【年収公開】客先常駐は年収が上がらないは本当。SESの給料の上げ方を解説

転職

本ページはプロモーションが含まれています

この記事ではSES・客先常駐は年収が上がらないは本当という話を解説します。

現在SES企業で働いているエンジニアやIT未経験の人の中に

SESで働いているけど給料が上がらない。
SESの年収の限界値を知りたい。
客先常駐で年収を上げる方法を知りたい。

と悩んでいる人も多いはず。

今回はそんな方に向けて、客先常駐は年収が上がらないは本当という話SES企業での給料の上げ方を解説します。

今回紹介する内容はこちら。

この記事を見て、SESエンジニアの年収が上がらない理由を知り、給料を上げられるように行動しましょう

【この記事の目標】SESエンジニアの年収が上がらない理由を知り、給料を上げられるよう行動する
筆者

SES企業で働く中堅エンジニアが自身の経験をもとに解説。
実体験ベースで年収が上がらない時の対処法を紹介します。

関連記事として「SES企業から転職するタイミングも解説しています。転職で年収を上げたい客先常駐エンジニアは参考にしてみて下さい。

参考記事:【3年目でOK】SES(客先常駐)から転職するタイミングについて解説!【辞めるタイミング】

SES・客先常駐の年収が上がらないは本当

この章ではSES・客先常駐の年収が上がらないは本当という話をします。

実際に筆者はIT業界で働いていて、SES企業での勤務経験もあります。そんな実際にSESで勤務経験のある筆者が、SES・客先常駐の年収が上がらない現状や理由について解説します。

SES・客先常駐の年収が上がらないは本当
  1. 筆者の場合は3年目で年収300万円台だった
  2. 客先常駐は給料が上がらない構造になっている
  3. 会社の還元率が変わらないと年収は低いまま
  4. 年収500万が限界値な気がする

SES企業で働いた筆者の年収や給料など実体験ベースで紹介します。

参考記事:実務経験1年のエンジニアの市場価値は500万円以上。【年収診断】

筆者

実務経験1年目の時に年収を調べた体験談も紹介しています。

筆者の場合は3年目で年収300万円台だった

SES企業勤務時の3年目の年収は380万円弱程度でした。

年収の内訳は

■年収の内訳
・基本給が20万円。
・資格手当、調整手当などが5万円。
・残業のある月の月収が約30万円。
・ボーナスが30万円程度。

と言った感じ。

基本給は3年目で約20万円と低く、各種手当で月収25万円になっています。また元々の基本給が低かったため、ボーナス(賞与)が1.5ヶ月分でも30万円程しかありませんでした。全体の年収としては380万円弱程度です。※基本給が低い分、ボーナスも低く抑えられていました。

客先常駐は給料が上がらない構造になっている

客先常駐やSESは給料が上がりにくい構造になっているため、年収が低くなりがちです。

実際にSESエンジニアとして働いてみて一番感じたことは、「客先常駐は給料が上がりにくい構造になっている」ということでした。

☑客先常駐は給料が上がらないと感じた

  • 派遣や客先常駐は2次請け3次請けが多く、単価が安い。
  • SESの還元率の平均は50~60%程度と、単価の半分以上がSES企業に中抜きされる。
  • 上司と直接仕事をしないため正当な評価が得られず、昇給が難しい。
  • 客先常駐は下流工程の案件が多く、単価が上がりにくい。

特に感じたのは中小SES企業に勤めているエンジニアは、取引先企業に足元を見られて低単価になりやすいこと。大手のIT企業に単価を安く設定され、搾取されがちなので、SESエンジニアの給料は低くなりやすいと感じました。

実際にSESエンジニアの年収データを参考に年収を比較すると

 SESSE
平均年収400万円605万円
参考データ:dodajobtag

普通のSEと比べてSESエンジニアの年収は200万円程低いです。実際にデータを見てもSESエンジニアの方が年収が低い現状となっています。

会社の還元率が変わらないと年収は低いまま

また客先常駐エンジニアの給料は、勤めるSES企業の還元率に大きく依存するため、年収を上げにくいです。

エンジニアの年収は主に「案件単価」「SES企業の還元率」によって決定されます。

例えばエンジニアの1ヶ月の案件単価が80万円で、還元率が40%の場合は、

80万円(1人月の単価) 0.4(還元率) = 32万円

となり給料が決定されます。※他にも様々な要因がありますが、主に単価と還元率で給料が決まる。

この還元率はSES企業によって異なります。自分が働いているSES企業の還元率が低いと、それに伴い年収がガクッと落ちてしまいます

☑SES企業の還元率
一般的なSESの還元率:40~60%程度
高還元率SES:70%以上

一般的なSES企業の還元率は上記の通り。この還元率の操作によって、エンジニアが本来貰うはずの給料が半分程度中抜きされるため、SESエンジニアの年収は低くなりがち。

