SESじゃない企業に就職する方法とは?【新卒・未経験は注意】

転職

本ページはプロモーションが含まれています

この記事ではSESじゃないIT企業に就職する方法をお話をします。

SES企業からの脱出を目指している方や社内SEへの転職を考えている方の中に

IT業界はSESしかない。
未経験はSES企業しか入社できないって本当?
客先常駐無しのIT企業にどうすれば転職できる?

と悩んでいる方もいるはず。

今回はそんな方に向けて、SESじゃないIT企業に就職する方法をご紹介します。

今回紹介する内容はこちら。

この記事を見て、SESじゃないIT企業に就職する方法を知り、SES以外の企業に転職しましょう

【この記事の目標】SESじゃないIT企業に就職する方法を知り、SES以外の企業に転職する
筆者

SES企業に転職してしまった筆者が自身の経験をもとに解説。
実体験ベースでSESじゃない企業に就職するための方法を紹介します。

SESじゃないIT企業に転職したい方は、自社開発・社内SE特化の転職サイトを利用しましょう。SES企業の求人が排除されているため、確実にSESを回避できおすすめです。

社内SE・自社開発に強い転職サイト

社内SE転職ナビ
【公式サイト】社内SE転職ナビ
SEGAやDeNAなどの大手企業の社内SE求人も多数。※土曜祝日の面談もOK

クラウドリンク
【公式サイト】クラウドリンク
100%自社内開発に転職可能!無料登録、30秒で転職スタートOK。

TechClipsエージェント
【公式サイト】TechClipsエージェント
求人は自社サービスを持つ事業会社に特化!取扱求人は500万円以上のみ。確実に年収UPできる。

SESじゃないIT企業に就職する方法

この章ではSESじゃないIT企業に就職する方法をご紹介します。

やり方や方法を間違えなければ、SESじゃないIT企業に就職することは可能です。その確実にSESじゃない企業に就職する方法について解説します。間違えても筆者のようにSES企業に入社しないようにしてくださいね。

SESじゃない企業に就職する方法
  1. 自社開発・社内SE特化の転職サイトを利用する
  2. 客先常駐なしのIT企業を見分ける
  3. 元受けIT企業に転職する
  4. SESじゃないIT企業を転職エージェントに紹介してもらう

SESじゃない企業に就職する方法は上記4つ。詳しく解説していきます。

参考記事:【エンジニア転職】SESしか受からない時の4つの対処法!SES企業を回避しよう。

筆者

SESしか受からない時の対処法も解説しています。
社内SE・自社開発に転職したい人は参考にしてみて下さい。

自社開発・社内SE特化の転職サイトを利用する

出典「クラウドリンク

SESじゃないIT企業に就職する方法1つ目は、自社内開発・社内SE特化の転職サイトを利用すること。

自社内開発・社内SE特化の転職サイトに登録すれば、求人自体が社内SE・自社開発企業しかないので、安心してSESじゃないIT企業に就職できます。

逆にdodaやリクルートなどの大手転職サイトに登録すると、多くの求人の中にSES企業が紛れ込んでいます。求人情報だけでは、どの企業がSESなのか否か分かりにくいです。そのため確実にSESじゃない企業に就職することはできません。

しかし自社内開発特化の転職サイトなら、客先常駐がない情シス求人や社内システムの開発会社の求人しかありません。そのため自社内開発特化の転職サイトに登録すれば、確実にSESじゃないIT企業に就職できます。

自社内開発・社内SE特化の転職サイトは下記のようなものがあります。SESが嫌だと考えているエンジニアは、自社開発特化の転職サイトを利用しましょう。

自社開発に強い転職エージェント

社内SE転職ナビ
【公式サイト】社内SE転職ナビ
SEGAやDeNAなどの大手企業の社内SE求人も多数。※土曜祝日の面談もOK

クラウドリンク
【公式サイト】クラウドリンク
自社内開発に強い転職サイト!無料登録、30秒で転職スタートOK。

TechClipsエージェント
【公式サイト】TechClipsエージェント
求人は自社サービスを持つ事業会社に特化!取扱求人は500万円以上のみ。確実に年収UPできる。

