取扱求人は500万円以上のみ。確実に年収UPできる。

客先常駐(SES)を脱出する方法

この章では「客先常駐(SES)を脱出する方法」を解説します。

世の中のIT企業の9割がSES事業を行っています。そのため、ただ漫然と転職しても、SES企業に引っ掛かってしまう可能性があります。SES企業に入らない方法をしっかり知り、完全にSESから脱出しましょう。

今回紹介するSESから脱出する方法はこちら。

SESから脱出する方法
  • 自社開発、社内SE特化の転職サイトで転職
  • SES・客先常駐企業の見分け方を知っておく
  • 優良IT企業やホワイトIT企業に転職
  • 転職エージェントはSESばかりなので注意
  • どうしても会社を辞められない場合は退職代行を利用

上記について詳しく解説します。

参考記事:SESエンジニアにおすすめの転職エージェント3選。これだけでOK。

筆者

SESエンジニアにおすすめの転職サイトも紹介しています。
SESから転職したい方は参考にしてみて下さい。

自社開発、社内SE特化の転職サイトで転職する

出典「クラウドリンク

SES企業から脱出するためには社内SE特化の転職サイトを利用しましょう

世の中のIT企業の9割は客先常駐をしています。こちらのデータをご覧ください。

出典「働き方・休み方改善ハンドブック(情報通信業)(分割版4)

上記の図は「働き方・休み方改善ポータルサイト」に掲載されているアンケート調査結果。

この調査結果から読み取れるのは、IT企業の中で客先常駐をしている企業の割合が全体の9割ということ。9割にも及ぶIT企業が客先常駐をしています。

そのため、SES企業から脱出し別のIT企業に転職しても、また同じSES企業。と言うことがよくあります。

ただ何となく転職をしてもSES企業に入社してしまいます。

SES企業に転職しないために、社内SEや自社開発に特化した転職サイトを利用しましょう。社内SE特化のサイトならSES企業の求人が排除されているから安心。確実にSESのないIT企業に社内SEとし転職できます。

下記社内SE特化の転職エージェントです。興味ある方はチェックしてみて下さい。

自社開発・社内SE特化の転職サイト

社内SE転職ナビ
【公式サイト】社内SE転職ナビ
社内SE専門の転職サイト、SEGAやDeNAなどの大手企業の社内SE求人も多数。※土曜祝日の面談もOK

クラウドリンク
【公式サイト】クラウドリンク
100%自社内開発に転職可能!無料登録、30秒で転職スタートOK。

TechClipsエージェント
【公式サイト】TechClipsエージェント
求人は自社サービスを持つ事業会社に特化!取扱求人は500万円以上のみ。確実に年収UPできる。

SES・客先常駐企業の見分け方を知っておく

「SES・客先常駐企業の見分け方を知っておく」ことでSES企業から脱出できる可能性が高まります。

先ほども述べたように世の中のIT企業の9割がSES事業を行っています。ただ漫然とIT企業に転職しても、またSES企業に入社してしまい、永遠にSESを脱出できません。

SESを完全に脱出し、SESの無い自社開発・社内SEに転職するには「SES・客先常駐企業の見分け方を知っておく」ことが大切。興味のあるIT企業がSESをしてるか否か。見分ける力を持っておけば、SES企業を回避できます。

下記に「客先常駐のないIT企業の見分け方」を解説しています。この記事を見てSES企業を回避する方法を学んでください。

参考記事:客先常駐のないIT企業の見分け方|選び方【未経験は注意】

優良IT企業やホワイトIT企業に転職する

SESを脱出する際は優良IT企業やホワイトIT企業に転職するように心がけましょう。

仮にSESを脱出したとしても、転職先の会社がブラックIT企業だと何の意味もありません。

何時間も残業させられたり、
上司からのパワハラが常態化していたり、
残業時間が100時間を超えていたり。

SESや客先常駐より過酷な労働環境だったら、SESを脱出しても意味がありません。

そのためホワイト企業や優良企業に転職するようにしましょう。

転職サイトを利用するならブラック企業を徹底的に排除している「【ウズキャリ】 」がおすすめ。厳正な審査基準からブラック企業を締め出しているから、確実にホワイト企業に就職できます。