客先常駐エンジニアは2次請け3次請けで元々の単価が安い状況で、さらにSES企業側にも中抜きされているため、異常なまでに年収が低くなってしまうのです。

年収500万が限界値な気がする

SES企業で実際に働いて、SESエンジニアの年収は500万が限界値、と感じました

SES企業で出世して管理職や取締役員になれば話は別ですが、平社員として働いているSESエンジニアの年収は500万円が限界値だと思います。その理由として、「客先常駐の単価の低さ」「SES企業の還元率の中抜き」が挙げられます。

質の低い中小SES企業で働いている限り、回ってくる案件は2次請け3次請けの低単価案件ばかり。そしてその低単価案件からSES企業側が40~60%を中抜きした手残りが、SESエンジニアの給料に。

元々の単価が低い+SES企業の中抜き、によって年収500万円が限界値という印象を受けました。

SES企業はこのような給料が上がりにくい構造になっているため、年収が上がらないのではないか?と実際にSES企業で働いて感じました。

SES・客先常駐で年収・給料を上げる方法

この章ではSES・客先常駐で年収・給料を上げる方法をご紹介します。

ただ漫然とSES企業で働いているだけでは、年収を上げることができません。しっかり自分でスキルをつけたり、年収を上げるための施策をしないと給料は上がらないでしょう。

そこでここでは、SESで働くエンジニアが年収を上げるためにすべきことを解説します。

SES・客先常駐で年収を上げる方法
  1. ITスキルを高めて上流工程の案件に参画する
  2. 副業を始めてみる
  3. SES企業から脱出して年収の高い自社開発企業に転職する
  4. エンジニア職からキャリアアップする

年収を上げるために実際に試せそうな方法があれば、試してみて下さい。

参考記事:【年収上げる】客先常駐からのキャリアアップが難しい3つの理由。おすすめのキャリアパスを解説

筆者

客先常駐からのキャリアアップについて解説しています。
年収を上げたいSESエンジニアは参考にしてみて下さい。

ITスキルを高めて上流工程の案件に参画する

SES・客先常駐エンジニアが年収を上げる方法として、ITスキルを高めて上流工程の案件に参画するのが1番現実的にできる施策です。

どうしても下流工程のテスター案件やプログラマー案件は単価が低いため、給料が上がりにくいです。日本のIT業界ではプログラマーが年収が低く、上流工程の設計者の方が年収が高い傾向があるからです。

そのため年収を上げるためには、設計スキルやITスキルを高めて、上流工程に携われるようにするのが良いでしょう。

上流工程に携われるよう、しっかり開発経験を積んだり、ITスキルを高めたりするのがおすすめです。即金性は低いですが、経験を積みITスキルを勉強し資格を取得していけば、上流工程に携われるようになり年収も上げられるでしょう。

副業を始めてみる

SES・客先常駐エンジニアが年収を上げる方法として、副業を始めてみるのもおすすめです。

SES企業の給料は単価の低さと還元率の中抜きによって、給料自体を上げるのはかなり難しいです。ですので会社の給料を上げるよりも、本業以外の給料を上げるのが一番手っ取り早いと思います。

その本業以外の収入としておすすめなのが副業です。

☑副業で年収を上げるメリット

  1. プログラミング副業なら月5万円程度稼げ、本業にも活かせる
  2. 独立や転職の際に実績として示せる。
  3. 副業がきっかけでスカウトされることがある。
  4. 副業での収入は節税できる。

SESエンジニアが副業を始めれば、本業にプラスで月5万円程度稼げて、尚且つ転職する際に実績として示せるためおすすめです。

実際に筆者もSES企業で働いていましたが、年収が上がらなかったため、自分で副業を始めました。技術ブログ副業を始めましたが、現在月10万円ほど稼げています。年間にすると年収+120万円UPとなったため、副業をやって良かったなと感じています。

副業を始めるのが一番即金性が高く、年収が上がりやすいので、年収の低さに悩んでいるSESエンジニアは、是非始めてみて下さい。

参考記事:【給料上げる】SESエンジニアにおすすめの副業ランキング!【副業規定や注意点も解説】

参考記事:【やってみた】エンジニアが副業でいくら稼げるのか【おすすめは?】

SES企業から脱出して年収の高い自社開発企業に転職する

画像に alt 属性が指定されていません。ファイル名: engineer-Experiences-5.jpg

年収を上げたいSES・客先常駐エンジニアには、SES企業から脱出して年収の高い自社開発企業に転職するのもおすすめです。

自社開発企業は1次請けのプライム案件が多く、SESエンジニアと比べて案件単価が高めです。単価が高いため、SESエンジニアよりも年収が高くなりやすいです。

☑自社開発企業のメリット

  1. 1次請けプライム案件が多く、エンジニアの単価が高い
  2. 上流工程の案件に携わりやすく、年収が上がりやすい。
  3. 上司と一緒に働くため、客先常駐に比べて適切に頑張りが評価される

