SESから元請け企業に転職する方法を解説!【優良元請け企業の見分け方】

転職

本ページはプロモーションが含まれています

この記事ではSESから元請けIT企業に転職する方法をお話をします。

SES企業からの転職を目指しているSEや元請けIT企業に転職したい方の中に

SESから元請け企業に転職する方法を知りたい。
元請けIT企業の一覧を見たい。
SESから大手IT企業に転職できる?

と気になっている方が多いはず。

今回はそんな方に向けて、SESから元請け企業に転職する方法をご紹介します。

今回紹介する内容はこちら。

この記事を見て、SESから元請けIT企業に転職する方法を知り、元請けIT企業に転職しましょう

【この記事の目標】SESから元請けIT企業に転職する方法を知り、元請けIT企業に転職する
筆者

SES企業に転職してしまった筆者が自身の経験をもとに解説。
実体験ベースで元請けIT企業に転職するための方法を紹介します。

元請けIT企業に転職したい方は、自社開発特化の転職サイトを利用するのがおすすめです。

元請けIT企業に強い転職サイト

クラウドリンク
【公式サイト】クラウドリンク
100%自社内開発に転職可能!無料登録、30秒で転職スタートOK。

TechClipsエージェント
【公式サイト】TechClipsエージェント
求人は自社サービスを持つ事業会社に特化!取扱求人は500万円以上のみ。確実に年収UPできる。

SESにおける元請け企業とは何か

この章ではSESにおける元請け企業とは何かをご紹介します。

SESから元請けIT企業に転職したい人の中に、SESと元請け企業の違いが分からない人も多いでしょう。SESと元請けの違いが分からないSESエンジニア向けに「SESにおける元請け企業とは何か」を解説します。

SESにおける元請け企業とは何か
  1. 元請けIT企業は「直請け」「プライム」「一次請け」する企業
  2. 普通のSES企業は「2次請け以降」が多い(いわゆる下請け)
  3. 元請けIT企業のメリット・デメリット

SESと元請けIT企業の違いが分からない方は参考にしてください。

参考記事:SESから大手IT企業に転職する方法を解説!【中小から大企業は可能】

元請けIT企業は「直請け」「プライム」「一次請け」する企業

IT業界における元請け企業とは、発注者からシステム開発などの仕事を直接請け負うシステム開発会社のこと。一般的に「直請け」「プライム」「一次請け」と呼ばれるIT企業が元請け企業です。

元請け企業の例として

  • 大手SIer
  • IT系大企業
  • 優良SES企業

などが挙げられます。大企業のSIerや1次請けの多い優良SES企業などが元請け企業の代表でしょう。

元請けIT企業に転職できれば、「直請け」「プライム」「一次請け」案件に携われるので、単価が高く年収が上がりやすく、残業も少なくなるでしょう。

SES企業から元請けIT企業に転職する方法を解説しているので、興味ある方はチェックしてみて下さい。

SES企業から元請けIT企業に転職する方法はこちら

普通のSES企業は「2次請け以降」が多い(いわゆる下請け)

一般的にSESと呼ばれる企業は、元請けIT企業より下層の「2次請け以降」の仕事を請け負うシステム会社です。

「直請け」「一次請け」「プライム案件」などは元請けと呼ばれ、2次請け以降はいわゆる「下請け」と呼ばれています。※IT土方と呼ばれる場合もあります。

SES(下請け)企業の例として

  • 中小SES企業
  • 中小SIer
  • 零細SES企業

などが挙げられます。SES企業のほとんどは2次請け以降の下請けです。

下請けの企業は案件単価が低く買い叩かれやすいので、年収が低くなりやすいです。また、2次請け以降がメインとなるため、決定権が無く残業を強要されるケースが多いです。

参考記事:【SES脱出】客先常駐企業から抜け出す方法とは?【脱出できない人の特徴】

元請け企業に転職するメリット・デメリット

元請け企業に転職するメリットとデメリットを解説します。

SESから元請け企業への転職を検討しているエンジニアは参考にしてみて下さい。

元請け企業のメリット

元請け企業のメリットは下記が挙げられます。

  • 1次請け案件がほとんどで、炎上案件がなく残業が少ない。
  • 自社開発案件が多く、客先常駐や派遣が少ない。
  • 単価が高く、社員の年収が高い
  • 上流工程に携わりやすい。

元請けIT企業はSESとは違い、客先常駐や派遣が少なく、自社で開発できる場合が多いです。そこがSESとの大きな違いでしょう。

元請け企業のデメリット

元請け企業のデメリットは以下の通りです。

  • 責任範囲の広さ。トラブルが発生した際に責任が大きくなりやすい。
  • 地方への出張や転勤が発生することが多い。
  • 上流工程から下流工程まで幅広く担当せねばならず、1つのプロジェクトの期間が長い。飽きる。
  • コーディングに集中して携われず、ITスキルが身につきにくい。

