【難しいけど可能】SESから社内SE・情シスに転職する方法とは?

転職

本ページはプロモーションが含まれています

この記事ではSESから社内SE・情シスに転職する方法をお話をします。

SES企業からの転職を目指しているSEや社内SEに転職したい方の中に

社内SEへの転職は難しいって聞くけど本当?
SESから社内SEに転職する方法を知りたい。
SESから社内SEの志望動機を知りたい。

と悩んでいる方も多いはず。

今回はそんな方に向けて、SESから社内SE・情シスに転職する方法をご紹介します。

今回紹介する内容はこちら。

この記事を見て、SESから社内SE・情シスに転職する方法を知り、社内SEになりましょう

【この記事の目標】SESから社内SE・情シスに転職する方法を知り、社内SEになる
筆者

SES企業で勤務している筆者が自身の経験をもとに解説。
実体験ベースで社内SE・情シスに転職するための方法を紹介します。

社内SEに転職したい方は、社内SE・自社開発特化の転職サイトを利用するのがおすすめです。SES企業の求人が排除されているから、安心してSESから転職できます。

社内SE・自社開発に強い転職サイト

社内SE転職ナビ
【公式サイト】社内SE転職ナビ
SEGAやDeNAなどの大手企業の社内SE求人も多数。※土曜祝日の面談もOK

TechClipsエージェント
【公式サイト】TechClipsエージェント
求人は自社サービスを持つ事業会社に特化!取扱求人は500万円以上のみ。確実に年収UPできる。

SESから社内SE・情シスに転職する方法

この章ではSESから社内SEに転職する方法をご紹介します。

SESから社内SEに転職するのは難しいですが、やり方を間違えなければ社内SEや情シス社員に就職することは可能。その方法について解説します。SES企業に騙されて、SES企業に逆戻りするエンジニアも多いので、社内SEになるための方法をしっかり学んでみて下さい。

SESから社内SEに転職する方法
  1. 社内SE特化の転職サイトを利用する
  2. SESじゃないIT企業を見分ける
  3. 転職エージェントに紹介してもらう

社内SE・情シス社員に就職する方法は上記3つ。自分に合った転職方法を見つけましょう。

参考記事:【底辺から勝ち組へ】客先常駐から社内SEに転職する方法を解説!【スキル次第で簡単】

筆者

底辺の客先常駐から勝ち組の社内SEへ。
転職方法を紹介しています。

社内SE特化の転職サイトを利用する

出典「社内SE転職ナビ

SESから社内SEに転職する方法1つ目は、社内SE特化の転職サイトを利用すること。

社内SE転職ナビ 」などの社内SE特化の転職サイトを利用すれば、求人が社内SE求人しかないので、安心して社内SEに就職できます

逆にdodaやリクルートなどの普通の転職サイトに登録すると、数ある会社の中にSES企業が紛れ込んでいます。数多くある求人の中から間違えて、SES企業に転職してしまう可能性があります。

しかし自社内開発特化の転職サイトなら、社内SEや情シス求人しかありません。そのため社内SE特化の転職サイトに登録すれば、確実にSESから社内SEに就職できます。

社内SE特化の転職サイトは下記のようなものがあります。是が非でもSES企業から脱出したいと考えている方は、自社開発特化の転職サイトを利用しましょう。

社内SE特化の転職エージェント

社内SE転職ナビ
【公式サイト】社内SE転職ナビ
SEGAやDeNAなどの大手企業の社内SE求人も多数。※土曜祝日の面談もOK

クラウドリンク
【公式サイト】クラウドリンク
自社内開発に強い転職サイト!無料登録、30秒で転職スタートOK。

TechClipsエージェント
【公式サイト】TechClipsエージェント
求人は自社サービスを持つ事業会社に特化!取扱求人は500万円以上のみ。確実に年収UPできる。

