【簡単】自社開発企業に受からない時の3つの対処法を解説!【厳しいけど転職可能】

転職

本ページはプロモーションが含まれています

この記事では自社開発企業に受からない時の3つの対処法を解説します。

自社開発に転職したいエンジニアの中に

転職活動中だけど自社開発企業に受からない。
自社開発に受かるコツを知りたい。
SESから自社開発に転職する方法ってあるの?

と悩んでいる人も多いはず。

今回はそんな方に向けて、自社開発企業に受からない時の3つの対処法を解説します。

今回紹介する内容はこちら。

この記事を見て、自社開発企業に受からない時の対処法を知り、自社開発企業に転職できるようにしましょう

【この記事の目標】自社開発企業に受からない時の対処法を知り、自社開発企業に転職する
筆者

SES企業に転職してしまった筆者が自身の経験をもとに解説。
実体験ベースで、自社開発に受からない時の対処法を紹介します。

自社開発企業に転職したい方は、自社開発企業特化の転職サイトを利用するのがおすすめです。SES企業の求人が排除されているので、安心して自社開発エンジニアになれますよ。

自社開発特化の転職サイト

クラウドリンク
【公式サイト】クラウドリンク
自社内開発に強い転職サイト!無料登録、30秒で転職スタートOK。

社内SE転職ナビ
【公式サイト】社内SE転職ナビ
SEGAやDeNAなどの大手企業の社内SE求人も多数。※土曜祝日の面談もOK

TechClipsエージェント
【公式サイト】TechClipsエージェント
求人は自社サービスを持つ事業会社に特化!取扱求人は500万円以上のみ。確実に年収UPできる。

自社開発企業に受からない時の3つの対処法

この章では自社開発企業に受からない時の3つの対処法をご紹介します。

この記事を見ている人の中に「SESしか受からない」「自社開発から内定が出ない」と、自社開発企業に受からず悩んでいる人も多いはず。今回はそんなエンジニアに「自社開発企業に受からない時の3つの対処法」をご紹介します。

自社開発企業に受からない時の対処法
  1. 自社開発特化の転職エージェントを利用する
  2. 自分が経験のある業界の求人に応募する
  3. レベルの高い資格やITスキルを身につける

対処法を試してみて、自社開発企業から内定が獲れるようしましょう。

参考記事:【エンジニア転職】SESしか受からない時の4つの対処法!SES企業を回避しよう。

筆者

SESしか受からない時の対処法も紹介しています。
合わせてご覧いただくと、より参考になると思います。

自社開発特化の転職エージェントを活用する

出典「クラウドリンク」

自社開発企業に受からない場合は、自社開発特化の転職エージェントを活用するのがおすすめです。

世の中には様々な転職サイトや転職エージェントがありますが、中には自社開発企業特化の転職エージェントも存在します。その自社開発に強い転職エージェントを利用すれば、自社開発に受かるための転職サポートを多く受けられます

☑自社開発特化の転職エージェントのメリット

  • 自社開発企業の求人を優先して紹介してくれる。
  • SES企業の求人が排除されている。
  • 自社開発企業へ転職するためのノウハウを教えてくれる。

自社開発に受かっていない人でも、自社開発特化の転職エージェントを利用すれば、SESのない自社開発企業に転職できます。自社開発求人の紹介、自社開発用の職務経歴書の作成などの転職サポートを活用し、内定率をグッと上げていきましょう

自社開発企業に受からなくて悩んでいるエンジニアは、自社開発特化の転職エージェントを利用してみて下さい。自社開発に受かる可能性がグッと上がりおすすめです。

自社開発特化の転職サイト

クラウドリンク
【公式サイト】クラウドリンク
自社内開発に強い転職サイト!無料登録、30秒で転職スタートOK。

社内SE転職ナビ
【公式サイト】社内SE転職ナビ
SEGAやDeNAなどの大手企業の社内SE求人も多数。※土曜祝日の面談もOK

TechClipsエージェント
【公式サイト】TechClipsエージェント
求人は自社サービスを持つ事業会社に特化!取扱求人は500万円以上のみ。確実に年収UPできる。

