IT業界は派遣ばかりと言う話。【IT派遣のないIT企業に転職する方法】

転職

本ページはプロモーションが含まれています

この記事ではIT業界は派遣ばかりと言う話IT派遣のないIT企業に転職する方法というお話をします。

現在IT企業で勤務しているエンジニアやIT業界への転職を考えている人の中に

日本のIT業界は派遣ばかりって本当?
IT業界は客先常駐しかない。

どうすればIT派遣・客先常駐の無いIT企業に就職できるの?

と悩んでいる人も多いはず。

この記事ではそんな方に向けて、「IT業界は派遣ばかりと言う話」と「IT派遣のないIT企業に転職する方法」を解説します。

今回解説する内容はこちら。

上記項目を見てIT業界が派遣ばかりの理由を知り、IT派遣のない企業へ就職しましょう。

【記事の目標】IT業界が派遣ばかりの理由を知り、IT派遣をしている企業を回避する
筆者

現在SES企業で勤務しているエンジニアが自身の経験をもとに紹介。
SES企業でIT派遣をした実体験から解説していきます。

是非最後までご覧ください。

IT派遣のない企業に就職したい方は、社内SE・自社開発特化の求人サイトを利用しましょう。IT派遣企業の求人が排除されているから安心です。

社内SEになれる転職サイト

社内SE転職ナビ
【公式サイト】社内SE転職ナビ
社内SE専門の転職サイト、SEGAやDeNAなどの大手企業の社内SE求人も多数。※土曜祝日の面談もOK

クラウドリンク
【公式サイト】クラウドリンク
100%自社内開発に転職可能!無料登録、30秒で転職スタートOK。

TechClipsエージェント
【公式サイト】TechClipsエージェント
求人は自社サービスを持つ事業会社に特化!取扱求人は500万円以上のみ。確実に年収UPできる。

IT業界は派遣ばかりと言う話

この章ではIT業界は派遣ばかりと言う話を解説します。

今日のIT業界は客先常駐やIT派遣ばかりの現状となっています。IT業界ではどのくらいIT派遣が蔓延しているのか。先常駐の割合や海外と日本の派遣の違い、SES企業の実態などをご紹介します。

IT業界は派遣ばかりと言う話
  1. IT業界には客先常駐しかない。9割以上。
  2. 海外より日本のIT企業の方が派遣が多い
  3. SES企業や独立系Sierなどが派遣率が高め

日本のIT業界が派遣ばかりしている実態について解説します。

参考記事:転職エージェントはSESばかりです。【客先常駐のないIT企業に就職する方法】

筆者

先に「派遣のないIT企業に転職する方法」を知りたい方は左記をご確認ください。

IT業界には客先常駐しかない。9割以上

まず皆さんに知っておいて欲しいことは「日本のIT企業の9割以上が客先常駐をしているということ。

下記「客先常駐しているITエンジニアの比率」のデータをご覧ください。

出典「働き方・休み方改善ハンドブック(情報通信業)(分割版4)

上記の図は「働き方・休み方改善ポータルサイト」に掲載されているアンケート調査結果です。

この調査結果から読み取れるのは、客先常駐をしているIT企業の割合が全体の9割ということ

約9割にも及ぶIT企業が客先常駐をしています。

このようにIT企業の9割が客先常駐をしており、日本のIT業界は客先常駐しかない。状態になっています。

筆者

9割以上のIT企業がSES事業を行っています。
客先常駐や派遣をしていないIT企業を探す方が難しい現状です。

海外より日本のIT企業の方が派遣が多い

引用:総務省 – 平成30年版 情報通信白書

現状として海外より日本のIT企業の方が派遣が多い状態となっています。

ベンダ企業(受託開発)の割合が日本では72%。アメリカでは35%となっており、約37%も日本の方がベンダ企業の割合が高いです。

日本のIT企業がベンダ企業(受託開発)の理由

・アメリカよりも社員のクビを切りにくいため
・プログラマーの直接雇用が少ないため。
・海外よりも自社開発が主流でないため
・アメリカなどではSES企業のような委託業務企業が1990年代に消滅したため。

