【降りたい…】プロジェクトリーダーをやりたくない時の4つの対処法を解説【退職は?】

転職

本ページはプロモーションが含まれています

この記事ではプロジェクトリーダーをやりたくない時の4つの対処法を解説します。

IT業界で働く30代40代くらいの中堅エンジニアの中に

上司からプロジェクトリーダーの提案があるけどやりたくない。
リーダーになりたくないから辞めたい。
リーダーやりたくないのにやらされて辛い。

と悩んでいる人も多いはず。

今回はそんな方に向けて、プロジェクトリーダーをやりたくない時の4つの対処法を紹介します。

今回紹介する内容はこちら。

この記事を見て、プロジェクトリーダーをやりたくない時の対処法を知り、リーダー職を回避できるようにしましょう

【この記事の目標】プロジェクトリーダーをやりたくない時の対処法を知り、リーダーを回避する
筆者

IT業界で働く中堅エンジニアが自身の経験をもとに解説。
リーダーやマネージャーになりたくない時の対処法を紹介します。

関連記事として「40代エンジニアのキャリア戦略」の記事も紹介しています。プロジェクトマネージャー以外のキャリアを模索したいエンジニアは参考にしてみて下さい。

参考記事:【行き詰まり】40代エンジニアが生き残るためのキャリア戦略【ついていけない時】

プロジェクトリーダーをやりたくない時の4つの対処法

この章ではプロジェクトリーダーをやりたくない時の4つの対処法をご紹介します。

PMやPLの仕事は平社員と比べて、管理業務が増え、残業しても給料が増えません。その割に責任が重く、精神的に辛いため、プロジェクトリーダーやマネージャーなどをやりたくないエンジニアも多いです。

ここではそんなリーダーをやりたくないエンジニア向けに、PLやPMを回避する方法を解説します。

プロジェクトリーダーをやりたくない時の対処法
  1. 社内のスペシャリスト職にステップアップする
  2. PMやPL以外のキャリアを模索する
  3. SES企業やITアウトソーシング企業に転職する
  4. 部長や課長、人事部などに相談する

プロジェクトリーダーをやりたくないエンジニアは、実践できる対処法があれば試してください。

参考記事:エンジニアが管理職になりたくない時の4つの対処法

筆者

エンジニアが管理職になりたくない時の対処法も解説しています。
合わせてご確認ください。

社内のスペシャリスト職にステップアップする

プロジェクトマネージャーやリーダーをやりたくないエンジニアは、社内のスペシャリスト職にステップアップするのがおすすめです。

IT企業の多くでは会社内でのステップアップ先が「マネジメント職」「スペシャリスト職」の2種類に設定されていると思います。その「スペシャリスト職」の方に出世ができれば、PLやPMを回避し専門家としてステップアップできるはず。

会社の出世
・マネジメント職
・スペシャリスト職

筆者はIT企業で働いていますが、会社内でのステップアップとして「マネジメント職」「スペシャリスト職」のどちらかを選択できます。実際にPMやPLが嫌な先輩や同期は、スペシャリスト職にキャリアを進めています。

プロジェクトリーダーやマネージャーをしたくないエンジニアは、会社内の「スペシャリスト職」の道に進むようにしましょう。そうすればスペシャリストの立ち位置になれ、プロジェクトリーダーを回避できるでしょう。

PMやPL以外のキャリアを模索する

プロジェクトリーダーをやりたくないエンジニアは、PMやPL以外のキャリアを模索しましょう

エンジニアのようなIT系職種は、スキルを高めていけば、PM以外のキャリアを築くことが可能です。エンジニア職は幅広いので、IT系の別職種にキャリアチェンジできるでしょう。

☑IT業界のおすすめ別職種

  • ITコンサル
  • 社内SE
  • データサイエンティスト
  • フリーランスエンジニア

30代40代でプロジェクトマネージャーやプロジェクトリーダーに抜擢されるエンジニアであれば、ITスキルが高いため、他のIT系の別職種に転職できるでしょう。

ITコンサルや社内SEなどに転職しつつ年収アップができ、PLやPMを回避できるので、興味のある方はIT業界の別職種へのキャリアチェンジを検討してみて下さい。

プロジェクトマネージャーやリーダーをやりたくないエンジニア向けに、おすすめのキャリアチェンジ先を解説しています。キャリアチェンジを考えている方は参考にしてみて下さい。

参考記事:【実体験】ITエンジニアからキャリアチェンジ。おすすめの転職先やキャリアプランを解説!

