【案件抜けたい】SESで現場に配属されて3ヶ月働いた体験談。案件での苦労を告白。

転職

本ページはプロモーションが含まれています

この記事では、SESで現場に配属されて3ヶ月働いた体験談を紹介します。

SES企業で働くエンジニアやSESを目指すIT未経験の中に

SESの現場で3ヶ月働いた人の体験談を知りたい。
SESで3ヶ月働いたけど辛すぎて辞めたい。
3ヶ月で案件を抜けたい時の対処法を知りたい。

と気になっている人も多いはず。

この記事ではそんな方に向けに、筆者が実際にSESで現場に配属されて3ヶ月働いた体験談をお話します。

今回紹介する項目は下記の通り。

上記項目について理解し、SESの現場で3か月間働いたエンジニアの体験談を知り、SESの実態を理解しましょう

【記事の目標】SESの現場で3か月間働いたエンジニアの体験談を知り、SESの実態を知る
筆者

SES企業で働いていた中堅エンジニアが解説。
実際に現場配属されて3ヶ月間働いた感想を紹介します。

SESの現場で3ヶ月働いて辞めたい人には、自社開発エンジニアや社内SEがおすすめ自社開発・社内SEに特化した転職サイトを活用し、社内SEや自社開発エンジニアに転職しましょう。

社内SE・自社開発に強い転職サイト

社内SE転職ナビ
【公式サイト】社内SE転職ナビ
SEGAやDeNAなどの大手企業の社内SE求人も多数。※土曜祝日の面談もOK

クラウドリンク
【公式サイト】クラウドリンク
自社内開発に強い転職サイト!無料登録、30秒で転職スタートOK。

TechClipsエージェント
【公式サイト】TechClipsエージェント
求人は自社サービスを持つ事業会社に特化!取扱求人は500万円以上のみ。確実に年収UPできる。

SESの現場で3ヶ月エンジニアとして働いた体験談

この章ではSESの現場で3ヶ月エンジニアとして働いた体験談を紹介します。

筆者はSES企業に就職して1ヶ月の研修のあと、常駐の現場に配属されました。その案件で実際に3ヶ月以上働き、SESの酸いも甘いも味わいました。

SESの現場で実際に働いてみて感じたSESのヤバさや辛さ、異常さなどを体験談として紹介します。

SESの現場で3ヶ月エンジニアとして働いた体験談
  1. 一発目の案件で一人客先常駐で現場に入場した
  2. 配属1ヶ月で案件を抜けたくなった。
  3. スキル不足だったが何とか案件をやりきった
  4. 契約更新の話が合ったが断わった。
  5. 今は辞めて社内SEに転職した。

SESの現場の働き方に興味があるエンジニアは参考にしてみて下さい。

参考記事:SESの現場をスキル不足で辞めたい時の対処法【途中で辞められる?】

筆者

SESでスキル不足で辛かった経験から、現場を辞めたい時の対処法を紹介しています。

一発目の案件で一人客先常駐で現場に入場した

SES企業に就職して1週間が経過した頃に、案件のSES面談がありました。初めてのSES面談で緊張しましたが、何とか面談に合格し、最初の案件が決定しました。

その一発目に決定した案件が一人客先常駐の現場でした

そのSES面談の前に上司と話す機会があり、その中で

SES上司

君は田舎に興味がある?
長野県にシステム開発の案件があるから、出張できる?
一人の現場だけど、周りの人は良い人ばかりだから。

と一人の現場であることを告げられました。

SES企業に就職して一発目の案件が一人客先常駐。この一件でSES企業に就職したことをかなり後悔しました。正直新入社員を一人で現場に配属するのはヤバいな。とSES企業の闇を感じました。

そんな感じでSESに入社してから初めての案件が決定し、1人で現場で働くことになりました。

現場配属1ヶ月で案件を抜けたくなった

実際に現場配属されて1ヶ月ほど働いて、案件を抜けたいと痛烈に感じました。

ネット上では「SESやめとけ」「SESはヤバい」と書かれていますが、実際にSESで働いてみて、そのヤバさを実感しました。客先に一人で常駐しており肩身が狭く、頼れる自社の社員がいなかったため、作業の進捗が悪くよく怒られていました