元請け企業は下請け企業に比べて、責任範囲が広く、出張や転勤が発生するケースが下請けよりも多くなりがちです。それが大きなデメリットでしょう。

SESから元請け企業に転職する方法

この章ではSESから元請け企業に転職する方法をご紹介します。

SES(下請け)の年収の低さや残業の多さに嫌気が差し「SESから元請け企業に転職したい」SESエンジニアも多いでしょう。そんなSESエンジニア向けに、SESから元請け企業に転職する方法をご紹介します。

SESから元請け企業に転職する方法
  1. 自社開発特化のIT企業に就職する
  2. 転職エージェントに紹介してもらう
  3. SES企業と元請けIT企業を見分ける

SESから元請け企業に転職する方法は上記3つ。自分に合った転職方法があれば試してみましょう。

参考記事:【難しいけど可能】SESから社内SE・情シスに転職する方法とは?

筆者

SESからホワイトな社内SEに転職する方法も解説しています。
社内SEに転職したいエンジニアは参考にしてみて下さい。

自社開発特化のIT企業に就職する

出典「クラウドリンク」

SESから元請けIT企業に転職する方法1つ目は、自社内開発特化の転職サイトを利用すること。

自社開発を行っている企業には元請けIT企業が多いため、自社開発特化の転職サイトを利用すれば、元請けIT企業に転職できる可能性が高まるでしょう。

自社内開発特化の転職サイトの求人には、自社開発企業しかないので、安心して元請けIT企業に就職できます

自社開発特化の転職サイトは下記のようなものがあります。是が非でもSES企業から脱出したいと考えている方は、自社開発特化の転職サイトを利用しましょう。

自社開発特化の転職エージェント

社内SE転職ナビ
【公式サイト】社内SE転職ナビ
SEGAやDeNAなどの大手企業の社内SE求人も多数。※土曜祝日の面談もOK

クラウドリンク
【公式サイト】クラウドリンク
自社内開発に強い転職サイト!無料登録、30秒で転職スタートOK。

TechClipsエージェント
【公式サイト】TechClipsエージェント
求人は自社サービスを持つ事業会社に特化!取扱求人は500万円以上のみ。確実に年収UPできる。

転職エージェントに紹介してもらう

SESから元請けIT企業に転職する方法2つ目は、転職エージェントに元請けIT企業を紹介してもらうこと。転職エージェントに元請けIT企業を紹介してもらうことで、確実に元請けIT企業に転職できます。

IT業界を専門にする転職エージェントは、IT企業の情報に詳しいです。

そのため

元請けIT企業とSES企業の見分け方を教えます。
ホワイトな優良IT企業をご紹介します。

など元請けIT企業の情報を教えてくれます。

そのため転職エージェントに相談すれば、安心してSESから元請けIT企業に転職することが可能に。

下記無料相談できる転職エージェントなので、元請けIT企業への転職で不安な方は気軽に聞いてみましょう。

無料相談できる転職エージェント

TechClipsエージェント
【公式サイト】TechClipsエージェント
求人は自社サービスを持つ事業会社に特化!取扱求人は500万円以上のみ。確実に年収UPできる。

@PRO人
【公式サイト】@PRO人】
未経験から内定10社獲得の実績!キャリア面談付きで自分のなりたいエンジニアになれる。

ウズカレIT
【公式サイト】ウズカレIT
ブラック企業を徹底排除!定着率は93%以上と理想の企業に出会える。

SES企業と元請けIT企業を見分ける

SESから元請けIT企業に転職するためには、元請けIT企業を見極めることが大切です。

日本のIT企業の9割はSES企業だと言われています。そのためただ漫然と転職活動をしても「SES企業から脱出したと思ったら転職先もSES企業だった」とSES企業に逆戻りしてしまう場合が多いです。

実際に筆者もSES企業に「我々の会社は自社開発企業だよ」と騙されてSES企業に間違えて転職してしまいました。

IT業界にSES企業が蔓延しているので、ただテキトーに転職活動をしても元請けIT企業には転職できません。

しっかりとSES企業と元請けIT企業それぞれの特徴を理解し、見分けられるようになりましょう。そうすればSESから元請けIT企業に転職できるでしょう。

下記にSES企業の元請けIT企業の特徴や違いを解説しているので、是非参考にしてみて下さい。

SES企業と元請けIT企業の見分け方

SES企業と元請けIT企業の見分け方

この章ではSES企業と元請けIT企業の見分け方を解説します。

SES企業と元請けIT企業を見分けることができれば、確実にSESから元請け企業に転職できます。それぞれの特徴をしっかり理解し見分けられるようにしましょう。

SES企業と元請けIT企業の見分け方
  1. SES企業の特徴
  2. 元請けIT企業の特徴

参考記事:客先常駐のないIT企業の見分け方|選び方【未経験は注意】

筆者

日本のIT企業の9割はSES企業です。
間違えて自社開発企業に転職しないように注意しましょう。

SES企業の特徴

SES企業の特徴は以下の通りです。

  • 会社の従業員の数とオフィスの広さが釣り合っていない。
  • 取引先の欄に大手SIerの名前がびっしり記載されている
  • 求人に「未経験OK」「初心者大歓迎」と未経験の人材を募集している
  • みなし残業がついている
  • 自社製品・自社サービスがないIT企業