SESじゃないIT企業を見分ける

SESをしているIT企業を見分け回避することで、社内SEに転職できます。

社員を客先常駐させているSES企業には共通の特徴があります。そのSES企業特有の特徴を見分けることができれば、SES企業を回避し社内SEに転職できるでしょう。

客先常駐をしているSES企業には下記のような特徴があります。

☑SESしているIT企業の特徴

  1. 「未経験大歓迎」「未経験から成長」「育成力に自信あり」は大体客先常駐
  2. 求人の勤務地があいまい
  3. みなし残業がついている
  4. 自社製品・自社サービスがないIT企業
  5. 取引先が大手SIerばかり
  6. 従業員が多い癖にオフィスが狭い

エンジニア募集の求人票や会社の公式ホームページ、会社の内観、面接官の言動。など細部をよーく確認すれば、SES企業の特徴が滲み出てくるはず。

SES企業かどうか見分けられるようになれば、SESではなく社内SEに転職できるようになるでしょう。

参考記事:SESじゃない企業に就職する方法とは?【新卒・未経験は注意】

筆者

SESじゃないIT企業に就職する方法も解説しているので、合わせてご確認ください。

転職エージェントに紹介してもらう

SESから社内SEに転職する方法3つ目は、転職エージェントに社内SEの求人を紹介してもらうこと。転職エージェントに社内SEを紹介してもらうことで、確実に社内SEに転職できます。

IT業界を専門にする転職エージェントは、IT企業の情報に詳しいです。そのため

社内SEの求人を紹介します。
社内SE求人の特徴を解説します。

と言ったように、転職希望者の希望に沿う企業を紹介してくれます。

そのため転職エージェントに相談すれば、安心してSESから社内SEに転職することが可能

下記無料相談できる転職エージェントなので、社内SEへの転職で不安な方は気軽に聞いてみましょう。

無料相談できる転職エージェント

ウズカレIT
【公式サイト】ウズカレIT
ブラック企業を徹底排除!定着率は93%以上と理想の企業に出会える。※未経験向け

TechClipsエージェント
【公式サイト】TechClipsエージェント
求人は自社サービスを持つ事業会社に特化!取扱求人は500万円以上のみ。確実に年収UPできる。

@PRO人
【公式サイト】@PRO人】
未経験から内定10社獲得の実績!キャリア面談付きで自分のなりたいエンジニアになれる。

SESから社内SEに転職するのが難しい理由

この章ではSESから社内SEに転職するのが難しい理由を解説します。

世間では「SESから社内SEに転職するのは難しい」という話をよく耳にします。なぜ社内SEに転職するのが難しいと言われているのか、この章で解説していきます。

SESから社内SEに転職するのが難しい理由
  1. 社内SEの求人倍率が高く、競争率が激しい
  2. 志望動機が乏しいエンジニアが多い
  3. 日本のIT企業の多くがSES企業※約9割のIT企業がSES
  4. SES企業が騙してくる
  5. SESエンジニアのITスキルが低い

自社開発に転職するのが難しい理由を知り、自身の転職活動に役立ててください。

参考記事:客先常駐のないIT企業の見分け方|選び方【未経験は注意】

筆者

日本のIT企業の9割はSES企業です。
誤ってSES企業に転職しないように注意しましょう。

SESから社内SEを目指す人が多い。競争率が高い。

SESから社内SEへの転職は、IT業界の中でも転職が難しいです。社内SEは人気で人が集まりやすく、社内SEの倍率がとても高いからです。

社内SEの転職が難しい理由

  • 社内SEの募集は倍率が200〜300倍にも及ぶ
  • 70〜80%が書類選考で落とされるとも言われている
  • SES企業の割合が全IT企業の9割

社内SEに応募するエンジニアが多く、それによってかなり難易度が上がっています

また社内SEの業務は自社システム・サービスの管理業務が多く、ITスキルだけでなく、マネジメントスキルも求められます。

プロジェクトマネージャーの経験が無いと採用してくれない企業もあるので、プロジェクトマネージャーの経験を積みにくいSESでは社内SEへの転職は難しいです。

社内SEの就職倍率が高いのは「社内SEあるある」ですね。

参考記事:【意外と闇深】社内SEあるある10選【勝ち組ではない】

志望動機が乏しいエンジニアが多い

志望動機が乏しいエンジニアが多いのも社内SEへの転職が難しい要因です。

多くのSESエンジニアは「客先常駐が辛いから辞めたい」「SESの働き方が嫌だから辞めたい」という転職理由で転職活動をスタートします。ですが、そのような短絡的な志望動機では転職が難しいです。