☑現場配属1ヶ月で案件を抜けたくなった

  • 分からないことだらけなのに、誰に質問していいか分からない。
  • 一人客先常駐だったから肩身が狭く、常にストレス。
  • スキルが無いのに、優秀なフリをしなければならかった。

現場では嬉しいことよりも辛いことの方が多かったです。嬉しいこと1分、辛いこと9割9分ぐらいの割合でした。現場がかなり辛く、早く案件を抜けたいと願う毎日だったような気がします。

肩身が狭く辛かったですが、作業を持ち帰ってサービス残業、休日に猛勉強することで、何とかSESの現場についていきました。

スキル不足だったが何とか案件をやりきった

最初は分からないことだらけでしたが、サービス残業や休日に勉強しまくることで、何とか案件をやり切りました

最終的には6ヶ月程その現場で働きました。何とか契約を切られずに6ヶ月働きましたが、最初の3ヶ月は本当にきつかったです。SESの辛さや厳しさを体感した地獄の3ヶ月間でした。

☑最初の3ヶ月はスキル不足できつかった

  • 自分のスキル以上の業務を任され、工数内に作業が終わらない。
  • 分からない箇所を質問すると「こんなことも分からないの?」と呆れられる
  • 契約を切られる恐怖との闘い

SESの現場ではスキル不足でも、経験者顔をしなければなりませんでした。スキル不足を客先に悟られてはいけない、という状況がストレスを加速させました。新人でも一定レベルのスキルを求められるため、気軽に質問もできず、自力で勉強して解決するしかなかったです。

このようなスキル不足でついていけない状態が3ヶ月ほど続きましたが、分からないなりに勉強しまくり、何とか現場で働けました。スキルが身につき良かったですが、最初の3ヶ月の苦労は、生涯忘れることはないでしょう。

参考記事:【仕事できない】SESの現場でついていけない時の対処法とは?【スキル不足】

筆者

スキル不足でついていけない時の対処法を実体験ベースで紹介しています。
細かい話を知りたい方はこちらをご覧ください。

契約更新の話が合ったが断わった。

SESで現場に配属されて3ヶ月働き、4ヶ月目のときに契約更新の話を上司から頂きました。ですがその現場が合わなかったため契約更新を断りました

3ヶ月間現場で働いて仕事にも慣れましたが、それでも契約更新を断った理由は

  • 一人での客先常駐が精神的に辛かった。
  • 自分の不得手な分野のスキルが必要で、スキル不足だった。
  • 自宅からの通勤時間が1時間を超えておりしんどかった。

などが挙げられます。

契約更新の話を聞いた時は、現場が自分のことを評価してくれ嬉しかったですが、とにかく一人客先常駐が辛かったため断りました。現場の仕事内容ではなく、1人客先常駐の辛さ、人間関係の希薄さ、契約を切られる恐怖、などSESの働き方そのものが嫌だったからです。

SESではどれだけ頑張っても、自社の社員に褒められません。自社の上司に直接褒められることなく、孤独に戦うしかないため、SESで働くのは厳しいなと感じました。

今は辞めて社内SEに転職した。

SES企業に就職し、3年ほど現場で働いたあとに、社内SEに転職しました

筆者は人見知りで客先常駐が辛く、SESでの働き方が向いていなかったからです。実際にSES企業でエンジニアとして現場で働いてそう感じました。

☑SESから社内SEに転職した理由

  • 人見知りで仕事現場が変わるのが苦痛だった。
  • 案件が変わる度に起こる人間関係のリセットに耐えられなくなった。
  • SESで働くとコロコロ現場が変わり、スキル不足になると感じた。

エンジニアとしてシステム開発したりプログラムを組むのは楽しかったです。ですが、客先常駐や派遣などのSES企業特有の働き方が肌にあいませんでした。そのためSESから社内SEに転職することにしました。

SESの現場で働いていて辛いエンジニアや辞めたい人は、筆者のように社内SEなどに転職するのがおすすめです。

SESから転職したいエンジニアは、自社開発・社内SE特化の転職サイトを使ってみて下さい。SES企業の求人が排除されているため、社内SEや自社開発エンジニアになりやすくおすすめです。