優良なIT企業の見分け方を知りたい方は、下記記事をご確認ください。ブラックIT企業の特徴や隠れ優良IT企業の見分け方を解説しています。

参考記事:【超ホワイト】自社開発企業の探し方|見分け方とは?【エンジニア転職】

転職エージェントはSESばかりなので注意

「IT転職エージェントはSES企業ばかり紹介してくる」ことを頭に入れておきましょう。

転職エージェントは転職希望者を転職させることで、就職先企業から手数料(マージン)をもらうビジネス。人を転職させればさせるほど儲かるビジネスです。そのため、転職エージェントは人気のないSES企業をごり押しで、転職希望者に勧めてきます。

IT未経験の人は転職エージェントのゴリ押しに騙され、SES企業に入社しがちです。未経験の人は転職エージェントを利用するときは注意しておきましょう。

参考記事:転職エージェントはSESばかりです。【客先常駐のないIT企業に就職する方法】

退職代行で今すぐ辞める。脱出する。

SESを脱出しようとしても上司や会社に引き止められ、会社を辞めさせてくれない場合があります。会社を脱出できない場合は退職代行を利用しましょう。

SESを辞めたいと思っている人の中に、上司に引き止められて辞められない人がいるのではないでしょうか?

君が辞めると会社が回らなくなるから、転職しないでくれ!
転職したら賠償金を請求するからな。

と会社から懇願されたり脅されたり。SESを脱出できない人も多いはず

会社を辞めさせないのは明らかな違法行為です。憲法にも職業選択の自由が明記されています。辞めさせない退職を妨害するのは違法。そのためどうしても辞めさせてくれない場合は奥の手として退職代行を利用してください。

退職代行は会社を辞めたい人の権利です。申し訳なさを感じる必要はありません。

SES・客先常駐に強い退職代行を紹介しているので興味ある方はご確認ください。

参考記事:【最短10分退職】SES(客先常駐)におすすめの退職代行4選【体験談付】

SESからの脱出時の注意点

この章ではSES脱出時の注意点を解説します。

SES企業から脱出する際に、皆さんに意識して欲しいことや注意点をご紹介します。

脱出時の注意点
  1. SESを脱出した後の転職先の内定を持っておく
  2. SESエンジニアは転職できないことを知っておく
  3. 漫然と転職してもまたSES企業に就職してしまう
  4. 脱出できないまま働くと鬱になる可能性がある。

上記4つの注意点を押さえておいてください。

参考記事:SES企業を2年目で転職した体験談。スキル不足でも転職可能【年収公開】

筆者

SES企業を2年目で転職した体験談も紹介しています。
合わせてご確認ください。

抜け出した後の転職先の内定を持っておく

SESを脱出した後の転職先の内定を持っておくようにしましょう。次の会社が決まっていない状態で退職すると路頭に迷う可能性があるからです。

内定先が無いデメリットはたくさんあります。

内定先を決めないで会社を辞めると
・貯金が無いと生きていけなくなる。収入が0になる。
・焦って転職先を決めると、ろくな会社に就職できない
・バイト生活から抜け出せなくなる。

お金に困り路頭に迷う可能性があります。

会社を辞めてから転職を始めてからでは遅いので、SES企業を脱出する前に就職先は決めておきましょう

会社を辞める前に転職活動すると、「会社を辞めたい気持ちをモチベーションに転職活動できる」のでその点もおすすめポイントです。

SESエンジニアは転職できないことを知っておく

SES脱出時の注意点2つ目は「SESエンジニアはなかなか転職できないこと」を理解しておくこと。

SESエンジニアは転職で失敗しやすいです。その理由は以下の通り。

  • 客先を転々としているから強みとなるスキルが無い。
  • SESエンジニアは数が多いので強みにならない。
  • SESから転職を考えている人が多く、ライバルが多い。

とSESからの転職はなかなか成功しづらいです。

そのため「SESから脱出する時は長期戦になる」ことを頭に入れておきましょう。仮に転職先が決まらず焦って、内定をくれた企業に直ぐに就職すると、またSSES企業だった。なんてこともあるので、長期戦を覚悟し社内SEや自社開発企業に入れるよう徹底的に調査をしてください。

参考記事:【SESの闇】SESからだと転職できない。理由と対処法とは?