日本では解雇に関する法律が定められており、いつでも自由に解雇できず、社員を使い捨てできません。システム開発のプロジェクトが立ち上がる度に別のIT企業からエンジニアを派遣し、メンバーを増やす必要があります。

社員を簡単にクビにできない日本の法律によって、IT業界で派遣をせざるを得ない現状となっています。

SES企業や独立系Sierなどが派遣率が高め

SES企業や独立系Sierなどが派遣率が高めな傾向にあります。

SES企業は取引先企業にエンジニアを派遣や客先常駐させて売り上げを得るビジネス。そのため自社開発企業などに比べて派遣率が高めです。

独立系Sierはメーカー系やユーザー系に属さず、また親会社やグループも持たずに独立してシステムインテグレーションを行う企業のこと。親会社に属さないので、制限が少なく自由度が高いです。

この自由度を活かして、

自社開発する際にSES企業からエンジニアを派遣させる
自社の余った社員を派遣する

と言ったようにに派遣をしたり派遣を受け入れたり。独立系Sierは派遣をする側にもさせる側の立場にもあります

IT派遣をしたくない人はSES企業や独立系Sierは避けるようにしましょう。

参考記事:【8割以上】Sierは客先常駐ばかりです。客先常駐なしのSierはある?

IT業界で派遣ばかり行われている理由

この章ではIT業界で派遣ばかり行われている理由を紹介します。

今日の日本のIT業界ではエンジニアを客先に派遣するIT派遣ばかりになっています。なぜIT業界では派遣ばかりなのか。この章ではその原因と理由について解説します。

IT業界で派遣ばかり行われている理由
  1. 自社システムの開発よりIT派遣の方が稼げる
  2. 日本のIT業界は受託開発ばかりだから
  3. 下請けが多い中小Sier企業ばかりだから

日本のIT企業ほど派遣の割合が多いので注意しましょう。

筆者

先に「派遣のないIT企業に転職する方法」を知りたい方は左記をご確認ください。

自社システムの開発よりIT派遣の方が稼げる

自社システムを開発するよりもIT派遣をした方が稼げるため、IT企業はIT派遣ばかりを行います。

IT企業が自社システムや自社サービスを開発をすると、コストや手間がとても掛かります。

  1. 市場のニーズを調査して開発する自社サービスを決定する
  2. 開発する自社サービスの要件定義や仕様を決める
  3. エンジニアが足りない場合、別企業からエンジニアを派遣させる。
  4. 自社サービスの広告・プロモーションを打つ。

など自社システムの開発は莫大な費用とコスト、そして長い時間が掛かります

さらに「開発したサービスが売れるかどうか分からない。」という大きな問題も抱えています。

2年以上開発にかけたシステムが全く売れずに大赤字。最終的に倒産する。というリスクもあります。

自社システムの開発は大きなリスクが伴うので多くのIT企業は自社開発を避けます。

一方、IT派遣はエンジニアを取引先企業に派遣するだけで売上が上がります。毎月何十万から何百万まで。エンジニアを派遣するだけで売上の目途が立つため、IT派遣はリスクがとても少ないビジネスです。

多くのIT企業がリスクのある自社システム開発を避け、IT派遣ばかりしてしまうのです。

外注での開発(受託開発)がメインになっている

日本のIT業界で外注での開発がメインになっていることも、IT派遣ばかりの原因となっています。

引用:総務省 – 平成30年版 情報通信白書

上記の画像は「日本と米国の情報処理・通信に携わるICT人材」の割合をグラフ化したもの。図を見ると、日本のIT企業の72%が受託開発を行っています。

海外に比べて日本は受託開発のベンダー企業(SIer)が多いため、プロジェクトごとに現場が変わる客先常駐やIT派遣が主流の働き方に。

実際、日本のベンダー企業は全体の72%もあるのに対し、アメリカはたったの35%しかありません。少しずつ自社システムの開発する会社は増えていますが、まだまだ日本では外注がメイン

日本では受託開発文化が根付いているため、客先常駐やIT派遣ばかりになってしまっています。

下請けが多い中小Sier企業ばかりだから

下請けを行う中小Sier企業ばかりのため、IT派遣が多くなっています。

日本のIT企業の多くは自社システムを開発できるパワーの無い中小Sier企業ばかりです。そのため、受託開発や下請け案件ばかりをこなすことになります。

リスクの高い自社システムの開発よりも、毎月売り上げの計算が立つエンジニア派遣。

技術力の無い中小企業だとリスクの少ないIT派遣ばかりになりがちです。

参考記事:【8割以上】Sierは客先常駐ばかりです。客先常駐なしのSierはある?