社内SE・自社開発に強い転職サイト

社内SE転職ナビ
【公式サイト】社内SE転職ナビ
SEGAやDeNAなどの大手企業の社内SE求人も多数。※土曜祝日の面談もOK

クラウドリンク
【公式サイト】クラウドリンク
自社内開発に強い転職サイト!無料登録、30秒で転職スタートOK。

TechClipsエージェント
【公式サイト】TechClipsエージェント
求人は自社サービスを持つ事業会社に特化!取扱求人は500万円以上のみ。確実に年収UPできる。

SESの現場で3ヶ月働いて感じたこと

この章ではSESの現場で3ヶ月働いて感じたことをご紹介します。

この記事を見ている人の中に、「実際にSESの現場で3ヶ月間働いた人の感想」を知りたい人が一定数いるはず。SESの現場の実態を知っておくことで、転職に役立てたい人もいるでしょう。

そこでそんなエンジニア向けに、SESの現場で3ヶ月働いて感じたことを、SESで働いた実体験から解説します。

SESの現場で3ヶ月働いて感じたこと
  • 客先常駐は上流工程の経験が積めない
  • 身に付くITスキルは現場次第の案件ガチャ
  • 現場を転々とするからスキル不足になりやすい
  • 案件を抜けたい気持ちが湧きおこる

SESに興味がある方は是非参考にしてみて下さい。

参考記事:客先常駐(SES)をすぐ辞めるのは可能?辞める時のコツや注意点を解説!

筆者

SESをすぐ辞める時のコツや注意点を紹介しています。
合わせて参考にしてみて下さい。

客先常駐は上流工程の経験が積めない

SESの現場で3ヶ月勤務してみて、客先常駐は上流工程の経験が積めないと感じました。

客先常駐では開発やテストなどの下流工程の業務がほとんどで、下請けの作業が多くなりやすいです。実際に筆者も裁量権のないテスト業務ばかりやらされていました。

☑SESは下流工程が多くなりやすい

  • 下請けの案件ばかりのため、テストやプログラム業務が多い。
  • 上流工程の案件が少なく、下流工程のスキルしか身に付かない。
  • 上流案件はNNTデータなどの大手IT企業しか回ってこない

SES企業で働くと下流工程の作業が多くなります。裁量権なく設計書通りのプログラムを組むだけになってしまうため、マネジメントスキルや上流工程の経験を積みにくいでしょう。

実際SES企業は下請けの案件が流れてくることが多く、客先社員の言いなりになりやすいです。下流工程ばかり続けると年収も上がらないため、かなり辛かったです

身に付くITスキルは現場次第の案件ガチャ

SESの現場で3ヶ月勤務してみて、身に付くITスキルは現場次第の案件ガチャだと実感しました

SESの身に付くITスキルは、現場で指示される業務によって大きく異なります。もし仮に配属された現場が、単純作業ばかりだと、スキルの低いエンジニアになってしまうでしょう。

現場で単純作業ばかり指示される。
現場で放置されていてスキルが付かない。
案件待機が長引いて実務経験が積めない。

SESで案件ガチャに外れると、上記のようにスキルが身につきにくいです。

SESで働くと身につくITスキルは現場次第。単純作業ばかり、ITスキルの必要ない業務ばかり、現場で放置される、などの状況になるとスキルが身に付きません。

スキルのつかないハズレの現場に入ると、エンジニアとして成長できないでしょう。SESで成長できるかは案件ガチャ次第だということに、SESで3ヶ月働いて気づきました。

現場を転々とするからスキル不足になりやすい

SESの現場で3ヶ月勤務してみて、SESは現場を転々とするからスキル不足になりやすいと感じました。

SES企業で働くと3ヶ月~1年くらいで案件が変わります。働く現場が変わるとその度に、Pythonを使ったり、Javaを使ったりと扱うITスキルがコロコロ変わるため、専門性が付きにくいです。

☑SESは現場がコロコロ変わりスキル不足になりやすい

  • 案件が数ヶ月おきに変わり、扱うプログラミング言語が変わる。
  • 案件がコロコロ変わるから、強みになるスキルが身に付かない。
  • 結果的に器用貧乏なエンジニアになりやすい。

