SES(客先常駐)でクビになるケースまとめ!クビになった時にすべきこと【解雇されたエンジニアへ】

転職

本ページはプロモーションが含まれています

この記事では、SES(客先常駐)でクビになるケースまとめ。クビになった時にすべきことを解説します。

現在SES企業で働くエンジニアの中に

SES企業で試用期間でクビになりそう。
案件待機が長引いたらクビになるの?
SESで案件が決まらないとどうなるの?

と悩んでいる人も多いはず。

この記事ではそんなエンジニアに向けに、SESや客先常駐でクビになるケースクビになった時にすべきことをご紹介します。

今回紹介する項目は下記の通り。

上記項目について理解し、SESや客先常駐でクビになるケースを知り、クビにならないように対策しておきましょう

【記事の目標】SESや客先常駐でクビになるケースを知り、クビにならないように注意する
筆者

SES企業で勤務経験のある中堅エンジニアが紹介。
客先常駐での実体験をもとに解説していきます。

SESから脱出したいエンジニアは、自社開発・社内SE特化の転職サイトを使ってみて下さい。SES企業の求人が排除されているため、社内SEや自社開発エンジニアになりやすくおすすめです。

社内SE・自社開発に強い転職サイト

社内SE転職ナビ
【公式サイト】社内SE転職ナビ
SEGAやDeNAなどの大手企業の社内SE求人も多数。※土曜祝日の面談もOK

クラウドリンク
【公式サイト】クラウドリンク
自社内開発に強い転職サイト!無料登録、30秒で転職スタートOK。

TechClipsエージェント
【公式サイト】TechClipsエージェント
求人は自社サービスを持つ事業会社に特化!取扱求人は500万円以上のみ。確実に年収UPできる。

SES企業からクビ・解雇にされるケース

この章ではSES企業からクビ・解雇されるケースを解説します。

現在SES企業で案件待機中の人や案件が決まらない人の中に、クビになりそうなエンジニアも一定数いるはず。実際に悪質なSES企業の中には、役に立たないエンジニアを無理やりクビにするブラックSES企業も存在するそうです。

そこでここでは、SES企業からエンジニアがクビ・解雇されるケースを紹介します。

SES企業からクビにされるケース
  1. 面談が落ち続け案件が決まらない
  2. 試用期間で見放されてクビ(スキル不足)
  3. 半年、1年と案件待機が長引いている

SES企業からクビや解雇になりそうなエンジニアは、注意喚起としてご覧ください。

参考記事:SESで案件が決まらないエンジニアの特徴。待機が長続きするとどうなるのか?

筆者

SESで案件が決まらないエンジニアの特徴を解説しています。
案件待機中のエンジニアは参考にしてみて下さい。

面談が落ち続け案件が決まらない

SES面談で落ち続け案件が決まらないエンジニアは、SES企業からクビにされる場合があります。

SES面談に落ちまくり案件が決まらないエンジニアは、SES企業からすればただのお荷物。売り上げが減り赤字が大きくなるため、案件が決まらないエンジニアをクビにしようとするSES企業も存在します。

☑案件が決まらなくてクビになる

  • 案件が決まらず案件待機が長引き、会社から解雇される
  • SES企業から内定を貰えたのに、入社前のSES面談で落ち続け、採用が見送りになる。
  • 案件が決まらないことを「能力不足」と判断され解雇される。

SES企業の中には案件が決まらないエンジニアを、不当に解雇する悪質なSES企業も存在するため注意して下さい。

中には入社する前にSES面談を実施し、案件が決まらない場合は採用を見送る。という悪質なSES企業も存在します。もしあなたが今就職活動中で、入社前にも関わらずクライアントとSES面談をしているのであれば、違法行為なので、そんなSES企業には入社しないようにしましょう。

参考記事:【入社するな】入社前面談を行うSES企業は危険!やばいSES企業の特徴とは?