SES企業やITアウトソーシング企業に転職する

画像に alt 属性が指定されていません。ファイル名: engineer-Experiences-5.jpg

プロジェクトリーダーをやりたくないエンジニアは、SES企業やITアウトソーシング企業に転職するのがおすすめです。

SES企業やITアウトソーシング企業に転職すれば、派遣や常駐が多くなり現場作業が増えるため、開発者として長く働けます。中小SES企業などに就職すれば、下流工程の案件が多いため、プロジェクトリーダーをする機会が減るため、特におすすめです。

☑SES企業やITアウトソーシング企業のメリット

  • プロジェクトマネージャーやリーダーの案件が少なく、リーダー業務が少ない。
  • 下流工程の業務が多く、開発者として働ける。
  • 客先常駐が多く、社内にいないことが多いため、社内のメンバー管理が少ない。

SES企業やITアウトソーシング企業に転職できれば、現場でシステム開発ができるため、「一生現役」でエンジニアとして働けます。※ただ上流工程に携わりにくいため年収は上がりにくいです。

プロジェクトリーダーやプロジェクトマネージャー案件が少なく、管理職になる必要が無いため、SES企業やITアウトソーシング企業がおすすめです。プロジェクトマネージャーをやりたくないエンジニアは転職先に検討してみて下さい。

SES企業やITアウトソーシング企業に転職したい方は、IT業界専門の転職エージェントを利用してみて下さい。相談して対策を練れば、高確率でSES企業に転職できますよ。

SES・ITアウトソーシングに転職できるエージェント

@PRO人
【公式サイト】@PRO人】
未経験から内定10社獲得の実績!キャリア面談付きで自分のなりたいエンジニアになれる。

TechClipsエージェント
【公式サイト】TechClipsエージェント
求人は自社サービスを持つ事業会社に特化!取扱求人は500万円以上のみ。確実に年収UPできる。

ウズカレIT
【公式サイト】ウズカレIT
ブラック企業を徹底排除!定着率は93%以上と理想の企業に出会える。

部長や課長、人事部などに相談する

プロジェクトリーダーをやりたくないエンジニアは、部長や課長、人事部などに相談するのもおすすめです。

PMやPLをやりたくない場合は部長や課長に、正直にやりたくない気持ちを打ち明けましょう。正直に素直に上司に気持ちを吐露するのがミソです。理解のある上司であれば気持ちを察してくれ、プロジェクトリーダーから降ろしてくれるはずです。

上司に相談してもプロジェクトリーダーをやらされる場合は、人事部に掛け合ってみましょう。人事部は上司に比べて、組織的に社員の悩みに寄り添ってくれるので、リーダーになりたくない気持ちを汲み取ってくれ、部門異動を検討してくれるはず。

PMやPLをする必要がない部署に異動できる可能性もあるので、上司に聞き入れてもらえない場合は人事部に相談するのもありでしょう。

プロジェクトリーダーやりたくないSEにおすすめキャリアパス

この章ではプロジェクトリーダーやりたくないSEのおすすめキャリアパスをご紹介します。

エンジニアの中には、プロジェクトリーダーをやりたくないけど、年収アップやステップアップをしたい方もいるはず。そこでここでは、エンジニアにおすすめのPMやPLなどの管理職以外のキャリアパスを紹介します。

プロジェクトリーダーやりたくないSEにおすすめキャリアパス
  1. 情報システム部・社内SE
  2. フリーランスエンジニア
  3. SES・派遣エンジニア

プロジェクトリーダーなどの責任の重い仕事を避けたい方は参考にしてみて下さい。

参考記事:SEを辞めたい40代は異業種転職できる?年収を下げずに転職する方法を解説

筆者

リーダーをやりたくないSE向けにおすすめの異業種を紹介しています。
エンジニアを辞めたい方は参考にしてみて下さい。

情報システム部・社内SE

プロジェクトリーダーやプロジェクトマネージャーをやりたくないエンジニアは、情報システム部や社内SEになるのがおすすめです。

情報シス社員や社内SEになれば、基本的に社内システムの改修や社内システムの問い合わせ対応がメイン業務になります。システム開発の新規プロジェクトが立ち上がりにくく、プロジェクトリーダーになりにくいのでPLやPMを避けたい方におすすめです。

☑情報システム部や社内SEのメリット

  1. 社内システムの問い合わせ対応がメイン業務でリーダー業務が少ない。
  2. 新規開発案件が立ち上がりにくく、リーダーをやる機会がそもそも少ない。

情報システム部や社内SEなどは新規プロジェクトが少なく、基本業務が運用保守や社内システムの問い合わせ業務がメインになります。プロジェクトマネージャーの機会自体が少ないため、PMやPLをやりたくない人におすすめです。

社内SEになりたいエンジニアは、下記の社内SE特化の転職サイトを利用してみて下さい。

社内SE特化の転職サイト

社内SE転職ナビ
【公式サイト】社内SE転職ナビ
SEGAやDeNAなどの大手企業の社内SE求人も多数。※土曜祝日の面談もOK

フリーランスエンジニア

プロジェクトリーダーをやりたくないエンジニアは、フリーランスエンジニアへ転身するのもおすすめです。

フリーランスエンジニアは会社に所属していないため、自由に案件選定することができます。リーダーやマネージャー案件を避けられるので、自分の意志でプロジェクトリーダーを回避できおすすめです。