尤もらしい志望動機を考えておかないと、面接でボロが出て内定がもらえません。SESから社内SEへの転職は失敗するので注意してください。

志望動機が分からない方はこちらを参考にしてみて下さい

日本のIT企業の多くがSES企業だから※9割以上

日本のIT企業の9割がSES企業なのも、社内SEになるのが難しい理由です。

下記の図をご覧ください。

出典「働き方・休み方改善ハンドブック(情報通信業)(分割版4)

上記の図は「働き方・休み方改善ポータルサイト」に掲載されているアンケート調査結果です。

この調査結果から読み取れるのは、IT企業の中で客先常駐をしている企業の割合が全体の9割ということ。なんと9割のIT企業が客先常駐をしているSES企業です。

SES企業がIT企業の9割にも及ぶため、

社内SE求人だと思って転職したらSES企業だった。

と間違えてSES企業に転職してしまう事例も多いです。

実際に筆者も社内SEの求人だと思って転職したら、いきなり客先常駐の仕事をやらされた。という経験がありました。

SES企業が日本のIT業界に蔓延っているため、SESから社内SEへの転職は難しいと言われています。

客先常駐のないIT企業の見分け方を解説しているので、是が非でも社内SEに転職したい方は参考にしてください。

参考記事:客先常駐のないIT企業の見分け方|選び方【未経験は注意】

筆者

筆者は騙されてSES企業に転職してしまった人材です。
皆さんは誤ってSES企業に転職しないよう注意してください。

SES企業が騙してくる

社内SEの求人であると騙してくる、悪質なSES企業もあるので注意してください。

社内SEとして採用しますよ(一つ目の案件以外客先常駐をさせる)
我が社は自社開発企業です(嘘)

エンジニアを自社に引き入れるために、自社開発企業と嘘をつくSES企業もいるので注意しましょう。

IT実業家のひろゆきさんも

SES企業はSES企業であると見抜ける人でないと(転職サイトを使うのは)難しい

と言っていました。

SES企業の嘘に騙されてSES企業に転職してしまう人も多いので注意してください。※実際に筆者がそうでした。

参考記事:【転職したい】SESエンジニア1年目を振り返る。未経験から現場配属した結果。

SESエンジニアのITスキルが低い

SESエンジニアのITスキルが低いのも転職が難しい理由です。

SES企業で働くと、現場を転々とするため一つのスキルに特化した専門性が身に付きません。専門性の低い強みのないエンジニアになりやすいです。

SES企業は職場を転々とするため、強みになるスキルが身に付きにくい。

  • 1年目:Javaでの建設業向け金融システムの開発
  • 2年目:C#でのデータ分析システムの開発
  • 3年目:Pythonでの在庫管理システムの開発

そのため一つのスキル、言語に特化した人材を求める社内SE求人への転職は難しいです。

社内SEで求められる専門性の高いスキルが、SES企業では身に付かないので、SESから社内SEの転職は難しいです。

参考記事:【SESの闇】SESからだと転職できない。理由と対処法とは?【転職が難しい理由】

SESから社内SEへの転職の志望動機の例

この章ではSESから社内SEへの転職の志望動機の例を紹介します。

今回紹介する社内SEへの志望動機は、面接対策や履歴書などに役立ててください

「SESから社内SE」志望動機の例

  • 御社の社内サービスの成長性を評価している。力になりたい。
  • 御社サービスの○○は私のPython(自分が得意な言語)スキルを活かせると感じた。
  • 御社の○○という技術をより良いものにしたい。
  • 社内SEとなって、システムの企画や要件定義をやってみたい。上流工程に携わりたい。
  • ユーザーからフィードバックを得て、それに対して改善提案をするのがSESだと難しい。
  • 自社プロダクトに関する知見や開発の技術を磨きながら、より上流工程にキャリアアップしていきたい。