試用期間で見放されてクビ(スキル・能力不足)

あまりにもスキル不足で仕事ができないエンジニアは、SESの試用期間で見放されてクビになる場合があります。

エンジニアの業務を適切に遂行するためには、高いITスキルが求められます。SES企業側が求めるスキルが備わっていないと「著しい能力の不足」として、試用期間中にクビになる場合があります。

試用期間の3ヶ月間仕事ぶりを見ていたけど、就業に問題があるね。
君は能力が低すぎるからクビね。

上記のように仕事ができないと、試用期間で見放されてクビになることがあります。※割合としてはかなり低いですが。

試用期間中は企業と採用された人にとって、お互いに適性を判断する重要な期間です。就業に問題があるスキルの低さと判断された場合は、試用期間を持ってクビとなってしまうでしょう。

試用期間中の解雇やクビについての具体的な事例は下記を参考にしてみて下さい。

参考記事:判例とケースから学ぶ、試用期間中の解雇について

半年、1年と案件待機が長引いている

半年、1年と案件待機が長引いているエンジニアも、SES企業からクビにされる可能性があります。

SES企業のエンジニアが案件に入らず、自社で待機している場合は、会社の売り上げは0円。むしろ、案件待機中のエンジニアの給料を払わなければならないため、会社としては大赤字の状態となってしまいます。

そのため案件待機が長引いているエンジニアをクビにして、赤字を減らそうとするSES企業も存在します。

☑案件待機が長引いてクビになるケース

  • 1年2年と案件待機が続き、会社として赤字が続いているため解雇する。
  • 案件待機中に勉強もせず、サボっていたことがバレて解雇になる

案件待機が長引いているエンジニアはSES企業側からするとお荷物でしかありません。様々な手を使ってエンジニアを解雇しようとするため注意して下さい。

執拗に無視したり、いじめやパワハラをしたり、給料を減らしたりして、エンジニアを自主退職に追い込む悪質なSES企業も存在します。案件待機が長引いているエンジニアは、クビに気を付けて下さい。

参考記事:【何する?】案件待機中の暇なSESエンジニアがすべきこと【クビを防ぐ】

客先常駐でエンジニアがクビになるケース

この章では客先常駐でクライアントからクビになるケースを解説します。

現在SES企業で勤めているけど、常駐先から契約を切られたり、取引先からクビになったり、と常駐先が長続きしないエンジニアも多いでしょう。

そこでここでは、客先常駐でクライアントからクビになるケースを紹介します。

客先常駐でエンジニアがクビになるケース
  1. 経歴詐称でついた嘘がバレる
  2. 勤務態度が悪い
  3. 40代50代の高齢に見合うスキルが無い

客先常駐でクビになるケースを知り、常駐先から契約を切られないように対策していきましょう。

参考記事:【人生台無し】SESエンジニアになって人生終了しかけた話【使い捨て要因】

筆者

SES企業で働いていて辛かった体験談を書いています。
SESで辛いエンジニアは参考にしてみて下さい。

経歴詐称でついた嘘がバレる

就職面接やSES面談でついた経歴詐称バレて、その嘘が悪質な場合は、常駐先をクビになります。

SES企業の中にはエンジニアに経歴詐称をさせてでも案件を獲得しようとする悪徳なSES企業も存在します。そのような経歴詐称を強要するSES企業に入社してしまうと、SES面談などで経歴詐称をやらされます

もし仮にSES面談や職務経歴書で経歴詐称があって、クライアントにその嘘がバレれば最悪の場合クビになってしまいます。

☑悪質な経歴詐称によって常駐先をクビになる

  • 経歴詐称によってついた嘘のスキルによって、取引先に多大な損害を与えた。
  • 嘘のスキルが必要な業務を任せられ、その仕事を全くできない。
  • スキル不足によってクライアントの大切な顧客データを削除してしまった。