☑フリーランスエンジニアになればリーダーから解放される

  • 社内のメンバーや後輩などと関わる必要が無いので、管理業務が0。
  • リーダー案件を避け開発案件をとれば、確実にPMやPLを回避できる。
  • 単価が高く年収が上がりやすい。

フリーランスエンジニアは案件単価が高く、中抜きも無いため年収も上がりやすく、尚且つリーダー案件を避けられます。会社のしがらみや面倒なメンバー管理などもする必要がないため、プロジェクトリーダーをやりたくないエンジニアに特におすすめです。

フリーランスの始め方について解説しているので、興味があるエンジニアは参考にしてみて下さい。

参考記事:【始め方】フリーランスエンジニアへの独立ロードマップ【なり方解説】

SES・派遣エンジニア

プロジェクトリーダーをやりたくないエンジニアは、SES・派遣エンジニアになるのもおすすめです。

SESや派遣エンジニアが関わる案件の多くは下流工程です。プロジェクトリーダー案件や上流工程の案件が少なく、プログラマーやテスターとして働けるため、リーダーをやりたくないエンジニアにおすすめです。

☑SES・派遣エンジニアのメリット

  • プロジェクトマネージャーやリーダーの案件が少なく、リーダー業務が少ない。
  • 下流工程の業務が多く、開発者として働ける。
  • 客先常駐が多く、社内にいないことが多いため、社内のメンバー管理が少ない。

たまにSES企業にもマネージャーやリーダー案件が来ることもありますが、それは断ればいいだけ。

プロジェクトリーダーを回避しやすいので、やりたくないエンジニアにSES企業・IT派遣企業・ITアウトソーシング企業はおすすめです。

SESやITアウトソーシング企業に転職できるサイト

リーダーやマネージャーをやりたくないSEは多い

この章ではリーダーやマネージャーをやりたくないSEは多いという話をします。

エンジニアは専門性の高い職業であるが故に、職人気質の人も多いです。人と話すのが苦手なエンジニアもおり、人との関わりが多いリーダーやマネージャーなどを避けたい人も一定数います

ここではリーダーやマネージャーをやりたくないSEが多い実態についてご紹介します。

リーダーやマネージャーをやりたくないSEは多い
  1. 管理職に出世すると責任が重くなる。
  2. PMやPLをしなくても年収を上げられる。
  3. 苦手なマネジメント業務に苦戦しうつ病になる人も。
  4. リーダーをやりたくなくて退職する人もいる

PMやPLをやりたくないSEが多い実態について解説します。

参考記事:【楽しくない】システムエンジニアの仕事がつまらない時の解消法3選!【異動・転職etc】

管理職に出世すると責任が重くなる。

管理職になると年収はかなり上がりますが、それに伴い思い責任がのしかかるため、PMやPLをやりたくないエンジニアは多いです。

プロジェクトリーダーやマネージャーになると、プロジェクトの成功失敗が自分の肩に重くのしかかります。そのような責任やプレッシャーを背負いたくないエンジニアは、リーダー職を避けたいと感じるでしょう。

☑プロジェクトリーダーになると責任が重くなる

  • 後輩やメンバーのミスも、リーダーの責任となる。
  • 失敗すると代表者として取引先に謝罪しなければならない。
  • プロジェクトを成功させるために、夜な夜な残業しなければならない。

もし仮にプロジェクトが失敗すると、責任を取らされるのがリーダー職。平社員に比べて圧倒的に辛く、面倒ごとが増えるため、プロジェクトリーダーをやりたくないエンジニアが大量発生しています。

PMやPLをしなくても年収を上げられる。

今の時代は副業などで年収を上げられるため、PMやPLをやりたくないSEが増えています

副業ができなかった一昔前なら、年収を上げる手段が出世しかなかったですが、現在なら副業などで年収を上げられるので、プロジェクトリーダーになる必要が昔ほどありません

特にエンジニアの場合は、プログラミングやシステム開発などの副業で稼ぎやすいです。

☑エンジニアは副業で年収を上げやすい

  • プログラミング副業を土日にやって月10万円稼ぐ。
  • 技術ブログを運営し技術情報を発信することで、月5万円稼ぐ。
  • 個人でアプリ・ゲーム開発をして、個人開発者として収益を上げる。

プロジェクトリーダーになれるレベルのエンジニアであれば、副業を始めたら月10万以上稼げるはず。エンジニアの筆者でも、実際に月10万円程度ブログ副業で稼げていますから。

転職やフリーランスへの足掛かりにもなるため、PMをやりたくないSEに副業はおすすめです。副業で年収アップできれば、出世のために無理にプロジェクトリーダーをやらなくても良いでしょう。

