テストエンジニアから開発職へ転職する方法を解説!【テスターからプログラマーへ】

転職

本ページはプロモーションが含まれています

この記事ではテストエンジニアやテスターからプログラマーなどの開発職へ転職する方法を解説します。

現在テストエンジニアやテスターとして勤務している人の中に

テスターから開発職に転職ってできるの?
テストエンジニアの業務がきついから辞めたい。
テスターから開発プログラマーに転職したい。

と悩んでいる方も多いはず。

今回はそんな方に向けて、テストエンジニアやテスターからプログラマーなどの開発職へ転職する方法をご紹介します。

今回紹介する内容はこちら。

この記事を見て、テスターからプログラマーなどの開発職に転職する方法を知り、開発職への転職を成功させましょう

【この記事の目標】テスターからプログラマーなどの開発職に転職する方法を知り、開発職への転職を成功させる
筆者

SES企業でテスター案件をさせられていた筆者
自身の経験をもとに解説していきます。

開発職へ転職したいテストエンジニア向けに「あなたの属性に合った転職サイトを紹介しています。ご参考にどうぞ。

参考記事:【エンジニア向け】自分に合った転職サイトを選ぼう!用途に合わせたおすすめ転職サイトを紹介!

テストエンジニア・テスターから開発職へ転職する方法

この章ではテストエンジニアやテスターから開発職へ転職する方法を解説します。

テストエンジニアやテスターは下流工程のテスト業務しかしないため、スキルが低くなりがちで、開発職へ転職するのが難しいです。ですが転職の方法を間違えなければ、確実にテスターからシステム開発のできるIT企業に転職できます。今回は開発職へ転職するための方法について紹介します。

テストエンジニア・テスターから開発職へ転職する方法
  1. SES企業はテスター案件に配属される可能性があるので避ける
  2. 必ず自社開発企業に転職する
  3. 転職エージェントに相談し内定率を上げる

自分に合った転職方法があれば試してみて下さい。

参考記事:優良なホワイトIT企業の見分け方|選び方とは?【ブラック企業の特徴を解説】

筆者

優良なホワイトIT企業の特徴も解説しています。
合わせてどうぞ。

SES企業はテスター案件に配属される可能性があるので避ける

SES企業はテスター案件に配属される可能性があるので避けた方が良いでしょう。

開発したいと思っていても、SES企業に転職すると案件次第でテスターをやらされる可能性があります。SES企業はプロジェクトや案件次第で、作業内容が変わりとても危険です。

もしテストエンジニアから悪質なSES企業に転職してしまうと

  1. テスター案件しか経験がないため、アサインされるプロジェクトがテストばかり。
  2. テストエンジニアなのでアサインできる案件がテスター案件しかない。
  3. いつまで経ってもテスト案件ばかりで、開発や上流工程の案件にアサインされない。

とテスト案件ばかりやらされる可能性があります。

そのためエンジニアやプログラマーに転職して、開発をやりたいのであれば、必ずSES企業を避けるようにしましょう。客先常駐や派遣の無いIT企業に転職し、なるべく案件ガチャが発生しないようにしてください。

SESではないIT企業に転職する方法を解説しています。ご参考にどうぞ。

参考記事:SESじゃない企業に就職する方法とは?【新卒・未経験は注意】

筆者

SESじゃないIT企業に転職する方法を解説しています。
SES企業はテスター案件に配属される可能性があるので避けましょう。

必ず自社開発企業に転職する

出典「クラウドリンク」

開発をしたいテストエンジニアやテスターは必ず自社開発企業に転職するようにしましょう。

SES企業やIT派遣企業に転職してしまうと案件ガチャによって、テスター案件ばかりやらされてしまう可能性があるからです。

逆に自社開発企業や社内SEとして転職できれば、自社で開発できる可能性が高まります。

特に

  • 自社システムや自社サービスの開発に携われる
  • 自社開発企業は1次請け、プライム案件がほとんどで、テストや運用保守案件が少ない
  • 上流工程から下流工程まで幅広くシステム開発を経験できる