SESで働き続けると扱うスキルがコロコロ変わり、一つのスキルに特化した専門的なスキルが身に付かないため、器用貧乏なエンジニアになりやすいです。

筆者がSESで働いている時は3ヶ月~6ヶ月で現場が変わっていました。その度にC#を使ったり、Pythonを使ったり、HTMLを使ったりと、扱うスキルが転々としました。結果的に転職時に強みになるITスキルがなかったため、転職でかなり苦労しました。

現場3ヶ月でSESに適性があるかどうか分かる

この章では現場3ヶ月でSESに適性があるかどうか分かるを解説します。

SES企業で現場で3ヶ月働いてみて、現場3ヶ月間でSESに向いているか向いていないかが分かると実感しました。なぜ3ヶ月の現場で向き不向きが分かるのか?SES企業で働いた経験から紹介していきます。

現場3ヶ月でSESに適性があるかどうか分かる
  1. 契約を切られずに働けたらエンジニアとしてやっていける
  2. 中には現場1ヶ月で退場させられる人もいる
  3. 向いていない人は早い目に損切りして社内SEや自社開発へ

自分にSESの適性があるのか否か判断したい方は参考にしてみて下さい。

参考記事:【仕事できない】SESの現場でついていけない時の対処法とは?【スキル不足】

筆者

SESの現場でついていけない時の対処法も解説しています。
合わせてご確認ください。

契約を切られずに働けたらエンジニアとしてやっていける

SESの現場で未経験から契約を切られずに3か月以上働ければ、エンジニアとしてやっていけるセンスはあるでしょう。実際にSESの現場で働いてみてそう感じました。

SESで使えないエンジニアは、契約を切られたり、強制的に現場を退場させられます。客先の社員に「こいつは役に立たないな」と判断されれば、クビを切られてしまうでしょう。

逆に言えば、契約を切られずに3ヶ月以上働けたのであれば、十分エンジニアとしてやっていける実力はあるということです。

筆者も未経験から3か月間SESの現場で働き、契約更新の話を客先からもらえた時に、

SES上司

契約更新の話貰えたな!
エンジニアとしてのスキルが付いてきたんじゃない?

と自社の上司に褒められました。

SESの現場で3ヶ月クビを切られずにそのまま契約を継続できれば、確実に現場の戦力になっているはずです。3ヶ月現場で働いて契約が切られないか。これがSESエンジニアとして一人前になったか否かの分岐点でしょう。

中には現場1ヶ月で退場させられる人もいる

中には途中で契約を切られるエンジニアもいて、かなり使えない人だと現場に入場してから1ヶ月で退場させられます

実際に筆者の勤めていたSES企業にも、現場を1ヶ月で退場させられた同年入社のエンジニアが一人いました。そのエンジニアは一緒に会社で見ていて、契約を切られてもしょうがないなぁという人でした。

☑1ヶ月で現場を退場させられたエンジニア

  • エラーが出たら人任せ。他力本願で仕事をしていた
  • ITスキルが低かった。(素人に毛が生えたような感じ)
  • 向上心が低く、積極性がなかった

契約を切られ退場させられるエンジニアは少ないですが、相当なポンコツエンジニアだと、契約を切られることがあります。

SESで契約を切られるエンジニアの特徴として、「スキルがない」「会話ができない」「積極性もない」この3つが揃えば、契約を切られる確率がグッと上がる印象でした。

SESの現場で3ヶ月以内で退場させられるエンジニアは、SESに向いていない可能性が高いため注意して下さい。

向いていない人は早い目に損切りして社内SEや自社開発へ

SESで3ヶ月働いて向いていないと感じたエンジニアは、早い目に損切りして社内SE自社開発エンジニアになるのが良いでしょう。

SESの現場で3ヶ月働いて感じたのは、SESの客先常駐や派遣はかなり向き不向きがあることです。客先常駐は取引先の会社で働くため、人見知りのエンジニアにとってはかなり辛いです。