「求められる社内SEの人物像×自分の強み・ITスキル」をクロスさせ、それを志望動機として話せると、採用担当者に良い印象を与えられるでしょう。

志望動機を考える上で押さえておきたいのは

  • SESではできない、社内SEに転職しないと達成できない目標
  • 採用側のメリットを提示する。
  • ネガティブな理由ではなく、ポジティブな転職理由を伝える。(○○を実現したい!など)

などです。

志望動機の質が面接通過率に大きく影響するので、面接前にしっかり考えておけると良いですね。

関連記事として「社内SE(自社開発)とSESどっちがいいのか?」も解説しています。合わせてご確認ください。

参考記事:社内SE(自社開発)と客先常駐(SES)どっちがおすすめ?メリット・デメリットを紹介【違いとは?】

SESから社内SEへ転職成功した事例

この章ではSESから社内SEへ転職成功した事例を紹介します。

SESから社内SEに転職を成功した人々の喜びの声を聴いて、自身の転職活動のモチベーションに活用してください。

地獄のSESから自社開発の天国に辿り着けた

SES勤務から自社開発企業の社内SEに転職した人の体験談です。

「SES時代より給料上がったのに、SES時代より残業が少なく、ストレスがない。」とのコメント。やはりSESは下請けになることが多く、単価が低いので、それに合わせて給料が少なくなりがちですね。逆に社内SE・自社開発エンジニアは単価が高く年収が上がりやすいですね。

企業入って最悪な思いして別のIT系へ転職

SES企業に入って嫌な思いをして、別のIT企業に転職した方もいらっしゃいました。

この方も自社開発企業に転職して年収が上がっているようです。

社内SE兼情シスポジションになり、管理職兼任となって年収がアップ

SIerから社内SE兼情シスポジションに転職成功したエンジニアがいました。

管理職兼任となって年収がガツンとアップしたようです。やはりSIerとして働き続けるより社内SEに転職して、管理職ポジションを確立する方が良いのでしょうか?

まとめ:SESから社内SE・情シスに転職する方法とは?【難しいけど可能】

以上で、SESから社内SEに転職する方法の解説を終了します。

下記この記事のまとめです。

☑SESから社内SEに転職する方法

  1. 社内SE特化の転職サイトを利用する
  2. SESじゃないIT企業を見分ける
  3. 転職エージェントに紹介してもらう

SESから社内SEに転職するためには、社内SE特化の転職サイトを利用するのが一番おすすめ。社内SE求人しかないので安心して社内SEに転職できます。

社内SE専門の転職サイトはこちら。

☑SESから社内SEに転職するのが難しい理由

  1. 社内SEの求人倍率が高く、競争率が激しい
  2. 志望動機が乏しいエンジニアが多い
  3. 日本のIT企業の多くがSES企業※約9割のIT企業がSES
  4. SES企業が騙してくる
  5. SESエンジニアのITスキルが低い

「SESから社内SEに転職するのは難しい」と一般的に思われています。社内SEは人気が高く、競争率が激しいためです。また日本のIT企業の9割がSES企業なので、騙されてSES企業に転職してしまうエンジニアも多いです。気を付けて下さい。

「SESから社内SE」志望動機の例

  • 御社の社内サービスの成長性を評価している。力になりたい。
  • 御社サービスの○○は私のPython(自分が得意な言語)スキルを活かせると感じた。
  • 御社の○○という技術をより良いものにしたい。
  • 社内SEとなって、システムの企画や要件定義をやってみたい。上流工程に携わりたい。
  • ユーザーからフィードバックを得て、それに対して改善提案をするのがSESだと難しい。
  • 自社プロダクトに関する知見や開発の技術を磨きながら、より上流工程にキャリアアップしていきたい。

志望動機を考えておかないと、採用面接でボロが出てしまうので、しっかり考えておきましょう。

筆者

SES企業での辛い体験談を紹介しています。
SES辞めたいと感じている方も共感できる内容になっています。

興味がある方は是非ご覧ください。

参考記事:自社開発と客先常駐(SES)どっちがおすすめ?メリット・デメリットを紹介【違いとは?】

参考記事:SESを辞めてよかった。辞めた後にやったことは?【SES辞めるべき】

転職SES,情シス,社内SE

Posted by 9noike