などシステム開発に携われる可能性がグッと上がるため、可能であれば自社開発企業に転職しましょう。

下記、自社開発企業や社内SE特化の転職サイトです。SES企業を回避したい方は、利用してみてください。

社内SE・自社開発特化の転職サイト

社内SE転職ナビ
【公式サイト】社内SE転職ナビ
SEGAやDeNAなどの大手企業の社内SE求人も多数。※土曜祝日の面談もOK

クラウドリンク
【公式サイト】クラウドリンク
100%自社内開発に転職可能!無料登録、30秒で転職スタートOK。

TechClipsエージェント
【公式サイト】TechClipsエージェント
求人は自社サービスを持つ事業会社に特化!取扱求人は500万円以上のみ。確実に年収UPできる。

転職エージェントに相談し内定率を上げる

テストエンジニアやテスターから開発職になりたい方は、転職エージェントを活用し内定率を上げましょう

転職エージェントは内定をGETするためのサポートが充実しています。

☑転職エージェントの転職サポート

  1. 志望動機・自己分析のヒアリング
  2. システム開発企業の非公開求人を紹介
  3. 転職前の面談
  4. 履歴書添削・面接対策などの内定率アップサポート

など多くの転職サポートを受けられます。

多くの転職サポートを受けられるため、スキルが低くなりがちなテストエンジニアやテスターでも転職の成功率を高められます

利用料無料の転職エージェントも多いので、お試しで利用してみるのもおすすめです。

下記無料相談できる転職エージェントなので、テスターからの転職で不安な方は気軽に聞いてみましょう。

無料相談できる転職エージェント

ウズカレIT
【公式サイト】ウズカレIT
ブラック企業を徹底排除!定着率は93%以上と理想の企業に出会える。※未経験向け

TechClipsエージェント
【公式サイト】TechClipsエージェント
求人は自社サービスを持つ事業会社に特化!取扱求人は500万円以上のみ。確実に年収UPできる。

@PRO人
【公式サイト】@PRO人】
未経験から内定10社獲得の実績!キャリア面談付きで自分のなりたいエンジニアになれる。

テストエンジニアやテスターから開発職に転職する際の注意点

この章ではテストエンジニアやテスターから開発職に転職する際の注意点を解説します。

テストエンジニアは下流工程のテスト業務ばかりするので、転職時にテスター経験が評価されない場合がほとんど。そのため開発職に転職したいけど、中々転職先が決まらない。と言うことも多々発生します。

「テストエンジニアから開発職に転職できない」と悲惨な末路を辿らないように、開発職に転職する際の注意点をご紹介します。

テストエンジニアやテスターから開発職に転職する際の注意点
  1. 開発したいプログラミング言語を決めておく。
  2. プログラマー志望の人はプログラミングスキルを磨く
  3. 適正年収を把握しておく

テストエンジニアやテスターから開発職に転職する際は、上記の点を注意しておきましょう。

参考記事:【底辺】テストエンジニアはやめとけ。と言われる理由【きつい業務ばかり】

開発したいプログラミング言語を決めておく。

テストエンジニアやテスターからプログラマーなどの開発職に転職したい方は、開発したいプログラミング言語を決めておきましょう

扱うプログラミング言語によって開発するシステムが変わってくるからです。

プログラミング言語ごとに

  • C#⇒ゲーム開発、VR
  • HTML,CSS⇒Webサイト
  • Python⇒Webアプリ、人工知能、データ分析

など開発できるシステムが大きく変わってきます。

そのため自分がどのシステムを開発したいか、どのプログラミング言語を学びたいか。を決めておかないとキャリアアップに失敗するので、まずは扱いたいプログラミング言語を決めておくようにしましょう。

プログラマー志望の人はプログラミングスキルを磨く

プログラマーになって開発案件に携わりたい人はプログラミングスキルを磨いておきましょう

当たり前の話ですが、プログラマーになるためにはプログラミングスキルは必須です。

テストエンジニアやテスターはプログラミングができなくても、業務をこなせます。しかしプログラマーはそうはいきません。プログラミングスキルが無いと開発できず、お話にならないので、必ずプログラミングスキルは持っておきましょう。

