【行き詰まり】40代エンジニアが生き残るためのキャリア戦略【ついていけない時】

転職

本ページはプロモーションが含まれています

この記事では40代エンジニアが生き残るためのキャリア戦略を解説します。

現在、40代のエンジニアや行き詰まっているSEの中に

エンジニア

40代のエンジニアが生き残るためにどうすればいい?
会社で出世できず正直行き詰まっている。
40代エンジニアのキャリアプランを知りたい。

と悩んでいる人も多いはず。

この記事ではそんな方に向けに40代エンジニアが生き残るためのキャリア戦略をご紹介します。

今回紹介する項目は下記の通り。

上記項目について理解し、40代エンジニアの生き残り戦略を知り、自身のキャリア形成の成功に向けて行動しましょう。

【記事の目標】エンジニアのおすすめキャリアチェンジ先を知り、キャリアチェンジに向けて行動する
筆者

IT業界からキャリアチェンジした筆者が紹介。
転職した経験や悩んだことを基に解説していきます。

参考として「SEを辞めたい40代向けのおすすめ転職方法」を解説しています。合わせてご確認ください。

参考記事:SEを辞めたい40代は異業種転職できる?年収を下げずに転職する方法を解説

40代エンジニアが生き残るためのキャリア戦略

この章では40代エンジニアが生き残るためのキャリア戦略をご紹介します。

エンジニアとして40代以降に活躍して生き残るためには、自分が会社内あるいはIT業界内でどのようなキャリアを築くか考えておくことが大切です。生き残るためのキャリア戦略を立て、実行に移していきましょう。

40代エンジニアが生き残るためのキャリア戦略
  1. プロジェクトマネージャーやリーダー経験を積みマネジメント職へ。
  2. 1つのITスキルに特化した○○エンジニアを目標にする
  3. IT営業・ITコンサルなどの別職種へ、キャリアを伸ばすのも一つの手

自分に合ったキャリア戦略があれば、試してみて下さい。

参考記事:【エンジニア向け】自分に合った転職サイトを選ぼう!用途に合わせたおすすめ転職サイトを紹介!

筆者

あなたの目的に合わせた転職サイトを紹介しています。
転職を検討しているエンジニアは参考にしてみて下さい。

プロジェクトマネージャー・リーダー経験を積みマネジメント職へ。

画像に alt 属性が指定されていません。ファイル名: 28377701_s-1-1.jpg

一番無難なキャリアプランはプロジェクトマネージャー・リーダー経験を積んで、マネジメント職へステップアップすることです。

システム開発をこなしていけば、20代後半から30代のうちにプロジェクトマネージャーを任されるようになります。そのプロジェクトマネージャーの依頼を断らずに受け、それを無難にこなせればマネジメントスキルを身に付けられ、40代で課長や部長に昇格できるでしょう。

プロジェクトリーダーを任されその案件が成功
⇒活躍が評価され主任に
⇒プロジェクトマネージャーの案件に携わるようになる
⇒課長や部長などのマネジメント職に抜擢

リーダー案件は出世への大きな足掛かりになりやすいので、マネジメント職へキャリアを考えている方は、積極的に受けていきましょう。

逆にマネジメントが苦手な30代40代のエンジニアは、一つのスキルに特化したスペシャリストを目指すのがおすすめです。

1つのITスキルに特化した○○エンジニアを目標にする

40代エンジニアが自分のポジションを確立し生き残るためには、一つのITスキルに特化したスペシャリストになることです。

1つのスキルに特化した○○エンジニアになることができれば、会社内でのキャリアを確立できるでしょう。

  • 人工知能エンジニア
  • データ分析エンジニア
  • Pythonエンジニア
  • AWSスペシャリスト

などその分野のスペシャリストになれば、会社内で重宝されるはず。

実際一つの分野に特化してスキルを身につけられれば、そのスキルを扱う案件が来た時に、リーダーとして案件に携われやすいです。リーダー経験も積むことができ、生き残れる確率がグッと上がるはず。

人工知能エンジニアやデータ分析エンジニアのように、一つのスキルに特化できれば年収も上がりやすくなるので、メリットも多いです。転職でも採用されやすくなるので、IT業界内全体での生き残り確率も上がるでしょう。