筆者

SES企業からは転職できない。
という実体験も紹介しています。
ご参考にどうぞ。

漫然と転職してもまたSES企業に就職してしまう

何も考えずに漫然と転職活動をしても、またSES企業に就職してしまうので注意しましょう。

世の中のIT企業の9割は客先常駐をしています。IT企業の9割がSES企業なので、単純計算でエンジニアに転職すると9割の確率でSES企業に入社してしまいます。9割もの確率でSSES企業に入ってしまう現代。しっかりと対策を打たないとSES企業を脱出できません。

SES企業に何度も出戻りにならないよう、社内SEや自社開発企業への就職の方法を知っておく必要があります。客先常駐の見分け方や社内SE・自社開発特化の転職サイトをまとめているので、参考にしてみて下さい。

社内SE・自社開発特化の転職サイト

脱出できないまま働くと鬱になる可能性がある。

SESを脱出できないまま、嫌な状態で働き続けるとうつ病になってしまうので注意が必要です。

IT業界(情報通信業)のメンタル不調による退職の割合は、全17業界中ワースト1位となっています。

情報通信業にて、メンタルヘルス不調により、「退職した労働者」がいた事業所は、全体の11.7%(全17業界中ワースト1位)

令和3年 労働安全衛生調査(実態調査)結果

厚生労働省の労働安全調査でIT業界はメンタル不調になりやすい。という結果が出ています。

IT業界はうつ病になりやすい業界。そんな中で嫌な気分を抱えたまま客先常駐しているとさらにうつ病のリスクは高まります。

最悪の場合SESを脱出する前にうつ病になってしまい、転職にも失敗する。

という悲惨な末路を辿る可能性があるので、SES企業で働くエンジニアは注意して転職に臨んでください。

参考記事:SES(客先常駐)はうつ病になりやすい?対処法とは?【メンタル不調の原因】

SESから脱出できないエンジニアの特徴

この章では「SESから脱出できない人の特徴」をご紹介します。

現在客先常駐型のSES企業で働いているエンジニアの中で

SESを脱出したいけど転職活動が上手くいかない。
転職を何回もしてるけどses企業ばかりだ。

とSESから脱出できないエンジニアもいるはず。

脱出できないエンジニア向けにSESから脱出できない人の特徴を解説します。自分に当てはまっていないかチェックしてみましょう。

SES・客先常駐から脱出できない人の特徴
  1. ITスキルの低いエンジニア
  2. エンジニア経験1年、2年と勤務歴が浅い人
  3. 1人で転職活動をしている

上記のSESから脱出できない特徴に当てはまるエンジニアは注意してください。何回転職してもSES企業に転職してしまう可能性があるので。

ITスキルの低いエンジニア

ITスキルの低い人は客先常駐から脱出しにくいです。

エンジニアの転職時にIT技術のレベルと職務経歴がとても重視されるからです。

ITスキルはJavaプログラミングだけで、職務経験も1年間だけ。

そういったスキルも乏しく、職務経歴が浅い人はIT企業側からしても要りません。職務経験1年だけで転職活動をしている。という職を転々としそうなエンジニアは採用されません。

IT企業側は即戦力のエンジニアを欲しているので、ITスキルの低い人は転職活動が上手くいきにくいです。社内SEの求人倍率は特に高いので、ITスキルの低いエンジニアはSES脱出に失敗してしまうでしょう。

筆者

ITスキルが低いと誰でも入社できるSES企業しか転職できません。
社内SEや自社開発求人は就職倍率が高いので。。

IT経験1年、2年と職歴が浅いエンジニア

IT経験1年、2年と職歴が浅いエンジニアはSESから脱出できない可能性があります。

自社開発エンジニアや社内SEの求人は倍率が高く、競争が激しいからです。

自社開発エンジニアの倍率はとても高人気企業の社内SEの募集は倍率が200〜300倍。70〜80%が書類選考で落とされるとも言われてます。

このように競争が激しい選考に通るのは、スキルの高い10年20年くらいIT業界で働いているエンジニア。IT経験1年、2年と職歴が浅いエンジニアが社内SEに応募しても就職できない可能性があるので注意です。

