インフラエンジニアが客先常駐なしで働く方法とは?【インフラは客先常駐しかない】

転職

本ページはプロモーションが含まれています

この記事ではインフラエンジニアが客先常駐なしで働く方法を解説します。

SES企業で勤務するインフラエンジニアの中に

客先常駐なしのIT企業に就職する方法はある?
インフラエンジニアだけど、客先常駐なしで働きたい。
客先常駐がないIT企業の特徴を知りたい。

と悩んでいる人も多いはず。

今回はそんな方に向けて、インフラエンジニアが客先常駐なしで働く方法を紹介します。

今回紹介する内容はこちら。

この記事を見て、インフラエンジニアが客先常駐なしで働く方法を知り、社内で気楽に働けるようにしましょう

【この記事の目標】インフラエンジニアが客先常駐なしで働く方法を知り、社内で気楽に働けるようにする
筆者

SES企業で勤務する中堅エンジニアが自身の経験をもとに解説。
実体験ベースで客先常駐なしで働く方法を紹介します。

客先常駐をしたくないインフラエンジニアには、自社開発・社内SEへの転職がおすすめです。興味がある方は自社開発・社内SE特化の転職サイトをチェックしてみて下さい。

自社開発・社内SE特化の転職サイト

社内SE転職ナビ
【公式サイト】社内SE転職ナビ
SEGAやDeNAなどの大手企業の社内SE求人も多数。※土曜祝日の面談もOK

クラウドリンク
【公式サイト】クラウドリンク
自社内開発に強い転職サイト!無料登録、30秒で転職スタートOK。

TechClipsエージェント
【公式サイト】TechClipsエージェント
求人は自社サービスを持つ事業会社に特化!取扱求人は500万円以上のみ。確実に年収UPできる。

インフラエンジニアが客先常駐なしで働く方法

この章ではインフラエンジニアが客先常駐なしで働く方法をご紹介します。

インフラエンジニアのメイン業務であるネットワーク構築やサーバー管理などは、常駐作業がほとんどで客先常駐で働くことが多いです。そのような客先常駐ばかりの現状に悩んでいるインフラエンジニアも多いでしょう。

ここではそんな客先常駐で悩んでいるインフラエンジニア向けに「インフラエンジニアが客先常駐なしで働く方法」を解説します。

インフラエンジニアが客先常駐なしで働く方法
  1. 客先常駐なしのIT企業に就職する
  2. SIerはなるべく避ける
  3. 社内のインフラチームに異動する

客先常駐なしで働きたいインフラエンジニアは参考にしてみて下さい。

参考記事:【SES脱出】客先常駐企業から抜け出す方法とは?【脱出できない人の特徴】

客先常駐なしのIT企業に就職する

インフラエンジニアが客先常駐なしで働くためには、客先常駐がないIT企業に就職する必要があります。

SES企業やITアウトソーシング企業を避け、客先常駐なしのIT企業に就職できれば、社内でインフラエンジニアとして働けるでしょう。そのためにはしっかり客先常駐なしのIT企業の特徴を押さえ、回避できるようにして下さい

客先常駐なしのIT企業の特徴は以下の通りです。

☑客先常駐なしのIT企業の特徴

  • みなし残業(固定残業代)の制度がない
  • 求人の勤務地が明確に記されている。
  • 取引先企業一覧に大手SIerが掲載されていない

上記、客先常駐のないIT企業の特徴を知っておけば、転職活動時に客先常駐をしているIT企業を見極められるでしょう。転職活動で求人をチェックする際は、上記の特徴に当てはまっているか確認してみて下さい。

より詳しく客先常駐なしのIT企業の見分け方・選び方を知りたいインフラエンジニアは、下記の記事を参考にしてみて下さい。

参考記事:客先常駐なしのIT企業の見分け方|選び方【未経験は注意】

SIerはなるべく避ける

客先常駐なしで働きたいインフラエンジニアは、SIerに就職するのはなるべく避けましょう

独立系SIerやメーカー系SIer、ユーザー系SIerなど様々なSIerがありますが、どのSIerも客先常駐をしている可能性が高いです。大手SIerであっても、ほぼ客先常駐というデータが出ています。

出典「働き方・休み方改善ハンドブック(情報通信業)(分割版4)

上記の図は「働き方・休み方改善ポータルサイト」に掲載されている「客先常駐をしているITエンジニアの比率」です。この調査結果から分かるように、客先常駐をしている企業の割合は何と全体の9割。客先常駐をしていないIT企業を探す方が難しいです。

このような調査結果が出ているため、SIerなどのシステム開発全般の業務に携わっているようなシステムインテグレーターはなるべく避けましょう。客先常駐をしたくないインフラエンジニアは自社開発企業や社内SEに就職するのがおすすめです。

「SIerの客先常駐の多さ」について詳しく解説しているので、興味ある方は合わせてご確認ください。

参考記事:【8割以上】Sierは客先常駐ばかりです。客先常駐なしのSierはある?