上記の特徴があるIT企業はSES企業の可能性が高いでしょう。SES企業を見分ける時に意識して確認しておきましょう。

参考記事:客先常駐のないIT企業の見分け方|選び方【未経験は注意】

元請けIT企業の特徴

元請けIT企業の見分け方は以下の通りです。

  • 自社開発の割合が高い。
  • 転職サイトの求人に「プライム案件」「1次請け案件」が多いと記載されている。
  • 勤務地が明確に記載されている。
  • 従業員数が多い。大企業、大手IT企業である。
  • 就職難易度が高い(面接が複数回、WEBテストがある)

上記の特徴があるIT企業は元請けIT企業の可能性が高いでしょう。元請けIT企業を見分ける時に意識して確認しておきましょう。

元請け企業とSES企業の一覧

この章では元請け企業とSES企業の一覧をご紹介します。

SESから転職する際の転職先候補として覚えておきましょう。

元請けIT企業の例

下記が元請けIT企業の代表例になります。

企業名社員数
日本オラクル2,407名
電通国際情報サービス3,240名
日鉄ソリューションズ7,458名
三菱総合研究所4,428名
NTTデータ12,351名
TIS5,695名
野村総合研究所6,782名
アクセンチュア約23,000人
元請けIT企業

基本的には三菱総合研究所などのユーザー系SIerや大手SIer、日本オラクルのような自社でソフトウェアを開発している自社サービス企業などが元請けIT企業です。

SES企業の例

下記がSES企業の代表例になります。

企業名社員数
株式会社NSD3,560名
SCSK株式会社14,938名
株式会社システナ4,506名
株式会社DTS3,071名
SES企業

基本的にはNSDなどの独立系SIerや中小SIer、自社サービスが無いIT企業のほとんどがSES企業です。

日本のIT企業の9割がSES事業をしているSES企業になります。

参考記事:SESじゃない企業に就職する方法とは?【新卒・未経験は注意】

筆者

IT企業の9割がSES企業です。
基本的にIT企業のほとんどはSES企業。
と覚えておきましょう。

まとめ:SESから元請け企業に転職する方法を解説

以上で、SESから元請けIT企業に転職する方法の解説を終了します。

下記この記事のまとめです。

☑SESにおける元請け企業とは何か

  1. 元請けIT企業は「直請け」「プライム」「一次請け」する企業
  2. 普通のSES企業は「2次請け以降」が多い(いわゆる下請け)
  3. 元請け企業とSES企業のそれぞれのメリット

元請け企業は「直請け」や「プライム」案件などの所謂「一次請け」をするIT企業のこと。一方SES企業は「下請け」案件などの「二次請け」以降を請け負うIT企業です。

☑SESから元請け企業に転職する方法

  1. 自社開発特化のIT企業に就職する
  2. 転職エージェントに紹介してもらう
  3. 元請けIT企業を知りその企業に就職する

SESから元請け企業に転職する方法として一番おすすめなのは「自社開発特化の転職サイトを利用すること」です。自社開発企業の求人しかないため、「1次請け」「直請け」など元請け企業の求人が多いため、確実に元請けIT企業に転職できるからです。

自社開発特化の転職サイトはこちら

☑元請け企業の一覧

企業名社員数
日本オラクル2,407名
電通国際情報サービス3,240名
日鉄ソリューションズ7,458名
三菱総合研究所4,428名
NTTデータ12,351名
TIS5,695名
野村総合研究所6,782名
アクセンチュア約23,000人
元請けIT企業

☑SES企業の一覧

企業名社員数
株式会社NSD3,560名
SCSK株式会社14,938名
株式会社システナ4,506名
株式会社DTS3,071名
SES企業
筆者

「SESからだと転職できない件について」
「SESから転職するタイミング」
なども解説しています。

興味がある方は是非ご覧ください。

参考記事:【SESの闇】SESからだと転職できない。理由と対処法とは?【適切な転職タイミング】

参考記事:【3年目でOK】SES(客先常駐)から転職するタイミングについて解説!【辞めるタイミング】

転職SES,客先常駐,自社開発,転職

Posted by 9noike