IT営業・ITコンサルなどの別職種へ、キャリアを伸ばすのも一つの手

40代になって「SEに向いていない」「SEを続けられない」とエンジニアとして行き詰まっているSEもいるはず。

そのような行き詰まりエンジニアは、IT営業・ITコンサルなどのIT業界内の別職種にキャリアチェンジするのがおすすめです。

IT営業やITコンサルなどのIT業界内のキャリアチェンジであれば、エンジニア時代の経験を活かしやすく、年収も下がりにくいです。また、転職活動でも完全未経験業種よりは内定を獲得しやすく、転職にも成功しやすいです。

  • IT営業
  • ITコンサル
  • IT事務

などIT業界内でエンジニアではない職種にキャリアチェンジをすれば、IT業界で生き残りやすいでしょう。

「エンジニアに向いていない」「プログラミングができない」と40代で行き詰まっているエンジニアは、IT業界内の別職種へキャリアを伸ばしていきましょう。

IT営業やITコンサルに特化した珍しい転職サイトもあるので、利用してみましょう。

ITコンサル・IT営業系の転職サイト

MyVision
【公式サイト】MyVision
IT系人材のコンサル転職に強い転職サイト。「経験」 と「将来のキャリアビジョン」に基づいた最適な求人を紹介。

MARSCAREER(マーズキャリア)
【公式サイト】MARSCAREER(マーズキャリア)
営業職への転職に強い転職サイト。最大5回の面接対策を行い、高い内定率を実現!平均80万円以上年収UPの実績。

40代の行き詰まっている生き残れないエンジニアの特徴

この章では40代の行き詰まっている生き残れないエンジニアの特徴を解説します。

40代50代で仕事もできず、出世もできず、行き詰まっているエンジニアは皆さんのIT企業にもいるはずです。このような行き詰まりエンジニアは、40代後半でリストラされたり、クビにされたり、社会で生き残れません。

ここではリストラを食らうような生き残れないエンジニアの特徴を紹介していきます。

40代の行き詰まっている生き残れないエンジニアの特徴
  1. 40代になってプロジェクトマネージャー、リーダー経験が無いSE
  2. 将来のキャリア設計が無く、ただ漠然と仕事や勉強している
  3. 会社内の出世競争に取り残されている。後輩に顎で使われている

40代の生き残れないエンジニアの特徴に当てはまっていないか確認してみましょう。

参考:行き詰まっている40代エンジニア向けのキャリアパス

筆者

仕事ができず行き詰まっているエンジニアは最悪リストラになることも。。

40代になってプロジェクトマネージャー、リーダー経験が無いSE

40代になってプロジェクトマネージャー、リーダー経験が無いSEは生き残れない可能性が高いです。

20代30代前半の若い頃は、開発やテスターなどの下流工程で開発スキルを身に付けるのでいいですが、年齢を重ねれば重ねるほど、マネジメントスキルが求められるようになります。

マネジメントスキルが無く、マネージャー経験のない40代SEは

エンジニア

あの先輩、40代になってテスター案件やってるよ(笑)
40代にもなって平社員ってヤバいよね。
早く会社辞めてくれないかな。

と馬鹿にされることもあります。

40代になっていつまでもテスターやプログラマーなどの下流工程の業務をしているエンジニアは、生き残りづらくリストラされやすいので注意してください。給料だけが上がり、テスターや開発しかできないSEは正直会社のお荷物でしかないので。

将来のキャリア設計が無く、ただ漠然と仕事や勉強している

将来のキャリア設計が無く、ただ漠然と仕事や勉強しているエンジニアは40代で生き残りにくいでしょう。

自分がどんなエンジニアになりたいのか。を考えながら資格取得や業務をこなさないとかなり危険です。

  • 資格を取得しているが、2級・3級とどれも中途半端で使い物にならない。
  • 強みになるスキルが無く、どの技術が得意か分からず、リーダーを任せられない。
  • 職務経験がテスターや運用保守ばかりで、単価だけが高く、寄生虫のような存在。

などキャリアプランを立て、それに沿って行動しないと、IT企業では出世できません。

自分がどうなりたいかを考え案件選定や勉強しないと、強みに欠けるエンジニアになりやすく、リーダーを任されにくくなります。

結果、重要なポジションや管理職を任されず、40代になっても平社員のまま。という悲惨な末路を辿ってしまいます。

参考記事:【勉強8時間】エンジニアの休日の過ごし方【一般企業勤め】

会社内の出世競争に取り残されている。

会社内の出世競争で敗北し、ずっと平社員の40代エンジニアは生き残りにくいでしょう。

出世もろくにできず給料だけ上がってしまうと、最悪の場合リストラやクビになってしまいます。会社としても経験年数だけが長い、何のスキルも無い40代エンジニアはお荷物でしかないため、リストラ候補になりやすいです。