客先常駐・派遣のないIT企業に転職する方法

この章では、客先常駐・派遣のないIT企業に転職する方法を紹介します。

IT業界で働くエンジニアやIT業界志望の転職者の中に「IT派遣はやりたくない」「IT派遣を辞めたい」とIT派遣をしたくない人も多いはず。そんなIT派遣を避けたいエンジニア向けに派遣のないIT企業転職する方法を解説します。

IT派遣企業の特徴や見分け方、IT派遣のないおすすめ転職サイトなどをご紹介します。

客先常駐・派遣のないIT企業に転職する方法
  1. 社内SE・自社開発特化の転職サイトを利用する
  2. 客先常駐・IT派遣をしている企業を見分ける。
  3. 転職エージェントに相談する

派遣のないIT企業に転職する方法は上記3つ。自分に合った転職方法があれば試してみて下さい。

参考記事:【SES脱出】客先常駐企業から抜け出す方法とは?【脱出できない人の特徴】

筆者

ただ漠然と転職活動をしてもIT派遣企業を回避できません。
派遣のないIT企業に転職する方法を知り、適切にIT派遣企業を回避しましょう。

社内SE・自社開発特化の転職サイトを利用する

出典「クラウドリンク

客先常駐・派遣のないIT企業に転職する一番確実な方法は、「社内SE・自社開発特化の転職サイトを利用すること」です。

社内SE・自社開発の求人に特化している転職サイトは、IT派遣企業が少なかったり、そもそも派遣をしているIT企業の求人を排除していたり。とIT派遣企業の求人が少ないです。

派遣企業の求人を排除しているので、IT派遣企業に転職してしまう可能性をグッと減らせます。dodaやマイナビなどの大手転職サイトから転職するより、確実にIT派遣企業を回避できるはず。

IT派遣のない企業に就職したい方は、社内SE・自社開発特化の求人サイトを利用しましょう。

社内SE・自社開発特化の転職サイト

社内SE転職ナビ
【公式サイト】社内SE転職ナビ
SEGAやDeNAなどの大手企業の社内SE求人も多数。※土曜祝日の面談もOK

クラウドリンク
【公式サイト】クラウドリンク
100%自社内開発に転職可能!無料登録、30秒で転職スタートOK。

TechClipsエージェント
【公式サイト】TechClipsエージェント
求人は自社サービスを持つ事業会社に特化!取扱求人は500万円以上のみ。確実に年収UPできる。

客先常駐・IT派遣をしている企業を見分ける

客先常駐・IT派遣をしている企業を見分けることができれば、IT派遣のないIT企業に転職できます

客先常駐・派遣をしているIT企業に共通する特徴は以下の通り。

  1. みなし残業がついている
  2. 求人の勤務地があいまい
  3. 取引先が大手SIerばかり
  4. 従業員が多い割にオフィスが狭い
  5. 自社製品・自社サービスがないIT企業

上記の特徴があるIT企業は派遣をしている可能性が高いです。

派遣のあるIT企業の特徴を知っておけば、IT派遣企業に就職してしまう可能性をグッと減らせます。求人情報や会社の雰囲気などでIT派遣企業か否か判断できるので、エンジニア派遣がある企業の特徴をしっかり押さえておきましょう。