実際に筆者は人見知りだったため、客先社員と仲良くなれずに、ずっとコミュニケーションがストレスでした。

案件が変わったり、現場を退場する度に、また別の現場に行き、人間関係の構築からスタートする。この繰り返しが人見知りの自分にとってはかなり辛かったです。

もしあなたがSESや客先常駐に向いていないのであれば、早い目に転職を検討するべきです。SESの現場が辛い状態で働き続けると、メンタル不調になってしまうので。

もしSESで3ヶ月働いてみて辞めたいと感じたらのであれば、社内SEや自社開発エンジニアなどのSESがないIT企業に転職するのがおすすめ。社内SEや自社開発エンジニアは現場が変わらないため、自社でのんびり仕事ができて良いでしょう。

社内SEや自社開発エンジニアに転職したい方は、自社開発・社内SE特化の転職サイトを利用してみて下さい。SES企業の求人が排除されているから、確実にSESから脱出できおすすめです。

社内SE・自社開発に強い転職サイト

社内SE転職ナビ
【公式サイト】社内SE転職ナビ
SEGAやDeNAなどの大手企業の社内SE求人も多数。※土曜祝日の面談もOK

クラウドリンク
【公式サイト】クラウドリンク
自社内開発に強い転職サイト!無料登録、30秒で転職スタートOK。

TechClipsエージェント
【公式サイト】TechClipsエージェント
求人は自社サービスを持つ事業会社に特化!取扱求人は500万円以上のみ。確実に年収UPできる。

まとめ:【案件抜けたい】SESで現場に配属されて3ヶ月働いた。辛かった体験談

以上で、案件抜けたい!SESで現場に配属されて3ヶ月働いた体験談の紹介を終了します。

以下、この記事のまとめです。

☑SESの現場で3ヶ月エンジニアとして働いた体験談

  1. 就職して1カ月間は動画教材で学習。
  2. 一人客先常駐で現場に入場した。
  3. 配属1ヶ月で案件を抜けたくなった。
  4. 契約更新の話が合ったが断わった。
  5. 今は辞めて社内SEに転職した。

SESの現場で3か月間エンジニアとして働いた流れは上記の通りです。一人客先常駐の現場でめっちゃ辛かったですが、3か月間頑張って働き契約更新の話を頂けました。

ですがその現場が合わなかったため契約更新の話を断りました。最終的にはSESに嫌気がさし3年ほどで社内SEに転職しました。SESは客先常駐や派遣が多く、向き不向きがはっきりするため、辞めたいのであれば早い目に社内SEや自社開発エンジニアに転職するのが良いでしょう。

社内SEなどに転職したいエンジニアは自社開発・社内SE特化の転職サイトを利用してみて下さい。

自社開発・社内SE特化の転職サイトはこちら

☑SESの現場で3ヶ月働いて感じたこと

  • 客先常駐は上流工程の経験が積めない
  • 現場を転々とするからスキル不足になりやすい
  • 身に付くITスキルは現場次第のガチャ
  • 案件に抜けたい気持ちが湧きおこる

SESの現場で3か月間働いてみて、SESのヤバさを肌で感じました。SESで働き続けると、現場がコロコロ変わるため、器用貧乏なエンジニアになりスキル不足になりやすいです。

さらに身に付くITスキルは現場次第なので、案件ガチャに外れるとスキルの低いエンジニアになってしまいます。SESで働くことのリスクや危険性を感じ続けた3ヶ月間でした。

☑SESの現場3ヶ月でSESに適性があるかどうか分かる

  1. 契約を切られずに働けたらエンジニアとしてやっていける
  2. 中には現場1ヶ月で退場させられる人もいる
  3. 向いていない人は早い目に損切りして社内SEや自社開発へ

SES企業での3か月間の現場経験で、SESに適性があるかどうか分かるでしょう。中には現場1ヶ月目で退場させられる使えないエンジニアもいます。契約を切られることも無く3ヶ月現場で働ければ、エンジニアとしての能力は十分あるはずです。

もしSESで契約を切られたり、退場させられたりしたのであれば、SESは向いていない可能性があるため、転職を検討するのが良いでしょう。社内SEや自社開発エンジニア、別業界への転職を検討してみて下さい。

筆者

SES企業で働いていた経験から
「SESエンジニアとして働いた1年間の経験談」
も紹介しています。

こちらの記事も合わせて参考にしてみて下さい。

参考記事:【転職したい】SESエンジニア1年目を振り返る。未経験から現場配属した結果。

転職SES,客先常駐

Posted by 9noike