自分が経験のある業界の求人に応募する

自社開発企業に受からない場合は、自分が経験のある業界の自社開発企業の求人に応募するのもおすすめ。

自分がシステム開発したことのある業界の自社開発求人に応募すれば、面接で受かる可能性が高まります。

☑自分が経験のある業界の自社開発企業に応募

  • 流通業界の在庫管理システムの開発経験⇒流通業界専門の自社開発企業の求人
  • 医療系システムの開発経験⇒病院などの社内SE求人
  • 建築業界向けシステムの開発経験⇒建築業界向け自社システムを持つ自社開発企業に転職

上記のように建築業界向けのシステムを開発したことがあるエンジニアは、建築業界向けの自社システムを持っている自社開発企業に応募する。など自分が開発経験のある求人に応募すれば受かる確率がUPします。

現在自社開発に受かっていないエンジニアでも、自社開発企業から内定を獲得できるでしょう。

求人数の多い転職サイトで自分の開発経験のある業界の自社開発求人をチェックしてみましょう。

  • doda…実績No.1の転職サイト。求人数が約24万件以上と豊富。
  • ウズカレITITエンジニアに特化した求人が豊富。就業サポート付き。

レベルの高い資格やITスキルを身につける

自社開発企業に受からない場合は、レベルの高い資格やITスキルを身につけましょう

自社開発企業に受からない原因が、ITスキルの低さや知識不足の場合は、資格取得や勉強するのがおすすめです。

特に高難易度の資格の取得がおすすめ。高レベルの資格を取れれば、客観的なIT知識の高さを証明できるので、転職で有利になります。※いわばエンジニアのパスポートのようなもの。

自社開発企業に受かりやすいおすすめの資格の例は下記の通りです。

☑自社開発企業に受かりやすい資格

  • 応用情報技術者試験
  • ネットワークスペシャリスト
  • プロジェクトマネージャ試験

上記のようなレベルの高い資格を取得できれば、競争率の高い自社開発企業にも受かりやすくなるでしょう。書類選考に通る可能性がグッと高まるので、自社開発企業に受かりたいエンジニアは高難易度の資格を取ってください。

特にネットワークスペシャリストの資格を取得すれば、社内SEや情シス求人で受かりやすくおすすめ。SESから脱出したい方におすすめの資格なので、ネットワークスペシャリストの資格を検討してみて下さい。

自社開発企業に受からない人の特徴

この章では自社開発企業に受からない人の特徴をご紹介します。

この記事を見ている皆さんの中に「自社開発企業に受からない」「SESしか内定が出ない」と悩んでいる人も多いはず。そんな方向けに、自社開発企業に受からない人の特徴は何か?その特徴を深堀りし、解説していきます。

自社開発企業に受からない人の特徴
  1. 実務経験がない未経験エンジニア
  2. 開発の経験が少ないエンジニア
  3. 闇雲にエンジニア求人に応募している

自分と重なる特徴があれば、自社開発に受かるために改善していきましょう

参考記事:【難しいけど可能】SESから社内SE・情シスに転職する方法とは?

筆者

SESから社内SEに転職する方法を解説しています。
SES企業を回避したい方は参考にしてみて下さい。

実務経験がない未経験エンジニア

実務経験がない未経験エンジニアは、自社開発企業にはなかなか受からないです。

自社開発企業や社内SEの求人は、とても人気で就職倍率がかなり高いと言われています。

実際に調査結果で下記のように

☑就職倍率
自社開発:200〜300倍
SES:約50倍

と就職倍率が出ています。

自社開発企業は人気で競争率が高いため、未経験のエンジニアでは就職がかなり難しいです。IT業界経験3年以上で、実務経験をしっかり積んでいるエンジニアでないと、自社開発企業には受からないでしょう。

未経験のエンジニアや実務経験の浅いエンジニアが、自社開発企業への転職を試みても失敗するだけ。SES企業やIT派遣企業でしっかりエンジニア経験を積んでから、自社開発企業に転職するのがおすすめです。

参考記事:IT経験が浅いエンジニアは転職できる?失敗しない転職方法を解説。【1年目でもOK】

筆者

IT未経験のエンジニア向けに転職方法を解説しています。
転職で失敗したくないエンジニアは参考にしてみて下さい。

開発の経験が少ないエンジニア

開発の経験が少ないエンジニアも自社開発企業に受からないでしょう。

自社開発企業での勤務は基本的に、自社システムや自社サービスの開発に携わるため、システム開発のスキルがかなり求められます。そのため開発経験の少ないエンジニアは、自社開発企業に受かりにくいです。