エンジニアの筆者が副業を始めた体験談も紹介しています。副業に興味がある方は参考にしてみて下さい。

参考記事:【やってみた】エンジニアが副業でいくら稼げるのか【おすすめは?】

苦手なマネジメント業務に苦戦しうつ病になる人も。

エンジニアとして活躍した人でも、プロジェクトマネージャーやリーダーとなり、マネジメント業務に苦戦する人が多いです。

エンジニアとして成果を上げるためには、高いITスキルや生産性の高いシステム開発などが求められます。一方プロジェクトマネージャーとして成果を上げるためには、メンバーの指揮を下げない能力や取引先との交渉力などが求められます。

一般職のエンジニア:幅広いIT知識、プログラミングスキル、問題解決能力

プロジェクトマネージャー:マネジメントスキル、交渉力、コミュニケーション能力

上記のようにエンジニアとPMでは求められる能力が違うため、プロジェクトマネージャーに出世できたとしても、成果が出せないエンジニアが一定数出てきます。マネジメント業務の難しさに病んでしまい、うつ病になってしまうプロジェクトマネージャーも多くいます。

管理職特有の難しさがあるため、プロジェクトマネージャーをやりたくないエンジニアが多くなっている現状となっています。

参考記事:うつ病になったエンジニアの転職方法は?転職で鬱病は治る?【原因解決】

リーダーをやりたくなくて退職する人もいる

プロジェクトリーダーをやりたくなくて退職するエンジニアも一定数います。実際に筆者が勤めるIT企業にも、PLやPMをやりたくなくて転職した同期がいました。

専門性の高いエンジニアや職人気質のあるエンジニアは

プロジェクトマネージャーはどうしてもやりたくない。
絶対にマネジメント業務はしたくない。
プログラミングだけしていたい。

という人も結構多いです。

専門性を高めていきたいエンジニアにとって、プロジェクトマネージャーの管理業務は邪魔でしかないため、やりたくないと感じるのでしょう。

リーダーをやりたくなさ過ぎて、退職を決意するエンジニアもいるくらい、管理職になりたくない人も多いです。エンジニアという専門職特有の難しさがあるのだと思います。

まとめ:【降りたい…】プロジェクトリーダーをやりたくない時の4つの対処法を解説

以上で、プロジェクトリーダーをやりたくない時の4つの対処法の解説を終了します。

下記この記事のまとめです。

☑プロジェクトリーダーをやりたくない時の対処法

  1. 社内のスペシャリスト職にステップアップする
  2. PMやPL以外のキャリアを模索する
  3. SES企業やITアウトソーシング企業に転職する
  4. 部長や課長、人事部などに相談する

エンジニアがプロジェクトリーダーをやりたくない時は、社内のスペシャリスト職に出世するのがおすすめです。また転職を検討しているエンジニアは、PMやPL以外のキャリアを模索したり、SESやITアウトソーシング企業に転職するのも良いでしょう。

SESやITアウトソーシング企業に転職したい人は、一度転職エージェントなどに相談してみて下さい。

SESやITアウトソーシング企業に転職できるサイト

☑プロジェクトリーダーをやりたくないSEにおすすめキャリアパス

  1. 情報システム部・社内SE
  2. フリーランスエンジニア
  3. ITコンサル・IT営業
  4. SES・派遣エンジニア

プロジェクトリーダーをやりたくないSEは、PMやPLを回避できる企業や職業を選びましょう。社内SEなどのシステム開発が少ない業種や、フリーランスエンジニアのような案件を自由に選べる仕事を選ぶのもおすすめです。

またSES・派遣エンジニアになれば、派遣や客先常駐が多くなり、プロジェクトマネージャーをする機会が減るためおすすめです。

参考記事:【転職】社内SEとSESどっちがいいねん。メリットやデメリットから違いを解説

☑リーダーやマネージャーをやりたくないSEは多い

  1. 管理職に出世すると責任が重くなる。
  2. PMやPLをしなくても年収を上げられる。
  3. 苦手なマネジメント業務に苦戦しうつ病になる人も。
  4. リーダーをやりたくなくて退職する人もいる

エンジニアは職人気質の人が多いため、リーダーやマネージャーをやりたくない人が一定数います。中には「どれだけお金を積まれてもリーダーだけは絶対にやりたくない」というエンジニアも。

プロジェクトマネージャーになり辛い状況が続きうつ病になったり、退職する人も中にはいます。

筆者

SES企業での勤務経験から
「エンジニアがPMやPLなどの管理職になりたくない時の対処法」
も解説しています。

興味がある方は是非ご覧ください。

参考記事:エンジニアが管理職になりたくない時の4つの対処法!管理職以外のキャリアやフリーランスの選択肢を紹介

転職

Posted by 9noike