客先常駐をしているIT企業を見分ける

客先常駐をしているIT企業を見分けることで、SESじゃないIT企業に就職可能です。

社員を客先常駐させているSES企業には共通の特徴があります。そのSES企業特有の特徴を見分けることができれば、IT初心者でもSESじゃない企業に就職できるはず。

客先常駐をしているIT企業には下記のような特徴があります。

☑客先常駐をしているIT企業の特徴

  1. 「未経験大歓迎」「未経験から成長」「育成力に自信あり」は大体客先常駐
  2. みなし残業がついている
  3. 求人の勤務地があいまい
  4. 取引先が大手SIerばかり
  5. 従業員が多い癖にオフィスが狭い
  6. 自社製品・自社サービスがないIT企業
  7. 小さい割に大企業をたくさん載せてる会社を避ける

エンジニア募集の求人票や会社の公式ホームページ、会社の内観、面接官の言動。など細部をよく確認すれば、SES企業の特徴が滲み出てくるはず。

客先常駐をしている企業かどうか見分けられるようになれば、SESじゃないIT企業に就職できるようになるでしょう。

参考記事:客先常駐のないIT企業の見分け方|選び方【未経験は注意】

元請けIT企業に転職する

システム開発の元請けIT企業はSESじゃないのでお勧めです。

元請けIT企業とはシステム開発を発注する側の企業のこと。自社のシステムの開発を立ち上げ、他のSES企業から社員を引っ張ってくる側の企業です。

このような元請けIT企業に入社できれば、SESをする心配はないでしょう。元請け企業は自社のシステムを開発するので、社員をSESさせる必要ないですから。

下記有名な元請けIT企業になります。

企業名社員数
日本オラクル2,407名
電通国際情報サービス3,240名
日鉄ソリューションズ7,458名
三菱総合研究所4,428名
元受けIT企業

元請けIT企業は大手のIT企業や巨大企業の子会社であることが多いです。特に大企業であればあるほどSESをしていない傾向があるので、SESじゃない企業を探している人は巨大IT企業に転職しましょう。

筆者

大企業は自社のシステムやサービスがあるため、SESをしなくても収入があります。
自社システムの開発に注力するため、SESをしていないことが多いです。

SESじゃないIT企業を転職エージェントに紹介してもらう

転職エージェントに紹介してもらうことで、SESじゃないIT企業に転職することが可能です。

IT業界を専門にする転職エージェントはIT企業の情報に詳しいです。そのため

SESじゃないIT企業を紹介します。
SESをしていないIT企業の見分け方を教えます。
ホワイトな優良IT企業をご紹介します。

と言ったように、転職希望者の希望に沿う求人を紹介してくれます。

そのため転職エージェントに相談すれば、安心してSESじゃないIT企業に転職することが可能です。

下記無料相談できる転職エージェントなので、エンジニア転職で困っている方は気軽に相談してみましょう。

無料相談できる転職エージェント

ウズカレIT
 【公式サイト】ウズカレIT
 ブラック企業を徹底排除!定着率は93%以上と理想の企業に出会える。※未経験向け

キッカケエージェント
 【公式サイト】キッカケエージェント
  徹底した企業へのヒアリングで職場環境まで熟知。IT人事YouTuberがプロデュース。

@PRO人
【公式サイト】@PRO人】
未経験から内定10社獲得の実績!キャリア面談付きで自分のなりたいエンジニアになれる。

SESじゃないIT企業の見分け方

この章ではSESじゃないIT企業の見分け方を解説します。

SESをしているか否か。その答えは求人や会社情報、面接官の受け答えを見れば大体分かります。SES企業はどんな特徴があるのか、どの部分を見ればSES企業かどうか判断できるのか。そんなSES企業の見分け方を解説したいと思います。

SES企業の見分け方
  1. 「未経験大歓迎」「未経験から成長」は大体SES
  2. 求人の勤務地があいまい
  3. 取引先が大手SIerばかり
  4. 従業員が多い癖にオフィスが狭い
  5. 自社製品・自社サービスがないIT企業