社内のインフラチームに異動する

客先常駐なしで働きたいインフラエンジニアは、社内のインフラチームへの異動を検討しましょう

社内のネットワークやサーバーを専門に管理している社内インフラ部隊へ異動できれば、インフラエンジニアでも客先常駐なしで働けます。社内インフラチームに入れれば自社のメンバーとインフラに携われ、客先社員に責められることなく働けるのでおすすめです。

☑客先常駐のない社内インフラチームに異動する方法

  • 人事部にインフラ部門への異動を依頼する。
  • 社内メールなどで流れてくる「★社内インフラメンバーの募集★」などに応募する
  • 「ネットワークスペシャリスト」などの高難易度のインフラ資格を取得し、会社にアピールする

上記のように行動すれば、社内インフラチームに配属される可能性が高まります。社内インフラに配属されるよう、試せそうな施策があれば試してみましょう

インフラエンジニアがSES企業から脱出する方法についても解説しています。

参考記事:インフラエンジニアがSESから脱出する方法を解説【客先常駐から脱出しよう】

インフラエンジニアが客先常駐なしの企業に転職する方法

この章ではインフラエンジニアが客先常駐なしの企業に転職する方法をご紹介します。

現在の日本では「IT企業の9割が客先常駐をしている」と言われています、ほとんどのIT企業が客先常駐をしているため、ただ漠然と転職活動をしても客先常駐ありの企業に就職してしまいます。

ここでは9割ある客先常駐企業を回避し、客先常駐なしのIT企業に転職する方法を解説します。

インフラエンジニアが客先常駐なしの企業に転職する方法
  1. 社内SE特化の転職サイトを利用する
  2. 自社開発特化の転職エージェントもおすすめ
  3. 客先常駐なしのIT企業を見分ける
  4. 転職エージェントに相談する

客先常駐を回避したいインフラエンジニアは、試せそうな方法があれば実践してみましょう。

参考記事:転職エージェントはSESばかりです。【客先常駐のないIT企業に就職する方法】

筆者

転職エージェントがSES企業ばかり紹介してくることがあります。
注意してください。

社内SE特化の転職サイトを利用する

出典「社内SE転職」

客先常駐なしで勤務したいインフラエンジニアは、社内SE特化の転職サイトを利用して、社内SEへの転職を検討しましょう。

社内SE特化の転職サイトを利用すれば、SES企業や客先常駐のあるSIerの求人が排除されているため、確実に社内SEになれます。社内SEになれれば社内のインフラ業務に携われるのでおすすめです。

☑社内SE特化の転職サイトを利用するメリット

  • 客先常駐なしのIT企業に確実に就職できる。
  • 社内SE採用のため、社内でのんびり業務できる。
  • 社内インフラエンジニアとして、社内のサーバーやネットワーク構築に携われる。

社内SE特化の転職サイトを利用すれば、社内SEの求人しかないため確実に社内SEに転職できます。社内SEになれば客先常駐なしで、心穏やかに自社勤務できるでしょう。

社内SEになりたいインフラエンジニアは、下記の社内SE特化の転職サイトをチェックしてみてください。

社内SE特化の転職サイト

社内SE転職ナビ
【公式サイト】社内SE転職ナビ
SEGAやDeNAなどの大手企業の社内SE求人も多数。※土曜祝日の面談もOK

自社開発特化の転職エージェントもおすすめ

出典『クラウドリンク』

客先常駐なしで勤務したいインフラエンジニアは、自社開発特化の転職エージェントを利用して、自社開発エンジニアになるのもおすすめです。

自社開発特化の転職エージェントを利用すれば、自社開発・自社勤務できる方法を提案してくれます。エージェントを活用しながら転職活動を行えば、社内インフラエンジニアとして就職できるでしょう。

