SEを辞めたい40代は異業種転職できる?年収を下げずに転職する方法を解説

転職

本ページはプロモーションが含まれています

この記事ではSEを辞めたい40代が異業種に転職する方法を解説します。

現在IT業界で働くエンジニアやプログラマーの中に

40代だけどSEを辞めたい。
40代からIT業界以外の異業種への転職はできる?
リーダーがつらい。SEを辞めたい

と40代でSEを辞めたい方も多いはず。。

今回はそんな方に向けて、40代SEにおすすめ転職先と40代でも転職を成功させる方法をご紹介します。

今回紹介する内容はこちら。

この記事を見て、SEを辞めたい40代向けの転職方法を知り、転職をするか検討してみましょう

【この記事の目標】SEを辞めたい40代向けの転職方法を知り、転職をするか検討する。
筆者

IT業界を辞めた筆者が自身の経験をもとに解説。
IT業界を辞めたい40代SE向けに転職方法をご紹介します。

筆者の「IT業界を辞めた体験談」を紹介しています。参考にどうぞ。

参考記事:【転職秘話】IT業界をやめてよかった。IT業界の辞めどきはいつ?

SEを辞めたい40代におすすめの転職先

この章ではSEを辞めたい40代におすすめの転職先を解説します。

SEを辞めたい40代の人の中に、異業種への転職を検討している方も多いはず。そんなSEを辞めたい40代向けに、おすすめの転職先をご紹介します。

SEを辞めたい40代におすすめの転職先
  1. 年収を下げたくない場合は社内SEがおすすめ
  2. ITコンサルやIT営業なども年収が下がりにくい。
  3. 年収が下がっても良い場合は異業種転職がおすすめ

SEを辞めたい40代の方向けに解説。自分に合った転職先を見つけましょう。

参考記事:【異業種への転職】IT業界から足を洗う人におすすめの職業7選【IT業界やめた後】

筆者

エンジニアを辞めたい40代向けにおすすめの職業も紹介しています。

年収を下げたくない場合は社内SEがおすすめ

年収を下げたくない場合は社内SEが転職先におすすめです。

40代のSEの多くは年収が下がるのは嫌だと感じているのではないでしょうか?

家庭を持っていたり、親の介護があったり、老後の資金が溜まっていなかったり。と年収を下げる訳にはいかない40代SEも多いはずです。

そんな年収を下げたくない40代のSEの転職先におすすめなのが社内SEです。エンジニアやプログラマーなどと比べて社内SEの業務は楽だからです。

  • 社内の問い合わせ対応
  • PCやプリンター、社用携帯などの機器類の管理業務
  • 業務システムのマニュアル作成

社内SEの主な業務は上記のようなIT系の雑務です。

通常のSE職よりも業務が楽なのに、年収も下がりにくいのでお勧めです。

社内SEは倍率が高く転職が難しいですが、IT業界勤務歴が長い40代のSEであれば、経験が豊富なので比較的簡単に転職できるはず。

社内SEに転職したい方は、下記の社内SEの求人が豊富な転職サイトを利用してください。

社内SEの求人が豊富な転職サイト

社内SE転職ナビ
【公式サイト】社内SE転職ナビ
SEGAやDeNAなどの大手企業の社内SE求人も多数。※土曜祝日の面談もOK

クラウドリンク
【公式サイト】クラウドリンク
100%自社内開発に転職可能!無料登録、30秒で転職スタートOK。

TechClipsエージェント
【公式サイト】TechClipsエージェント
求人は自社サービスを持つ事業会社に特化!取扱求人は500万円以上のみ。確実に年収UPできる。

ITコンサルやIT営業なども年収が下がりにくい。

ITコンサルやIT営業なども、SEを辞めたい40代のSEにおすすめ

IT業界の経験を活かせ、年収が下がりにくいからです。※いわゆる軸ずらし転職

40代でSEを辞めようとしている方の中には

完全未経験の職種は年収が下がるから、家族から止められている。
異業種への転職は今までのスキルが活かせないから嫌だ。

と異業種への転職に不安を感じている人もいるはず。

異業種への転職が不安な方は、同じIT業界の中で職種を変えるのも一つの手

  • IT系コンサルタント
  • IT系の営業(SES営業、IT企業の営業)
  • IT系のコーポレート職(人事・経理・総務)