最低3年は客先常駐エンジニアとして働いて実績を作ってからSESから脱出しましょう。

参考記事:SESを辞めてよかった。辞めた後にやったことは?【SES辞めるべき】

筆者

SES企業を3年目で辞めた体験談を紹介しています。
合わせてご確認ください。

1人で転職活動をしている

1人で転職活動をしているエンジニアは客先常駐から脱出できない可能性が高いです。

一人で転職活動をすると客先常駐をしている企業を見分けられないからです。

私たちの会社は自社開発をしています(10%の社員だけ)
客先常駐はあまりしていません(80%くらい客先常駐です)

面接官の言葉に騙され、SES企業に就職してしまうエンジニアの方が多いです。

1人で客先常駐から脱出しようとしても騙されてSES企業に就職するだけ。

そうならないために、IT企業に勤める友人や同期社員、転職エージェントなどに相談しながら転職しましょう。

特に転職エージェントは

  • 客先常駐企業の見分け方
  • SESをしていない求人の紹介
  • 年収の高い求人

と言ったように客先常駐のない企業に就職する方法を教えてくれます。

1人で転職活動をしているより客先常駐の無いIT企業に就職できる確率が上がるので、一人での転職は辞めましょう。

おすすめの転職エージェントを紹介しているので興味ある方はご確認ください。

SES企業なしの自社開発・社内SE特化の転職エージェントはこちら。

まとめ:客先常駐企業から脱出・抜け出す方法。転職できない人へ。

以上で「SES・客先常駐を脱出する方法」の解説は以上です。

下記、この記事のまとめです。

☑客先常駐エンジニアがSESを脱出する方法

  • 自社開発、社内SE特化の転職サイトで転職
  • SES・客先常駐企業の見分け方を知っておく
  • 優良IT企業やホワイトIT企業に転職
  • 転職エージェントはSESばかりなので注意
  • どうしても会社を辞められない場合は退職代行を利用

客先常駐で働くエンジニアがSES企業を脱出する方法として、SES企業の見分け方を知りSES企業を回避したり、SESばかりの転職エージェントを避けるなどがおすすめです。

自社開発・社内SE特化の転職サイトを利用すれば、SES企業の求人が排除されているため、確実にSESから脱出でき特におすすめです。

⇒社内SE・自社開発特化の転職サイトはこちら。

☑SES脱出時の注意点

  1. SESを脱出した後の転職先の内定を持っておく
  2. SESエンジニアは転職できないことを知っておく
  3. 漫然と転職してもまたSES企業に就職してしまう
  4. 脱出できないまま働くと鬱になる可能性がある。

SESから脱出する際は、SESを抜け出した後の転職先を確保しておくようにしましょう。転職先が決まらないまま脱出してしまうと、仕事が見つからず路頭に迷う可能性があるため注意して下さい。

また客先常駐エンジニアは強みになるスキルが身に尽きずらく、市場価値が低くなりがちなので、転職できない可能性も考慮に入れておきましょう

☑SES・客先常駐から脱出できない人の特徴

  1. ITスキルの低い人
  2. エンジニア経験1年、2年と勤務歴が浅い人
  3. 1人で転職活動をしている

SES・客先常駐から脱出できないエンジニアの特徴として「ITスキルが低い」「エンジニア経験1年、2年と勤務歴が浅い」「1人で転職活動をしている」などが挙げられます。自分が客先常駐から脱出できないエンジニアの特徴に当てはまっていないか確認してみて下さい。

筆者

参考記事として「SESから社内SEに転職する方法」を解説しています。

SESから脱出したいエンジニアは合わせてご確認ください。

参考記事:【難しいけど可能】SESから社内SE・情シスに転職する方法とは?

転職SES,フリーランス,社内SE,自社開発

Posted by 9noike