☑自社開発企業は高い開発スキルが必要

  • 自社システムを開発できる開発経験が求められる。
  • 1つのプログラミング言語に特化した専門性が求められる。

自社開発企業では開発スキルが必須のため、テストばかりやっているエンジニアは受かりません。SES企業やITアウトソーシング企業と比べて、開発スキルを求められるので注意して下さい。

年数的には5年以上、最低3年以上は開発経験を積んでおくと、自社開発企業に受かることができるでしょう。そのため自社開発企業に転職したいエンジニアは、開発スキルをしっかり磨いてください。

下記の記事で、エンジニアにおすすめの実務経験の積み方を紹介しています。開発経験を積めていないSEは自社開発企業に受かるために参考にしてみて下さい。

参考記事:エンジニアにおすすめの実務経験の積み方【実務経験になるラインとは?】

闇雲にエンジニア求人に応募している

闇雲にエンジニア求人に応募している人も、自社開発企業に受からないでしょう。

数うちゃ当たる戦法で、エンジニア求人に応募しまくっても、自社開発企業に受かりません。世の中のIT企業の9割がSES企業と言われており、闇雲に応募してもSES企業の求人に応募してしまうからです。

☑闇雲にエンジニア求人に応募するデメリット

  • エンジニア求人の多くがSES企業だから、SESの求人に引っ掛かりやすい
  • シンプルに時間の無駄
  • 面接に疲れてしまい、「SES企業で良いや」と妥協してしまう。

闇雲に求人に応募しても大量にあるSES企業に引っ掛かるだけ。結果的に一つの企業にかける時間が減り、面接対策が疎かになってしまいます

自社開発企業に受かるために、闇雲にエンジニア求人に応募するのではなく、自社開発求人に絞って応募し、しっかり一社ずつ丁寧に対策を打つようにして下さい。就職難易度の高い企業は、徹底的に自己分析や企業研究をしないと受からないので。

自社開発企業の求人に絞って応募したい方は、自社開発専門の転職サイトを利用しましょう。

自社開発企業に特化した転職サイトはこちら

SESから自社開発に転職するための秘訣

この章ではSESから自社開発に転職するための秘訣をご紹介します。

客先常駐の多いSES企業から自社開発企業に転職するために、やって欲しい施策やコツなどを解説します。

SESから自社開発に転職するための秘訣
  1. キャリア戦略をしっかり立てておく
  2. SES企業の見分け方を勉強しておく
  3. 高難易度の資格を取得しておく

SESから自社開発に転職するためのコツを知り、自社開発への転職を成功させましょう。

参考記事:SESから自社開発企業に転職する方法とは?【面接落ちた時の対処法】

筆者

SESから自社開発企業に転職する方法を紹介しています。
SES企業から脱出したいエンジニアは参考にしてみて下さい。

キャリア戦略をしっかり立てておく

SESから自社開発企業に転職したい方は、自社開発に受かるためのキャリア戦略をしっかり立てましょう

自社開発企業は就職倍率が高いため、ただ漫然と転職活動していても受からないです。自社開発企業に受かるために、日々勉強に励み転職タイミングなどの戦略を立てることが大切です。

☑転職のキャリア戦略の例

  1. 未経験から就職しやすいSES企業に就職
  2. SES企業で開発経験を3年ほど積む
  3. 一つのプログラミングスキルに特化して勉強。専門性を身に付ける。
  4. 特化したプログラミングスキルを活かせる自社開発企業へ転職

上記のように自社開発企業に受かるためのキャリアパスを考えておきましょう。キャリアプランを考えておくことで、自分のすべきことが見え最短距離で自社開発企業に転職できます

SESを踏み台としたキャリア戦略についても解説しています。SESから自社開発企業へのキャリアパスを紹介しているので、興味あるエンジニアは参考にしてみて下さい。

参考記事:SESを踏み台としたキャリア戦略とは?自社開発などへのキャリアアップ方法を解説

SES企業の見分け方を勉強しておく

SES企業の見分け方を勉強しておくことも、SESから自社開発に転職するために大切です。

SES企業の特徴を知り、求人がSES企業か否か見分けられるようになれば、SES企業を回避できます。自社開発企業に転職できる可能性が高まるため、SES企業の特徴を勉強し見分けられるようにしておきましょう。