☑自社開発特化の転職エージェントを利用するメリット

  • 自社開発エンジニアから自社インフラエンジニアの求人まで、自社業務できる求人が揃っている
  • 自社インフラエンジニアになるためのノウハウを教えてくれる。

SESのインフラエンジニアから自社開発エンジニアに転職できれば、客先常駐の時代よりもマネジメント経験を積みやすいです。そのため将来的に管理職などにも就けやすく、年収アップできるでしょう。

客先常駐なしで働きたいインフラエンジニアは、自社開発エンジニアへの転職を検討してみて下さい。

興味がある方は下記の自社開発特化の転職エージェントを確認してみてください。

自社開発特化の転職エージェント

クラウドリンク
【公式サイト】クラウドリンク
自社内開発に強い転職サイト!無料登録、30秒で転職スタートOK。

TechClipsエージェント
【公式サイト】TechClipsエージェント
求人は自社サービスを持つ事業会社に特化!取扱求人は500万円以上のみ。確実に年収UPできる。

客先常駐なしのIT企業を見分け方を知る

SESから脱出したいインフラエンジニアは、客先常駐なしのIT企業を見分け方を知っておきましょう。

客先常駐なしの企業の見分け方を知っておけば、転職活動時にかなり役立ちます。会社を辞める時、キャリアチェンジする際に、見分け方を知っておけば、確実に客先常駐を回避できるでしょう

☑客先常駐なしの企業の特徴

  • みなし残業(固定残業代)の制度がない
  • 求人の勤務地が明確に記されている。
  • 取引先企業一覧に大手SIerが掲載されていない

上記のような客先常駐のないIT企業の特徴や性質を理解しておけば、客先常駐をしているか否かを見極める時に役立ちます。転職時にかなり役立つので、特徴を押さえ見分けられるようにしましょう。

下記の記事でSES企業の見分け方について詳しく解説しているので、客先常駐なしで働きたいインフラエンジニアは参考にしてみて下さい。

参考記事:SESじゃない企業に就職する方法とは?【新卒・未経験は注意】

転職エージェントに相談する

客先常駐なしで勤務したいインフラエンジニアは、転職エージェントに相談することもおすすめです。

転職エージェントに相談しIT企業を紹介してもらうことで、確実に客先常駐なしのIT企業に転職できるからです。

IT業界を専門にする転職エージェントは、IT企業の実情や実態に詳しいです。

そのため

特別に客先常駐なしのIT企業をご紹介します。
客先常駐なしのIT企業の見分け方を教えます。

など客先常駐なしのIT企業の求人を教えてくれます。

転職エージェントに相談すれば、安心して客先常駐なしのIT企業に転職することが可能に。

下記無料相談できる転職エージェントなので、転職で不安なインフラエンジニアは質問してみましょう。

無料相談できる転職エージェント

@PRO人
【公式サイト】@PRO人】
未経験から内定10社獲得の実績!キャリア面談付きで自分のなりたいエンジニアになれる。

TechClipsエージェント
【公式サイト】TechClipsエージェント
求人は自社サービスを持つ事業会社に特化!取扱求人は500万円以上のみ。確実に年収UPできる。

ウズカレIT
【公式サイト】ウズカレIT
ブラック企業を徹底排除!定着率は93%以上と理想の企業に出会える。

インフラエンジニアの案件は客先常駐しかない件について

この章では、インフラエンジニアの案件は客先常駐しかない件について解説します。

インフラエンジニアは開発エンジニアやアプリケーションエンジニアなどと比べて、「案件が客先常駐しかない」と言われがちです。なぜインフラエンジニアの案件は客先常駐しかないのか?ここではその理由を深堀りしたいと思います。

インフラ案件は客先常駐しかない
  1. インフラ業務(ネットワーク構築、運用監視)などは常駐が多くなりがち
  2. 世間ではSESしかないと言われている
  3. そもそもIT企業の9割はSES企業

インフラエンジニアの客先常駐の実態について詳しく知りましょう。

参考記事:インフラエンジニアはSESしかないは嘘。SESなしで自社勤務する方法を解説!