上記のように経歴詐称によって常駐先に多大な損失を与えた場合は、クライアントからクビを言い渡されるでしょう。

当たり前の話ですが、SES面談や就職面接などで経歴詐称を行うのは違法行為です。クビにされても言い逃れできないため、SESでの経歴詐称は控えるようにして下さい。

勤務態度が悪い

当たり前の話ですが、勤務態度が悪いエンジニアは客先常駐をクビになるケースが多いです。

遅刻や欠勤を繰り返したり、プロジェクトのルールを守らなかったりして、プロジェクトの進行を妨害するようなエンジニアは常駐先から解雇されやすいです。クビにならなくても契約更新をしてもらえないため、数ヶ月後にはプロジェクトから確実に外されるでしょう。

☑勤務態度が悪いエンジニアの例

  • 駐先のルールや規則を破り、クレームが多発する。
  • 遅刻や欠勤をくり返し、周りのエンジニアから不審を買う
  • 頼まれた業務を断る、仕事をせずにサボっている。

プロジェクトの進行を阻害するレベルで勤務態度の悪ければ、常駐先からクレームが入り、クビを言い渡されることになるでしょう。

どれだけ高いITスキルを持っていても、勤務態度の悪いエンジニアは評価されない点を理解しておいてください。

40代50代の高齢に見合うスキルが無い

画像に alt 属性が指定されていません。ファイル名: SES-recruiter-3.jpg

40代50代の高齢に見合うスキルが無いおっさんエンジニア、も客先常駐をクビになるケースが多いです。

多くの企業で40代50代の社員がリストラされるように、客先常駐の現場でも40代50代のエンジニアはリストラされやすいです。若手エンジニアの方が残業させやすく、従順なため重宝されるからです。

若手エンジニアと違い、40代50代の高齢のエンジニアは何かと使い勝手が悪いです。

  • プライドが高い場合が多い
  • 若手エンジニアよりも新しい知識を吸収しにくい。
  • 30代のプロジェクトリーダーが委縮しやすく、作業指示をしにくい。

上記のようにおっさんエンジニアは客先常駐では扱いにくく、他のエンジニアから敬遠されがちです。そのため40代50代の高齢のエンジニアは契約が切られやすく、客先常駐でクビになりやすいでしょう。

SES・客先常駐エンジニアがクビになった時にすべきこと

この章ではSES・客先常駐エンジニアがクビになった時にすべきことをご紹介します。

SES企業で働くエンジニアの中には、「試用期間でクビにされる」「案件待機が長引きクビになる」などで、急に解雇になった人が一定数いるはず。急にSES企業からクビを言い渡され、路頭に迷っているエンジニアもいるでしょう。

ここではクビになった、あるいは解雇されそうなエンジニア向けに、SES・客先常駐エンジニアがクビになった時にすべきことを紹介します。

SES・客先常駐エンジニアがクビになった時にすべきこと
  • 今すぐに転職先を見つける、おすすめは自社開発や社内SE
  • 失業手当給付金の申請を行う

クビにされそうなエンジニアや解雇を言い渡されたエンジニアは参考にしてみて下さい。

参考記事:SESエンジニアにおすすめの転職エージェント3選。これだけでOK。

筆者

SESエンジニアにおすすめの転職サイトを紹介しています。
クビになったSES社員の人は参考にしてみて下さい。

今すぐに転職活動を始める、おすすめは自社開発や社内SE

出典「社内SE転職ナビ」

SES企業をクビになったエンジニアは、今すぐ転職活動を始めて就職先を見つけましょう。当たり前の話ですが、就職せずに無職が長引くと、採用されにくくなってしまうからです。

SES企業をクビになり、転職先を探しているエンジニアにおすすめなのが社内SEや自社開発エンジニア。客先常駐や派遣がなく社内でのんびり働けるためおすすめです。

☑社内SEや自社開発はSESからの転職先におすすめ

  • 社内でのんびり業務ができSES企業よりもストレスが少ない。
  • 客先常駐が無いためクライアントからクビになることが無い。
  • SESのような孤独感が少ない。