などに転職すれば、完全未経験ではなくSEとして勤務したスキルも活かせます。

SEの仕事が嫌と言うエンジニアは、IT業界内の別職種に転職しましょう。そうすればSEとして培ったスキルを活かせ、年収も下がりにくいですよ。

IT営業・ITコンサルの転職サイト

MyVision
【公式サイト】MyVision
IT系人材のコンサル転職に強い転職サイト。「経験」 と「将来のキャリアビジョン」に基づいた最適な求人を紹介。

マーズキャリア
【公式サイト】マーズキャリア
営業職への転職に強い転職サイト。最大5回の面接対策を行い、高い内定率を実現!平均80万円以上年収UPの実績。

筆者

「年収を下げたくない」かつ「今までのスキルを活かしたい」SEはIT系の営業やコンサルがおすすめです。

年収が下がっても良い場合は異業種転職がおすすめ

年収が下がってでもIT業界から足を洗いたい40代SEは異業種転職がおすすめ

老後の資金をため終えているSEや独身のSEなど、年収が下がっても良いSEは異業種へ転職しましょう。SE辞めたいという状態で仕事を続けると、メンタル不調になってしまいますから。

日本には

  • ITスキルが求められないコミュニケーション重視の仕事(営業、ショップ店員など)
  • コミュニケーションが少ない仕事(ドラック運転手、管理人)
  • 黙々と作業できるライター業

など約1万7000種類以上の職業があります。※厚生労働省の調査

約1万7000種類以上の職業の中からSEを辞めた後の仕事を探せば、きっとあなたと相性の良い仕事が見つかるはず。

どの異業種に転職するか迷っている方は。下記の記事を参考に自分に合った仕事を探してみましょう

参考記事:【異業種への転職】IT業界から足を洗う人におすすめの職業7選【IT業界やめた後】

筆者

異業種への転職を考えているSE向けにおすすめの職業を7つ紹介しています。

SEを辞めたい40代が転職を成功させるために

この章ではSEを辞めたい40代が転職を成功させるために必要なことをお話しします。

40代からの転職活動は難易度が高く失敗する可能性が高いです。「35歳転職限界説」という説もあるくらいですから。そんな難しい40代からの転職を成功させるために注意して欲しいことを解説します。

注意すべきポイントを押さえて、難しい40代SEからの転職を成功させましょう。

SEを辞めたい40代が転職を成功させるために
  1. 内定率アップのために40代に特化した転職サイトを利用する
  2. 異業種への転職は年収が下がることは覚悟する
  3. 40代からの異業種転職は必ず家族と相談する
  4. 完全未経験の転職は長期戦を覚悟する

上記が40代SEが転職成功させるための施策です。できそうな施策があれば試してみて下さい。

参考記事:【エンジニア向け】自分に合った転職サイトを選ぼう!用途に合わせたおすすめ転職サイトを紹介!

筆者

あなたの目的に合わせた転職サイトを紹介しています。
転職サイト選びで悩んでいる方は参考にしてみて下さい。

内定率アップのために40代に特化した転職サイトを利用する

内定率アップのために40代に特化した転職サイトを利用しましょう。

40代からの転職は20代の転職に比べて失敗する可能性が高いです。

「高齢の転職者は企業から敬遠されやすい」「内定が獲れにくい」「そもそも40代を募集している求人自体少ない」など40代からの転職は難しいです。そのためただ闇雲に転職サイトに登録し、求人に募集しても上手くいきません。

40代からの転職を成功させるためには40代に、特化した転職サイトやサービスを活用することです。

  • 40代からの異業種転職を成功させるノウハウを教えてくれる。
  • 40代未経験OKの求人が多い
  • 面接対策、履歴書添削などの転職サービスが充実している。