参考記事:優良なホワイトIT企業の見分け方|選び方とは?【ブラック企業の特徴を解説】

筆者

新卒・IT未経験の人は特にSES企業に入社し後悔しやすいです。
優良企業に就職できるように見分け方を知りましょう。

「未経験大歓迎」「未経験から成長」は大体SES

「未経験から成長」「未経験OK」「未経験大歓迎」など、未経験に聞こえの良い言葉の求人の会社は大体SES企業です。

客先常駐SESの会社が未経験を歓迎するのは「とりあえず社員を増やすため」です。

客先常駐は基本的に社員が多ければ多いほど儲けられる事業

客先に自社のエンジニアを派遣さえすれば、それで売り上げを得られます。

そのため「未経験募集」という謳い文句で社員(ソルジャー)をたくさん集めているのです。

未経験OKに隠された裏の意図
「未経験から成長」⇒客先で勝手に成長してください。
「未経験大歓迎」⇒未経験でもできる(簡単な)業務をさせます。

未経験OKという言葉にはこのような意図が込められているので注意が必要です。

求人の勤務地があいまい

求人の勤務地が明確ではない企業もSES企業を疑った方がいいでしょう。

SES企業で働くと、数カ月~数年おきに客先を転々とします。そのため勤務地がコロコロ変わります。

あるときは渋谷で働いたり、あるときは本社で働いたり、あるときは長野で働いたり。といったように勤務地がコロコロ変わります。そのため求人情報の勤務地があいまいになっていることが多いです。

~など。東京23区内、新宿周辺、関東圏、渋谷近辺。

上記のように「周辺」や「近辺」「区内」などの言葉を使って、明確な勤務地が記載されていない場合は、SES企業の可能性が高いです。

取引先が大手SIerばかり

取引先が大手SIerばかりの企業は客先常駐をしている可能性が高いです。

大手SIerは規模が大きい分、開発をしているプロジェクトが多く、数多くの企業を客先常駐させています。多くのプロジェクトを抱え込んでいる分、人が足りず、中小IT企業から社員をかき集めてきます。

中小SES企業はできるだけ大手SIerと仕事をし、そこから案件をさらに増やしていきたいと考えているので、取引先と積極的に取引を行っていきます。

そのため、取引先が大手SIerばかりのIT企業は客先常駐をしている可能性が高いです。

従業員が多い癖にオフィスが狭い

客先常駐を事業のメインとしている会社は従業員数のわりにオフィスが狭いです。

会社の公式サイト記載の従業員数が数千人なのに、オフィスが貸しビル1フロア。

上記のような会社はSESを疑ってください。オフィスのサイズと従業員数が合っていないのはSES企業の大きな特徴です。

オフィスが狭い理由はエンジニアが客先で仕事をしているため。自社のエンジニアが客先で仕事をしているから自社のオフィスを大きくする必要がありません。もし客先常駐をしているか怪しい企業があれば、面談などでオフィスを見てせてもらってください。従業員のわりにオフィスが小さければ客先常駐確定です。

筆者

筆者の会社は従業員が数百人いますが、オフィスが貸しビルの2フロアしかありません。
キャパ100人くらいのオフィスなのに従業員が数百人います。もちろんSES企業です。

自社製品・自社サービスがないIT企業

自社製品や自社サービスがないIT企業は客先常駐の可能性が高いです。

自社製品がある企業は自社の製品の品質を高めるために、自社製品の開発に社員を導入しています。また、自社製品のセールスや新規開発など、自社製品の強みを伸ばしていきます

そのため社員の多くは社内で働いていることが多いです。

一方自社製品が無い企業は自社の製品を開発しません。

では一体、自社製品が無い企業の社員は何をしているのでしょうか?