そのため永遠に運用保守やテスター案件ばかりしている、出世できない40代SEは会社で生き残れず、さらにスキルが無いと転職もできないため、社会でも生き残れない。という悲惨な末路を辿ってしまいます。

会社で出世できず、行き詰まっている40代エンジニアはリストラにならないように、今からスキルアップや勉強を行っていきましょう。

参考記事:自分に合ったプログラミングスクールを選ぼう

参考記事:【勉強8時間】エンジニアの休日の過ごし方【一般企業勤め】

筆者

・スキルアップするためのプログラミングスクール
・休日の勉強方法
について解説しています。
行き詰まりから抜け出したいSEは参考にしてみてください。

行き詰まっている40代エンジニア向けのキャリアパス

この章では行き詰まっている40代エンジニア向けのキャリアパスを解説します。

「出世ができずにずっと平社員」「管理職になれずこき使われている」と会社で行き詰まっているエンジニア向けに、キャリアパスの形成方法をご紹介します。

行き詰まっている40代エンジニア向けのキャリアパス
  1. 会社内での出世を諦め、転職によるキャリアアップを目指す
  2. ITコンサル・IT営業などIT業界内の別職種で生き残りを目指す。
  3. 同じ会社内で人事部や総務部などのコーポレート職へ異動する。
  4. いっそのこと異業種にキャリアチェンジしてみる。

自分に合ったキャリア形成方法があれば試してみて下さい。

参考記事:【実体験】ITエンジニアからキャリアチェンジ。おすすめの転職先やキャリアプランを解説!

筆者

ITエンジニアにおすすめのキャリアプランを解説しています。
キャリア戦略の参考にしてみて下さい。

会社内での出世を諦め、転職によるキャリアアップを目指す

画像に alt 属性が指定されていません。ファイル名: engineer-Experiences-5.jpg

会社で出世できずに行き詰っているエンジニアは、会社内での出世を諦め転職によるキャリアアップを目指すのがおすすめです。

会社で出世できない要因は色々あります。

  • 40代以上の社員が多すぎて、管理職のポジションが空かない。
  • 50代以上の社員が定年退職しないから
  • シンプルなスキル不足

など多くの要因があるでしょう。

これらの中で出世できない原因が「40代以上の社員が多すぎて管理職のポジションが空かない」場合は転職を検討しましょう。課長や部長などのポストが空かないと当然ですが出世はできないから。上が詰まっている場合は転職した方が管理職ポジションに就けやすいです。

転職求人の中には「マネージャー候補募集」「プロジェクトマネージャー急募」などポジションによる募集なども結構多いです。これらの管理職求人に応募し採用されれば、転職でキャリアアップできます。

会社で出世して管理職ポジションに就くより、転職して管理職ポジションにつくのが簡単な場合もあるので、出世で行き詰っているエンジニアは、転職を検討してみましょう。

エンジニアの出世転職に強い転職サイトもあるので、積極的に利用していきましょう。

出世転職に強い転職サイト

TechClipsエージェント
【公式サイト】TechClipsエージェント
取扱求人が500万円以上のみだから、確実に年収UPできる転職サイト!エンジニア求人も豊富で選び放題。

@PRO人
【公式サイト】@PRO人】
キャリア面談付きだから自分の悩みを相談でき、自分のなりたいエンジニアになれる。無料転職サポート付。

キッカケエージェント
【公式サイト】キッカケエージェント
自社開発企業に行きたい。マネジメント層にランクアップしたい。などの希望が叶う転職サイト。強いエンジニアのキャリアパスの求人が豊富。

ITコンサル・IT営業などIT業界内の別職種で生き残りを目指す。

「そもそもエンジニアに向いていない」「SEを続けられる才能が無い」と悩む40代エンジニアにはITコンサルやIT営業がおすすめです。IT業界内の別職種で生き残りを目指すのも良いでしょう。

40代からのキャリアチェンジや異業種への転職はどうしても年収が下がってしまったり、役職降格してしまうもの。給料が減り家族に負担をかけたり、役職が下がったりしてしまいやすいです。

ですがIT業界内の職種チェンジは年収が下がりにくいです。ITコンサルやIT営業などへ職種変更しても、エンジニアの業務で培った知識やスキルをフルに活かしやすいから。

ITコンサルやIT営業の方の多くは元エンジニア。キャリアチェンジもしやすいので、エンジニアとして行き詰まりを感じているエンジニアは、IT営業やITコンサルにチャレンジしてみましょう。