テストエンジニアやテスターにおすすめプログラミング言語は

  • JavaScript…求人の数が多く、開発職として転職しやすい
  • Python…Pythonスキルがあるだけで引く手あまたで転職に有利
  • HTML.CSS…WEBサイトの構築に用いられ、求人の数が多い。

などは開発に使えるおすすめのプログラミング言語です。

プログラミングができない方向けに対処法も解説しているので、プログラミングが苦手なテストエンジニアは参考にしてみて下さい。

参考記事:「プログラミングできないから辞めたい」辛い時の対処法を紹介。

適正年収を把握しておく

出典「ミイダス」
出典「転職ドラフト」

テストエンジニアやテスターから転職を検討している方は、一度「自分の市場価値」を算出しておきましょう。自分のスキルや経験を客観的に把握しておかないと、年収の低い企業に転職してしまう可能性があるからです。

自分のスキルを年収に置き換えるとどれくらいの年収になるのか?自分の職務経歴は年収にするとどれくらいになるのか?を把握しておけば、自分のレベルにマッチした企業を探せます。テストエンジニア・テスターから転職する前に自分の市場価値を算出しておきましょう。

適性年収をチェックできるサイトミイダス 」や「転職ドラフト 」で適正年収をチェックし、自身のスキルを客観視しておきましょう。

筆者

上記画像はエンジニアの筆者が年収診断したもの
自分の市場価値を確認できるので転職活動で役立ちます。

適正年収を診断できるサイト

転職ドラフト
【公式サイト転職ドラフト
簡単30秒で年収診断できる!

ミイダス
【公式サイト】ミイダス
質問に答えるだけで、ざっくりあなたの年収を査定!

テストエンジニアやテスターから開発プログラマに転職するためにすべきこと

この章ではテストエンジニアやテスターから、開発プログラマに転職するためにすべきことを解説します。

経験が浅くスキルが身についていないテスターが、内定率をアップさせたり、年収を上げるためにすべきことをご紹介します。

開発プログラマに転職するためにすべきこと
  1. プログラミング副業をして開発経験を積む
  2. 転職後のキャリアパスを考えておく

難しいテスターからの開発職への転職を成功させるために、行動&学習をしていきましょう。

プログラミング副業をして開発経験を積む

テストエンジニア・テスターから開発職やプログラマーに転職したい場合は、プログラミング副業を行い、開発経験を積んでおきましょう

テストエンジニアやテスターはどうしてもプログラミングスキルが身につきにくいです。

  1. 単体テストのエビデンス取り
  2. 障害の報告、再テスト
  3. テスト仕様書の作成

などITスキルが身につきにくい業務ばかり行います。

そのためテストエンジニアはプログラミングや開発経験が身につきにくく、転職時に強みになりにくいです。開発職に転職するためには、開発経験が求められます。しかしテストエンジニアは開発経験が無い。

そのため開発経験のないテストエンジニアやテスターは、プログラミング副業を行い開発経験を積みましょう。プログラミング副業で「案件受注⇒システム開発⇒納品」と開発経験を積むことで、プログラミングスキルが上達します。

プログラミングスキルが身につけば、プログラマーなどの開発職への転職成功率がグッと上がるでしょう。

プログラミング副業は、「プログラミングの勉強+お金を稼げる+転職時の強みになる」の一石三鳥なので、是非始めてみて下さい。

プログラミング副業の始め方が分からないテストエンジニア・テスターの方はこちらを参考にしてみて下さい。

参考記事:【やってみた】エンジニアが副業でいくら稼げるのか【おすすめは?】

筆者

筆者がプログラミング副業をやってみた体験談を紹介しています。
副業の始め方が分からない方は参考にしてみてください。

転職後のキャリアパスを考えておく

プログラマーなどの開発職に転職した後のキャリアパスを考えておくのも大切です。

プログラマーや開発職は基本的に下流工程なので、年収は低くなりがち。プログラマーの平均年収は350万円~450万円となっています。そのためプログラマーとして経験を積んだ後に、年収を上げるために、その後のキャリアパスも考えておけると良いでしょう。