インフラ業務(ネットワーク構築、運用監視)などは常駐が多くなりがち

インフラエンジニアの業務は対面作業になりやすく、客先常駐が多くなりがちです。

インフラエンジニアはネットワーク構築やサーバー管理、運用監視などがメイン業務。システム開発やシステム設計などの業務に比べて、インフラ業務は客先に出向かないとできない作業ばかりです。

☑インフラエンジニアの業務は客先常駐が多くなりがち

  • ネットワークやサーバー構築などの業務は客先に出向かないとできない。
  • 運用保守などの業務は客先常駐がほとんど。

インフラエンジニアの業務は上記のように客先常駐がほとんどなので、「案件が客先常駐しかない」と言われています。

参考記事:【やめとけ】客先常駐の運用保守・運用監視のやばい実態。【仕事がない】

世間ではSESしかないと言われている

インフラエンジニアの案件は世間的にSESしかないと言われています。

インフラエンジニアの案件は対面でしかできない業務が多いため、SES契約で客先の企業に出向して働くことが多いです。

実際に筆者の勤めるIT企業でも

インフラは客先常駐案件ばかり。
何でインフラはSESしかないの?
リモート勤務できる開発エンジニアが羨ましい

と先輩のインフラエンジニアが嘆いていました。

「インフラエンジニアはSESしかない」と言われる程、客先常駐の案件が多く悩んでいるインフラエンジニアは沢山います。

そもそもIT企業の9割はSES企業

そもそも日本のIT企業の9割は客先常駐をしているSES企業だと言われています。

下記のデータをご覧ください。

出典「働き方・休み方改善ハンドブック(情報通信業)(分割版4)

上記の図は厚生労働省のHPの「働き方・休み方改善ハンドブック」に掲載されている「客先常駐をしているITエンジニアの比率」です。調査結果に示されているように、客先常駐をしているIT企業の割合は何と全体の9割

日本のIT業界全体で客先常駐を行っていることが分かります。

このように日本のIT業界全体で客先常駐が蔓延しているため、それに伴いインフラエンジニアの客先常駐率が高くなっています。そのため「客先常駐なしで働くのはかなり難しい」ということは頭に入れておいて下さい。

参考記事:【実体験】SESあるある13選【客先常駐はやばい】

まとめ:インフラエンジニアが客先常駐なしで働く方法【インフラは客先常駐しかない】

以上で、インフラエンジニアが客先常駐なしで働く方法の解説を終了します。

下記この記事のまとめです。

☑インフラエンジニアが客先常駐なしで働く方法

  1. 客先常駐なしのIT企業に就職する
  2. SIerはなるべく避ける
  3. 社内のインフラチームに異動する

インフラエンジニアが客先常駐なしで働くためには、SIerやSES企業をなるべく避け、客先常駐なしのIT企業に就職して下さい。また客先常駐をしているIT企業に勤めている方でも、社内のインフラチームに異動できれば、社内でのんびり仕事ができるようになるでしょう。

☑客先常駐なしのインフラエンジニアに転職する方法

  1. 社内SE特化の転職サイトを利用する
  2. 自社開発特化の転職エージェントもおすすめ
  3. 客先常駐なしのIT企業を見分ける
  4. 転職エージェントに相談する

インフラエンジニアが客先常駐なしの企業に転職するやり方として、社内SE特化の転職サイトを利用したり、自社開発特化の転職エージェントを利用したりするのがおすすめです。SES企業の求人が排除されているから、確実に客先常駐なしのIT企業に転職できるはずなので。

自社開発・社内SE特化の転職サイトはこちら

☑インフラ案件は客先常駐しかない

  1. インフラ業務(ネットワーク構築、運用監視)などは常駐が多くなりがち
  2. 世間ではSESしかないと言われている
  3. そもそもIT企業の9割はSES企業

インフラエンジニアは客先常駐の案件が多くなりがち。ネットワーク構築やサーバー設定、運用監視などのインフラエンジニアの業務のほとんどが対面前提だからです。

またIT企業の9割がSES企業なので、IT業界全体で客先常駐が増えている状態となっています。

筆者

SES企業での勤務経験から
「客先常駐からのキャリアップが難しい理由」
「客先常駐から転職するタイミング」
なども解説しています。

興味がある方は是非ご覧ください。

参考記事:【底辺】客先常駐からのキャリアアップが難しい3つの理由。おすすめのキャリアパスを解説

参考記事:【3年目でOK】SES(客先常駐)から転職するタイミングについて解説!【辞めるタイミング】

転職SES,客先常駐

Posted by 9noike