☑客先常駐をしているSES企業の特徴

  1. 求人に「未経験大歓迎」「未経験から成長」と記載されている
  2. 求人の勤務地があいまい(勤務地:渋谷周辺、東京近郊、東京など)
  3. 従業員が多い割にオフィスが狭い
  4. 自社製品・自社サービスがないIT企業

上記のSES企業の特徴を理解しておきましょう。

SES企業の特徴を把握していないと、間違ってSES企業に転職してしまいます。SES企業を見分けられないと当然ですが、自社開発に受からないため注意して下さい。

SES企業の見分け方について、こちらの記事で詳しく解説しています。SES企業を回避したいエンジニアは参考にしてみて下さい。

参考記事:SESじゃない企業に就職する方法とは?【新卒・未経験は注意】

高難易度の資格を取得しておく

SESから自社開発企業に転職したい方は、高難易度の資格を取得しましょう

自社開発企業に受からない原因が、ITスキルの低さや知識の不足場合は、資格取得をするのがおすすめです。

特に高難易度の資格の取得がおすすめ。高レベルの資格を取れれば、客観的なIT知識の高さを証明できるので、転職で有利になります。

☑高難易度の資格の例

  • 応用情報技術者試験
  • ネットワークスペシャリスト
  • プロジェクトマネージャ試験

上記のような資格が自社開発企業への転職でおすすめです。IPAが主催する高度情報処理技術者試験などに合格できると、転職活動時を優位に進められるでしょう。

まとめ:自社開発企業に受からない時の3つの対処法|厳しい

以上で、自社開発企業に受からない時の3つの対処法の解説を終了します。

下記この記事のまとめです。

☑自社開発企業に受からない時の対処法

  1. 自社開発特化の転職サイトを利用する
  2. 自分が経験のある業界の求人に応募する
  3. レベルの高い資格やITスキルを身につける

自社開発企業に受からない時は、自身の開発経験のある業界の求人に応募したり、レベルの高い資格取得をしたり、ITスキルを高めたりしましょう。

一番即効性が高く自社開発企業に受かる方法は、自社開発特化の転職エージェントを利用すること。自社開発特化の転職エージェントを利用すれば、紹介求人が自社開発企業だけなので、安心して求人に応募できるのでおすすめです。

自社開発エージェントに興味がある方は下記を参考にしてみてください。

自社開発特化の転職エージェントはこちら

☑自社開発企業に受からない人の特徴

  1. ITスキルが低い・実務経験が乏しい
  2. 闇雲にエンジニア求人に応募している
  3. プライベートでアプリ開発・プログラミング副業しておらず実績がない

自社開発企業に受からないエンジニアの特徴として、ITスキルや実務経験が乏しいこと闇雲にエンジニア求人に応募していることが挙げられます。

またプライベートでプログラミング副業をしておらず、開発スキルがないことも原因の一つ。自社開発企業に受からない人は、適切に開発経験を積んで開発スキルを高めるようにしましょう。

☑SESから自社開発に転職するための秘訣

  1. キャリア戦略をしっかり立てておく
  2. SES企業の見分け方を勉強しておく
  3. 高難易度の資格を取得しておく

SESから自社開発に転職するため、キャリア戦略をしっかり立てておくのがおすすめです。またSES企業の求人には特徴があるためその特徴を知り、SES企業を見分けられるようにしておきましょう。そうすれば自社開発企業に転職できる確率がアップするはずですから。

筆者

SES企業での勤務経験から
「自社開発企業の見分け方」
「自社開発とSESはどっちがおすすめ?」
なども解説しています。

興味がある方は是非ご覧ください。

参考記事:【超ホワイト】自社開発企業の探し方|見分け方とは?【エンジニア転職】

参考記事:自社開発と客先常駐(SES)どっちがおすすめ?メリット・デメリットを紹介【違いとは?】

転職SES,客先常駐,自社開発,転職

Posted by 9noike