自社開発企業のメリットとして、上流工程の案件に携わりやすく年収が上がりやすいことが挙げられます。上記のように年収が上がりやすい要素が揃っているため、年収を上げたいSESエンジニアに自社開発企業はおすすめです。

SESから自社開発企業に転職すれば、年収が上がる可能性が高いため、年収が低くて悩んでいるSESエンジニアは自社開発への転職を検討してみて下さい。

SESから自社開発企業に転職する方法を解説しています。自社開発エンジニアになりたい方は参考にしてみて下さい。

参考記事:SESから自社開発企業に転職する方法とは?【難しいけど可能】

エンジニア職からキャリアアップする

画像に alt 属性が指定されていません。ファイル名: 28377701_s-1-1.jpg

SES・客先常駐エンジニアが年収を上げる方法として、エンジニア職からのキャリアアップもおすすめです。

エンジニアは別のIT系の職種にキャリアアップしやすい職種です。エンジニアとして培った経験や知識を他のIT職種に活かせれば年収も上がるでしょう。

☑年収の高いIT系職種

  1. IT営業…インセンティブが貰え、頑張り次第で年収が上がりやすい
  2. AIエンジニア…需要が高く、市場価値が高いため年収が上がりやすい。引く手あまた。
  3. フリーランスエンジニア…SES企業の中抜きがなく、単価そのまま収入になる。※だが福利厚生は乏しい。
  4. ITコンサル…外資系のITコンサルに転職すれば、余裕で年収1000万円越え※ただし激務

エンジニアとして培った経験を活かして、上記のような年収の高いIT系職種に転職できれば、給料は上がりやすいでしょう。転職やキャリアアップは難しいですが、成功さえすれば確実に年収はUPするのでおすすめです。まずは働きながら転職活動を始めてみて下さい。

SESからのキャリアアップにおすすめのIT系職種を紹介しています。

参考記事:客先常駐からのおすすめキャリアアップ先5選!キャリア形成するために必要なスキルとは?

筆者

年収を上げたい客先常駐エンジニアは参考にしてみて下さい。

SES企業で年収・給料の上がらないエンジニアの特徴

この章ではSES企業で年収の上がらないエンジニアの特徴という話をします。

SESエンジニアの中にはどれだけ頑張って努力しても、給料が上がらず低年収で停滞する人がたくさんいます。そんな年収の上がらないエンジニアの特徴を解説します。

SES企業で年収の上がらないエンジニアの特徴
  1. 30代40代になっても客先常駐をしている
  2. 下流工程しかできないエンジニア
  3. IT土方企業で働いている
  4. 年収アップのための転職をしない

自分が給料が上がらないエンジニアの特徴に当てはまっていないかチェックしてみて下さい。

参考記事:SESエンジニアにおすすめの転職エージェント3選。これだけでOK。

30代40代になっても客先常駐をしている

30代40代になっても客先常駐をしているエンジニアは、これからも年収が上がらない可能性が高いでしょう。

客先常駐で働くとどうしても、身につくスキルが案件次第になりやすく、専門的なスキルを身に付けられません。常駐先が変わる度に、扱う言語やスキルがコロコロ変わるため、専門性が低くなりやすく年収が上がりにくいです

☑客先常駐をし続けると年収が上がりにくい

  1. PMやPL案件が少なく、上流工程の経験を積みにくい。
  2. 案件ごとに扱うITスキルが変わり、器用貧乏なエンジニアになってしまう。
  3. スキルのつかない現場に長く居続けると、スキルアップができない。

SES企業で勤めているエンジニアは、客先常駐メインで働くことになるため、強みに欠けるエンジニアになりやすいです。その他にも、リーダー経験が積みにくいことや、上流工程を経験できないことも、年収をあげにくい要因となっています。

客先常駐ばかりしていると、エンジニアとして専門性が身に付かずキャリアップが難しくなるため、年収・給料の上がらないエンジニアとなってしまうでしょう。

下流工程しかできないエンジニア

下流工程しかできないSESエンジニアも、年収・給料が上がりにくいです。

アメリカではプログラマーの年収が高いですが、日本のIT業界では上流工程エンジニアの方が年収が高いです。そのためプログラミングやテストなどの下流工程しかできないエンジニアは、給料が上がりにくく年収が低くなりやすいです。

☑下流工程は年収が低くなりがち

  • プログラマーが年収342万円。上流エンジニアが年収516万円。平均年収で174万円の差がある。※エイジレス思考
  • 下流工程は下請けになることが多く、単価が低い傾向にある。