自社の製品が無いのであれば、他の会社の製品開発をお手伝いに行きますよね。自社製品が無い企業は自社に仕事が無いため、客先常駐が多くなりがちです。

SESじゃないIT企業に転職する時の注意点※特に未経験

この章ではSESじゃないIT企業に転職する時の注意点について解説します。

未経験の人やIT初心者の多くはSES企業か否かを見極めることができません。素人がエンジニア求人をパッと見て、SESじゃないかSESかを見極めるのは難しいです。

この章では未経験の人やIT初心者の人向けに、SESじゃないIT企業に転職する際に知っておいて欲しい事実をご紹介します。

SESじゃないIT企業に転職する時の注意点
  1. 怪しいエンジニア求人に注意する
  2. 未経験OKの求人はSESしかない
  3. 日本のIT企業の客先常駐率は90%以上
  4. 「転職エージェントはSESばかり」なので注意
  5. 優良SES企業も視野に入れておこう

参考記事:現役SESエンジニアの失敗談!やらかしたミスの数々を紹介【転職・仕事でのミス】

筆者

日本のIT企業の9割以上がSSES企業。
SES企業に入社しないよう注意してください。

怪しいエンジニア求人に注意する

SES企業の中には未経験者や転職者を騙し、入社させるために嘘をつく求人もあります。転職者を騙す怪しいSES企業の求人には注意しましょう。

怪しいエンジニア求人の特徴は以下の通りです。

  1. 「未経験OK」「未経験大歓迎」などのキラキラしたワード
  2. 学歴不問のエンジニア求人
  3. 社内定着率や離職率などの情報が掲載されていない
  4. みなし残業代が固定で付いている

「未経験OK」や「教育に力を入れています」など、何の根拠もないようなワードを並べているだけの求人には注意しましょう。エンジニアを商品のように、雑に客先に派遣したり、客先常駐させられたり。酷い扱いを受ける可能性があるので。

社内定着率や離職率などのデータや「健康経営優良法人」や「くるみん」「えるぼし」などの公的な評価を受けている企業の求人に応募してください。そうすれば優良なIT企業の可能性が高いですから。

参考記事:未経験OKのエンジニア求人は怪しいという話。【辞めた方がいい求人とは?】

未経験OKの求人はSESしかないことを意識する

未経験OKや未経験大歓迎など「未経験でも大丈夫です」ということを前面に押し出しているIT企業は、SES企業の可能性が高いので注意してください。

SES企業はエンジニアを派遣や客先常駐さえさせてしまえば、売り上げが立ちます。1人月100万円~200万円。SESではエンジニアを客先に出向させるだけで毎月のようにお金が入ります

SES企業は人さえ確保できれば、売上の目途は立つので、転職者にそこまでITスキルを求めません。そのためSES企業は未経験エンジニアをドンドン入社させるのです。SESは社員のレベルが低くてもOKだから。

逆に自社開発企業ほど即戦力のエンジニアを求める傾向があります

自社開発企業は、自社の開発力を上げて、自社システムの向上や単価の高い案件をこなしたいです。自社開発企業はスキルが無いと単価の高い案件を受注できなかったり、より良い自社サービスを開発できないため、即戦力のエンジニアを求めます

そのため自社開発企業ほど未経験やIT初心者を入社させません。自社開発企業から内定をもらえるのは新卒の人か中途経験者くらいなので、その辺は覚えておきましょう。

参考記事:【IT業界の闇】未経験から転職してもSES企業しかないという話

日本のIT企業の客先常駐率は90%以上

皆さんの頭の中に入れておいて欲しいのは、「日本のIT企業の9割以上が客先常駐をさせている」という事実です。

出典「働き方・休み方改善ハンドブック(情報通信業)(分割版4)

上記の図は「働き方・休み方改善ポータルサイト」に掲載されているアンケート調査結果です。

この調査結果から読み取れるのは、IT企業の中で客先常駐をしている企業の割合が全体の9割ということ。なんと9割にも及ぶIT企業が客先常駐をしています。

そのため客先常駐をしていない、SESじゃないIT企業を見つけるのはかなり難しいと言えるでしょう。エンジニア求人をよく見て、SESじゃない企業を時間をかけて探すことが、何よりも大事になります。