IT営業やITコンサルに特化した転職サイトはこちら

同じ会社内で人事部や総務部などのコーポレート職へ異動する。

エンジニアに向いていないと感じているSEは、同じ会社内の人事部や総務部などのコーポレート職へ異動することもおすすめです。

「エンジニアから足を洗いたい。でも転職するのは怖い」というエンジニアは、同じ会社の人事部や総務部などに異動しましょう。そうすればエンジニア職から離れられ、尚且つ会社を退職する必要が無いので失敗しにくいです。

部門異動であれば、履歴書上は会社を辞めたことにはならないので、経歴に傷がつきにくくおすすめ。

実際に筆者の会社でもエンジニア職に向いておらず、人事部へ異動した先輩がいました。

その先輩は「エンジニア辞めたい」「エンジニアとして生き残れない」と感じていたそうですが、上司にお願いしたら人事部へ異動できたそう。エンジニアからキャリアチェンジして人事になって良かった。と語っていました。

このように行き詰っているエンジニアがいれば、同じ会社内の「営業部」「人事部」「総務部」などの別職種の部署にへの異動を検討してみましょう。エンジニアの能力が無く生き残れない人でも、部署異動すれば才能を開花できる可能性があるので。

いっそのこと異業種にキャリアチェンジしてみる。

「エンジニア辞めたい」「エンジニアを続けられない」と悩んでいる40代SEは、いっそのこと異業種にチャレンジしてみることもおすすめです。

40代からの異業種転職は当然年収が下がってしまいますが、辛い状態で働き続けリストラやクビになって生き残れない方がまずいです。リストラやクビになる前に、自分に向いている職業を目指してキャリアチェンジするのも一つの手でしょう。

40代向けの異業種転職の方法を解説しているので、どうしてもSEを辞めたい人は参考にしてみて下さい。

参考記事:SEを辞めたい40代は異業種転職できる?年収を下げずに転職する方法を解説

筆者

40代でエンジニアを辞めたい人向けに
おすすめの異業種を紹介しています。

まとめ:行き詰まり40代エンジニアが生き残るためのキャリア戦略

以上で、行き詰まり40代エンジニアが生き残るためのキャリア戦略の解説は終了です。

以下、この記事のまとめです。

40代エンジニアが生き残るためのキャリア戦略

  1. プロジェクトマネージャーやリーダー経験を積みマネジメント職へ。
  2. 1つのITスキルに特化した○○エンジニアを目標にする
  3. IT営業・ITコンサルなどの別職種へ、キャリアを伸ばすのも一つの手

「プログラマー35歳定年説」などの言葉があるように、IT業界では35歳以降働いていくのが難しくなります。そのため40代以降のエンジニアは、しっかり自身のキャリアを考え生き残る必要があります。

課長や部長などのマネジメント職になったり、1つのITスキルに特化したスペシャリストエンジニアになったり、ITコンサルを目指したり。自分のキャリアをしっかり考え、勉強していきましょう。

40代の行き詰まっている生き残れないエンジニアの特徴

  1. 40代になってプロジェクトマネージャー、リーダー経験が無いSE
  2. 将来のキャリアパスが無く、ただ漠然と仕事や勉強している
  3. 会社内の出世競争に取り残されている。後輩に顎で使われている

40代で行き詰って、生き残れないエンジニアには共通した特徴があります。自分が将来性の無い悲惨なエンジニアにならないように注意してください。

行き詰まっている40代エンジニア向けのキャリアパス

  1. 会社内での出世を諦め、転職によるキャリアアップを目指す
  2. ITコンサル・IT営業などIT業界内の別職種で生き残りを目指す。
  3. 同じ会社内で人事部や総務部などのコーポレート職へ異動する。
  4. いっそのこと異業種にキャリアチェンジしてみる。

出世できずに行き詰っているエンジニアは、生き残るために工夫が必要です。リストラやクビを回避するために、キャリア戦略をしっかりと立て、行動することで行き詰まりを解消しましょう。

40代エンジニアの行き詰まりの解消法はこちら

筆者

「エンジニアを辞めた後のジョブチェンジ先」
掲載しているので興味ある方はご覧ください。

こちらの記事も合わせて参考にしてみて下さい。

参考記事:【SE辞めたい人へ】エンジニアを辞めた後のおすすめジョブチェンジ先とは?

転職体験談,転職

Posted by 9noike