下記に詳しく客先常駐のないIT企業の見分け方を解説しています。興味ある方はご覧ください。

参考記事:客先常駐のないIT企業の見分け方|選び方【未経験は注意】

筆者

IT派遣を避けたい人はIT派遣のない企業の特徴を知りましょう。
そうすればIT派遣企業を見分けられるはずですから。

転職エージェントに相談する

転職エージェントに相談することもIT派遣企業を避けるうえで大切です。

IT業界専門の転職エージェントはIT業界に詳しく、IT企業の特徴を把握しています。

このSierはIT派遣しているから辞めておいた方が良いよ。
IT派遣をしている企業の特徴を教えますね。
ホワイトなIT企業を紹介します。

などのIT業界の裏情報を教えてくれます。

そのためIT転職エージェントに相談すれば、IT派遣のない企業を紹介してくれるため、確実にIT派遣の無い企業に転職できるはず。IT業界での転職のコツなども教えてくれるので、IT業界での転職を考えている人は一度相談してみるのがおすすめです。

無料相談できる転職エージェントもあるので、興味ある方はエージェントに相談してみましょう。

IT業界に詳しい転職エージェント

@PRO人
【公式サイト】@PRO人】
アドバイザーがIT業界経験者だからIT派遣の現状に詳しい。「真摯に相談してくれる」と答えた割合が97%超え。

ユニゾンキャリア
【公式サイト】ユニゾンキャリア
IT・WEB・ゲーム業界特化の専門エージェントでIT業界に詳しい。厳しい審査を通過した、厳選された求人のみを紹介。

クラウドリンク
【公式サイト】クラウドリンク
100%自社内開発に転職可能!無料登録、30秒で転職スタートOK。

まとめ:IT業界は派遣ばかり。IT派遣のないIT企業に転職する方法

以上で「IT業界は派遣ばかりと言う話」を終了します。

下記この記事のまとめです。

☑IT業界は派遣ばかりと言う話

  1. IT業界には客先常駐しかない。9割以上。
  2. 海外より日本のIT企業の方が派遣が多い
  3. SES企業や独立系Sierなどが派遣率が高め

日本のIT業界は海外に比べてIT派遣の割合が高く、特にSES企業や独立系SierでIT派遣は顕著です。IT派遣を避けたい人はこの現状を知っておきましょう。

☑IT業界で派遣ばかり行われている理由

  1. 自社システムの開発よりIT派遣の方が稼げる
  2. 日本のIT業界は受託開発ばかりだから
  3. 下請けが多い中小Sier企業ばかりだから

自社システムを開発するよりIT派遣の方がリスクなく売り上げが立つので、IT派遣の割合が高くなっています。

☑客先常駐・派遣のないIT企業に転職する方法

  1. 社内SE・自社開発特化の転職サイトを利用する
  2. 客先常駐・IT派遣をしている企業を見分ける。
  3. 転職エージェントに相談する

派遣の無いIT企業に就職するためには、社内SEや自社開発企業に就職するしかありません。社内SEや自社開発に就職するためには社内SE・自社開発特化の転職サイトがおすすめです。

社内SEや自社開発企業に就職できる転職エージェントもあるので、SESに転職したくない人は下記を利用しましょう。

社内SEになれる転職エージェント

社内SE転職ナビ
【公式サイト】社内SE転職ナビ
 SEGAやDeNAなどの大手企業の社内SE求人も多数。※土曜祝日の面談もOK

クラウドリンク
 【公式サイト】クラウドリンク
  100%自社内開発に転職可能!無料登録、30秒で転職スタートOK。

TechClipsエージェント
【公式サイト】TechClipsエージェント
求人は自社サービスを持つ事業会社に特化!取扱求人は500万円以上のみ。確実に年収UPできる。

上記転職エージェントならIT派遣のない企業に転職できるので利用しましょう。

筆者

「客先常駐の無いIT企業の見分け方」
「未経験から転職してもSES企業しかない話」
も解説しています。

SES企業-転職したくない人向けに「客先常駐なし企業の見分け方」を解説中。

参考記事:客先常駐のないIT企業の見分け方|選び方【未経験は注意】

未経験からのIT企業はSES企業しか転職先がない場合があるので注意してください。

参考記事:【IT業界の闇】未経験から転職してもSES企業しかないという話

転職IT土方,IT派遣,SES,客先常駐

Posted by 9noike