具体的には

  1. 社内SE・情シス社員
  2. IT系コンサル
  3. データベースエンジニア
  4. Webエンジニア
  5. データサイエンティスト
  6. フルスタックエンジニア
  7. フリーランスエンジニア

など。プログラマーから上流工程の年収の高いIT職種に、ステップアップできると最高

プログラマーや開発職として活躍した後のキャリアパスを考えておくことで、より転職活動の幅が広がるはずです。

開発職の今後のキャリアパスを詳しく知りたい方は、こちらの記事を参考にしてみて下さい。

参考記事:【実体験】ITエンジニアからキャリアチェンジ。おすすめの転職先やキャリアプランを解説!

テスターやテストエンジニアから開発職に転職できた人の体験談

この章ではテスターやテストエンジニアから開発職に転職できた人の体験談を紹介します。

テスターやテストエンジニアから開発職に転職するのは難しいですが、中にはテスターでスキルの無い状態から転職に成功した人がいます。そんな開発職への転職に成功したテスターたちの体験談をご紹介します。

UberEats配達員から自社開発企業にエンジニア転職

・高卒文系
・フリーター
・元引きこもり
・エンジニア転職するもテスター業務

という状況から、自社開発企業に転職できた元UberEats配達員の方がいました。

元引きこもりかつフリーターから自社開発企業に転職できるので、テストエンジニアやテスターの状態からでも、十分に開発業務への転職は可能でしょう。

メンバーが転職成功。テスターではないキャリアが積めそう

ずっと気になっていたメンバーが転職を成功させた。社内待機やテスターではなく、開発のキャリアが積めそうなので、ここからはどんどんよくなって行くはず。と語っている人がいました。

未経験からのIT転職は厳しい状況ですが、「適切」な努力を続ければ、必ず報われる職種。とのことです。

まとめ:テストエンジニアから開発職へ転職する方法【テスターからプログラマーへ】

以上で、テストエンジニアから開発職へ転職する方法の解説を終了します。

下記この記事のまとめです。

☑テストエンジニアやテスターから開発職へ転職する方法

  1. SES企業はテスター案件に配属される可能性があるので避ける
  2. 必ず自社開発企業に転職する
  3. 転職エージェントに相談し内定率を上げる

テストエンジニア・テスターからプログラマーなどの開発職へ転職したい方は、SES企業を避けましょう。SES企業は案件ガチャに左右されがちで、いつまで経ってもテスト案件ばかり。という悲惨な状態にもなりやすいです。

そのためSES企業を避け、自社開発企業に転職しましょう。自社開発企業に転職したいテストエンジニアには自社開発特化の転職サイトがおすすめです。

自社開発特化の転職サイトはこちら

☑テストエンジニアやテスターから開発職に転職する際の注意点

  1. 開発したいプログラミング言語を決めておく。
  2. プログラマー志望の人はプログラミングスキルを磨く
  3. 適正年収を把握しておく

テストエンジニア・テスターから開発職に転職するためには、プログラミングスキルを磨くことが大切。当たり前の話ですが、プログラミングスキルが無いと、プログラマーなどの開発職に就けないですからね。

また、自分の適正年収を把握しておくのも大切。自分の市場価値を可視化しておくことで、年収の低いIT企業に転職するのを回避できるからです。

年収診断できるサイトはこちら

☑開発プログラマに転職するためにすべきこと

  1. プログラミング副業をして開発経験を積む
  2. 転職後のキャリアパスを考えておく

テストエンジニアからテスターに転職したい方は、今後のキャリアパスも考えておきましょう。プログラマーなどの開発職は年収が低く、キャリア形成も難しいので、上流工程などのキャリアを考えておけると尚良いでしょう。

筆者

「ホワイトな自社開発企業の探し方」
「SESのテスターから脱出する方法」
なども紹介しています。

興味がある方は是非ご覧ください。

参考記事:【超ホワイト】自社開発企業の探し方|見分け方とは?【エンジニア転職】

参考記事:【スキルつかない】SESのテスターから抜け出す方法は?【辞めたい時】

転職テスター,プログラマー

Posted by 9noike