SESじゃない企業の見分け方を解説しているので、是が非でもSESじゃない企業に就職したい方は参考にしてください。

参考記事:客先常駐のないIT企業の見分け方|選び方【未経験は注意】

「転職エージェントはSESばかり」なので注意

多くの転職エージェントがエンジニア希望の転職者にSES企業を勧めてきます。そのため自社開発企業や社内SEになりたい人は注意しましょう。

☑転職エージェントがSESばかり紹介する理由

  1. SES企業の方が就職倍率が低く、内定をもらえやすいから。
  2. 転職エージェントは人気の無いSES企業に就職させたい。
  3. SES企業は逃げる人が多いから求人が多い。

SES企業は社内SEに比べて就職倍率が低く、比較的内定がもらえやすいです。そのため転職エージェントとしても、転職者を就職させやすいので「SES企業ばかり」紹介してきます。

中には優良な自社開発企業や社内SEの企業も紹介してくれるので一概には言えませんが。。

「転職エージェントがSES企業ばかり紹介してくる」件に関して下記の記事でより詳しく解説しています。

参考記事:転職エージェントはSESばかりです。【客先常駐のないIT企業に就職する方法】

優良SES企業も視野に入れておこう

ホワイトな優良SES企業への転職も視野に入れておくことも大切です。

日本のIT企業の9割が客先常駐を行っているSES企業です。そのためSESじゃないIT企業に転職しようと思ったら、残りの1割のIT企業に入社することになります。

自社開発企業や社内SEの求人は人気が高く、就職倍率が高い。その上全体の1割しかない。

そうなると自社開発企業から内定を勝ち取るのはかなり難しいです。SESじゃない企業に固執すると、「いつまで経っても就職先が見つからない」と悲惨な末路を辿る可能性があります。

就職先が見つからない。という結末を辿らないように、ホワイトな優良SES企業への転職も視野に入れておきましょう。優良なSES企業であれば自分のスキルに合った客先にアサインしてくれますし、しっかりした教育も受けられます。

下記に「ホワイトな優良企業へ転職する方法」を解説しているので参考にしてみて下さい。

参考記事:SES企業の求人の見分け方6選!優良なホワイトSESを紹介【回避しよう】

まとめ:SESじゃない企業に就職する方法【新卒・未経験は注意】

以上で、SESじゃない企業に就職する方法の解説を終了します。

下記この記事のまとめです。

☑SESじゃない企業に就職する方法

  1. 自社開発・社内SE特化の転職サイトを利用する
  2. 客先常駐なしのIT企業を見分ける
  3. 元受けIT企業に転職する
  4. SESじゃないIT企業を転職エージェントに紹介してもらう

SESじゃないIT企業に就職するために一番良い方法は、社内SE・自社開発特化の転職サイトを利用すること。SES企業の求人自体が排除されているので、安心してSESじゃない企業に就職できます。

自社開発・社内SE特化の転職サイトはこちら

SES企業の見分け方

  1. 「未経験大歓迎」「未経験から成長」は大体SES
  2. 求人の勤務地があいまい
  3. 取引先が大手SIerばかり
  4. 従業員が多い癖にオフィスが狭い
  5. 自社製品・自社サービスがないIT企業

SES企業の見分け方を知っていれば、SES企業を回避することができるでしょう。特に「未経験大歓迎」などと未経験エンジニアを異常なくらい募集しているIT企業は、ほぼSES企業です。

SESじゃない企業に転職したいエンジニアは、SES企業か否かを見分けられるようにしておくことが大切です。

☑SESじゃないIT企業に転職する時の注意点

  1. 怪しいエンジニア求人に注意する
  2. 未経験OKの求人はSESしかない
  3. 日本のIT企業の客先常駐率は90%以上
  4. 「転職エージェントはSESばかり」なので注意
  5. 優良SES企業も視野に入れておこう

日本のIT企業のSES率は90%以上です。ただ漠然と転職活動をするとSES企業に就職してしまう可能性が高いです。注意してください。

筆者

SES企業に転職したくない方向けにの記事を書いています。
興味のある方は参考にしてください。

興味がある方は是非ご覧ください。

参考記事:新卒から客先常駐(SES)に入社するのは危険。【後悔・騙されないために】

参考記事:インフラエンジニアはSESしかないは嘘。SESなしで自社勤務する方法を解説!

転職SES,客先常駐,未経験

Posted by 9noike