など40代特化の転職サイトはメリットが多いです。

ただ闇雲に転職サイトから求人に応募しても、40代の転職は失敗してしまいますから、40代に特化した転職サイトを利用しましょう

下記に40代特化の転職サイトを掲載していますので、興味ある40代SEの方は利用してみて下さい。

社内SEの求人が豊富な転職サイト

キャリアコーチング【RYOMEI】
【公式サイト】RYOMEI
30代・40代に特化のキャリアコーチング。40代からの転職を成功させるサービスが充実。

ライフシフトラボ
【公式サイト】ライフシフトラボ
45歳からの実践型複業起業スクール。副業や転職、企業など様々なキャリアをサポート。

異業種への転職は年収が下がることは覚悟する

40代SEからの異業種への転職は年収が下がることは覚悟しておきましょう。

異業種への転職は未経験の場合が多く、スキルも無いため、年収が下がりやすいです。特に30代以降も未経験転職はその傾向が強いです。

・年収700万円⇒年収500万円
・年収1000万円⇒年収600万円
・年収400万円⇒年収300万円

など多かれ少なかれ異業種への転職は年収がダウンしやすいです。

年収が下がりやすい転職事例は

  • 専門性が低い業界に転職
  • 残業が少ない仕事に就く
  • 業界全体の平均年収が低い異業種に転職

などの転職は年収が下がりやすいです。注意しておきましょう。

40代からの異業種転職は必ず家族と相談する

40代からIT業界から足を洗う人は、必ず家族と相談しておきましょう。特に子供がいる場合は。

40代から異業種への転職はほぼ確実に年収が下がります

異業種への転職ではIT業界での実績が評価されにくく、年収が下がりやすいです。年収が100万円ダウン、下手したら200万円もダウンする可能性があります。年収が下がれば確実に生活水準が下がるでしょう。

40代SEの中には配偶者がいたり、子供がいたりする人も多いはず。その家族を養う義務がありますから、年収が下がる場合はしっかり相談しておきましょう。

  • 子供の養育費はどう工面するか。
  • 貯金がどれくらい溜まったら、IT業界から足を洗っていいか。
  • 配偶者の年収と合わせて生活に困窮しない年収を保てるか。

など家族とコンセンサスを取り、IT業界の辞めどきを家族と決めましょう

完全未経験の転職は長期戦を覚悟する

40代から完全未経験の転職は長期戦を覚悟しておきましょう。

「35歳転職限界説」が世間には一般的で、35歳以上の転職、特に40代の転職はかなり難しいとされています。

40代からの異業種転職が難しい理由として、

  • 未経験求人の多くは20代30代限定のことが多い。
  • 40代は若手のような柔軟性に欠け育てにくい
  • 40代での転職はスキルや経験、マネジメントスキルが求められる。

などが挙げられます。

40代からの未経験業界への転職は難しいので、転職期間は半年から1年は覚悟しておきましょう。※通常のエンジニア転職は3ヶ月程度。

面接や履歴書で落とされることが多いですが、SEの経験があればパソコン操作スキルやITスキルは申し分ないため内定が0と言うことは無いはず。根気強く続けていけばあなたに合った転職先は見つかるでしょう。

なるべく早く異業種への転職を成功させたい40代SEは、40代以上をターゲットにした転職サイトを利用しましょう。40代からの転職ノウハウがあるため転職が上手くいくはずですから。

40代以上をターゲットにした転職サイトはこちら。

IT業界でSEを辞めたい40代が多い理由

この章ではSEを辞めたい40代が多い理由をお話をします。

IT業界で勤務するSEは40代で辞めてしまう人が結構多いです。筆者が勤務するIT企業でも、40代から異業種へ転職した先輩や急に辞めてしまった上司がいました。「なぜSEを辞めたい40代が多いのか」を解説していきます。

IT業界でSEを辞めたい40代が多い理由
  1. 20代30代にできていた残業に体が追い付かない。
  2. リーダーの立場がつらい
  3. IT業界に向いていなくて20代30代の若手に出世で追い抜かれる

SEを辞めたいと感じている40代の方は参考にしてください。

筆者

筆者の勤めるIT企業でも40代でSEを辞める先輩が多いです。
40代でSEを辞める理由を解説します。

20代30代にできていた残業に体が追い付かない。

20代30代にできていた残業に体が追い付かないことが、40代でSEを辞めたくなる理由です。

SEの業務量はプロジェクトの進捗によって大きく左右します。

  • プロジェクトが大幅に遅れていて残業しても終わらない。
  • システム開発が終わらずプロジェクトリーダーから残業を依頼された。
  • いつまで経ってもエラーが解決できずに残業せざるを得ない。