下流工程のエンジニアは日本のIT業界では、価値の低い存在として扱われ、年収が300万円台。一方で上流工程のエンジニアは、平均年収が516万円となっています。

下流工程しかできないと市場価値が低くなりやすく、年収が上がりにくい現状。そのため下流工程しかできないSESエンジニアは、年収や給料が上がらないでしょう。

IT土方企業で働いている

2次請け、3次請けとかなり下請けのIT土方企業で働いているエンジニアも、年収が上がらない可能性が高いです。

多重請負の最下層のIT土方企業で働いていると、エンジニアの人月単価がかなり低く、どれだけ頑張っても年収が上がらないため注意して下さい。

実際にdodaなどの公的機関でIT土方企業の年収が公開されています。それによると

 IT土方SESSE
平均年収100万~
350万円
400万円605万円
参考データ:dodajobtagアスターリンク

と年収が低いことが分かります。

IT土方企業にいる限り、単価が上がらず、年収や給料は上がりにくいでしょう。3次請け4次請けなどで働き続けると、搾取され続けるだけなので、IT土方企業にいるエンジニアは早い目に脱出するのがおすすめです。

参考記事:【底辺脱出】IT土方から簡単に転職する方法とは?【辞めたい人向け】

年収アップのための転職をしない

年収アップのための転職をしないSESエンジニアも年収や給料が上がらないでしょう。

エンジニアが手っ取り早く年収を上げようと思ったら、転職をする必要があります。会社内で年収を上げようとすると、年1回の昇級面談で自分をアピールするしかありません。どれだけ頑張って勉強して、資格やスキルを磨いても、年1,2回しか年収アップのチャンスがありません。

☑SES企業で働くと年収アップのチャンスが少ない。

  • 昇級のタイミングが年1,2回しかなく、年収アップのチャンスが少ない。
  • 客先常駐していると上司に適切に評価してもらえない可能性がある。

SES企業で働いているだけだと昇給のチャンスが少なく、頑張って努力しても認められることが少ないです。そのため年収を上げたいエンジニアは、転職するのが一番手っ取り早く年収を上げられるでしょう。

高難易度の資格を取得したり、システム開発で成果を出したり、副業で実績を積めたり、など転職できる実力が付いた時は、積極的に転職をして年収を上げるようにして下さい。

参考記事:SESを踏み台としたキャリア戦略とは?自社開発などへのキャリアアップ方法を解説

まとめ:【年収公開】客先常駐は年収が上がらないは本当。SESの給料の上げ方を解説

以上で、客先常駐は年収が上がらないは本当。SESの給料の上げ方の解説を終了します。

下記この記事のまとめです。

☑SES・客先常駐の年収・給料が上がらないは本当

  1. 筆者の場合は3年目で年収300万円台だった
  2. 客先常駐は給料が上がらない構造になっている
  3. 会社の還元率が変わらないと年収は低いまま
  4. 年収500万が限界値な気がする

SES企業の客先常駐は給料が上がりにくい構造となっています。客先常駐の平均単価は低く、SES企業に中抜きされるため、年収が低くなりがちです。実際にSES企業で客先常駐してみて、SESエンジニアの年収500万円が限界だと感じました。

☑SES・客先常駐で年収・給料を上げる方法

  1. ITスキルを高めて上流工程の案件に参画する
  2. 副業を始めてみる
  3. SES企業から脱出して年収の高い自社開発企業に転職する
  4. エンジニア職からキャリアアップする

SES・客先常駐で給料を上げるのは難しいですが、やり方を間違えなければ可能です。具体的には、ITスキルを高めて上流工程の案件に参画したり、副業を始め収入を得たり、年収の高い自社開発企業へ転職したりすれば年収を高くできるはず。

自社開発企業に転職し年収を上げたい方は、SESから自社開発企業に転職する方法を参考にしてみて下さい。

参考記事:SESから自社開発企業に転職する方法とは?【難しいけど可能】

☑SES企業で年収の上がらないエンジニアの特徴

  1. 30代40代になっても客先常駐をしている
  2. 下流工程しかできないエンジニア
  3. IT土方企業で働いている
  4. 年収アップのための転職をしない

SES企業で年収の上がらないエンジニアの特徴として、30代40代になっても客先常駐をしている、テストやコーディングなどの下流手工程しかできない、IT土方企業で働いている、などが挙げられます。

手っ取り早く年収アップするためには、転職をするのがおすすめです。成功すれば年収100万円UPも可能なので、悩んでいる方は年収アップの転職も検討してみて下さい。

筆者

SES企業での勤務経験から
「SES2年目の年収について」
も解説しています。

興味がある方は是非ご覧ください。

参考記事:SES企業を2年目で転職した体験談。スキル不足でも転職可能【年収公開】

転職

Posted by 9noike