など進捗が遅れていると残業が増えることが多いです。

その残業に20代30代なら耐えられていたのに40代になったら耐えられない。という40代SEも多いのではないでしょうか。

また家族ができて、子供や配偶者との時間を作りたいけれど残業のせいで、家族との時間をとれない40代SEも多いはず。

このようにプロジェクトの進捗によって残業が増えるのが40代SEが辞めたくなる理由の1つです。

リーダーの立場がつらい

出世して管理職になりリーダーの立場になって辛くなるSEも多いです。

SEを続けている方の中にシステム開発のコーディングが好きな人も多いはず。

元々プログラミングが好きでSEやっていたのに管理業務ばかりで辛い。
1人でコーティングしたいのにリーダーだからマネジメント業務ばかり。

などIT業界では年齢を重ねるごとに、開発者からPMなどリーダーを任されることが多くなります。

リーダー業務はコーディングが好きなSEや一人で作業するのが好きなSEにとってはとても辛い業務。

IT業界で出世してしまい好きなプログラミング業務ができなくなり、リーダーで辛い思いをしているSEがたくさんいます

プログラミングが好きでSEになったけど、出世したら向いていない管理業務ばかり。

リーダーの立場が辛いと感じ、40代でSEを辞めたいという人が多いです。

参考記事:プロジェクトリーダーをやりたくない時の4つの対処法を解説【リーダー辛い】

IT業界に向いていなくて20代30代の若手に出世で追い抜かれる

IT業界に向いていなくてダラダラSEを続けた人が、若手に出世で追い抜かれることも40代でSEを辞めたくなる原因です。

向いていないIT業界にしがみついている40代SEは、20代30代の若手に出世で追い抜かれます。

  • プログラミングの才能が無く、いつまで経ってもITスキルが身に付かない。
  • そもそもITに興味が無く、勉強好きの若手の方がIT技術に詳しい。
  • システムエラーが解決できず、いつも後輩エンジニアに相談している。

などIT業界に向いていなかったり、そもそもITに興味が無かったりしてどんどん後輩エンジニアとスキルの差が生まれます。

ITが好きな後輩たちが先に出世したり、重要なプロジェクトを任されたり

辛い思いをする40代SEが辞めたいと感じることが多いです。

筆者

IT業界に向いていない状態でSEを続け、SEとして成長できないまま40代になってしまう人が多いです。

まとめ:SEを辞めたい40代は異業種転職できる|年収を下げずに転職する方法

以上で、SEを辞めたい40代は異業種転職できる|年収を下げずに転職する方法の解説を終了します。

下記この記事のまとめです。

SEを辞めたい40代におすすめの転職先

  1. 年収を下げたくない場合は社内SEがおすすめ
  2. ITコンサルやIT営業なども年収が下がりにくい。
  3. 年収が下がっても良い場合は異業種転職がおすすめ

年収を下げたくない40代SEは社内SEやIT系のコンサルや営業がおすすめ。IT業界で培ったスキルを活かせつつも、仕事内容は大きく変わるので、SEを辞めたい人と相性が良いでしょう。

SEを辞めたい40代が転職を成功させるために

  1. 内定率アップのために40代に特化した転職サイトを利用する
  2. 異業種への転職は年収が下がることは覚悟する
  3. 40代からの異業種転職は必ず家族と相談する
  4. 完全未経験の転職は長期戦を覚悟する

40代からの異業種転職は難易度がかなり高いです。内定がGETしにくく、年収もアップしにくいです。成功させるためのコツを知り、40代SEからの転職を成功させてください。

IT業界でSEを辞めたい40代が多い理由

  1. 20代30代にできていた残業に体が追い付かない。
  2. リーダーの立場がつらい
  3. IT業界に向いていなくて20代30代の若手に出世で追い抜かれる

40代になりリーダー業務を任されるようになって、SEを辞めたくなる人が多い印象。筆者の会社にもリーダーが辛いと嘆いている上司がいますからね。

筆者

「筆者のSEを辞めてよかった体験談」
「IT業界離れたいSEにおすすめの転職先」
興味のある方は参考にしてください。

興味がある方は是非ご覧ください。

参考記事:SESを辞めてよかった。辞めた後にやったことは?【SES辞めるべき】

参考記事:IT業界離れたいエンジニアの転職先とは?辞めたい・向いていない時の処世術。

転職転職

Posted by 9noike