社内SEや自社開発エンジニアに転職すれば、SES企業時代よりもクビのリスクなく働けます。そのためクビになってしまったSESエンジニアは、社内SEや自社開発エンジニアへの転職を検討してみて下さい。

やばいSES企業を回避したい方は、自社開発・社内SE特化の転職サイトを利用して下さい。SES企業の求人が排除されているため、確実にSESを回避できおすすめです。

自社開発・社内SE特化の転職サイト

社内SE転職ナビ
【公式サイト】社内SE転職ナビ
SEGAやDeNAなどの大手企業の社内SE求人も多数。※土曜祝日の面談もOK

クラウドリンク
【公式サイト】クラウドリンク
自社内開発に強い転職サイト!無料登録、30秒で転職スタートOK。

TechClipsエージェント
【公式サイト】TechClipsエージェント
求人は自社サービスを持つ事業会社に特化!取扱求人は500万円以上のみ。確実に年収UPできる。

失業手当給付金の申請を行う

SES企業をクビになったエンジニアは、国の制度を活用して失業手当給付金を貰うようにしましょう。

失業手当失業保険)とは、求職者が安定した生活を送りつつ1日でも早く再就職するための支援として給付されるもの。失業した人全員が貰える訳ではありませんが、一定の条件を満たすと給付金を貰うことができます。

☑失業手当給付金のメリット

  • 会社に解雇された後に、条件を満たせば一定額の給付金を貰える。
  • 前職の給料によっても異なるが、10数万円程度毎月貰うことができる。
  • 数ヶ月は働かなくても生活できる。

失業手当給付金をGETできれば数ヶ月は働かなくても安心。転職活動に集中できるため、クビになったエンジニアにおすすめです。

給付金の金額や、給付される失業者の条件などは、公式サイトに掲載されているため、SES企業をクビになったエンジニアはチェックしてみて下さい。

数十万円を毎月貰える場合があるため、申請しないのはかなり損ですよ。

参考記事:雇用保険手続きのご案内

まとめ:SES(客先常駐)でクビになるケースまとめ!クビになった時にすべきこと【解雇されたエンジニアへ】

以上で、SES(客先常駐)でクビになるケースまとめ。クビになった時にすべきことの解説を終了します。

以下、この記事のまとめです。

☑SES企業からクビにされるケース

  1. 面談が落ち続け案件が決まらない
  2. 試用期間で見放されてクビ(スキル不足)
  3. 半年、1年と案件待機が長引いている

SES企業からクビにされるケースとして、SES面談で落ち続け案件が決まらない、試用期間で見放される、半年・1年と案件待機が長引いているなどが挙げられます。クビになるケースのほとんどがITスキルの低さが原因なので、クビや解雇になりそうなエンジニアは、ITスキルを高めるようにしましょう。

クビを回避するうえでおすすめなのは高難易度の資格を取得すること。資格を取得すればある程度のエンジニアの実力を証明できるため、SESで案件が決まりやすくなりおすすめです。

☑客先常駐でエンジニアがクビになるケース

  1. 経歴詐称でついた嘘がバレる
  2. 勤務態度が悪い
  3. 40代50代の高齢に見合うスキルが無い

エンジニアが常駐先でクビになるケースとして、経歴詐称でついた嘘がバレたり、勤務態度が悪かったり、40代50代のおっさんエンジニアだったり、などが挙げられます。クライアントから「使いずらいSEだな」と思われると、契約を切られる可能性が高いため、クライアントに気に入られるよう仕事に励んで下さい。

☑SES・客先常駐エンジニアがクビになった時にすべきこと

  • 今すぐに転職先を見つける、おすすめは自社開発や社内SE
  • 失業手当給付金の申請を行う

SES企業をクビになったエンジニアは、路頭に迷わないために転職先を見つけるようにしましょう。働いていない期間が長引くと、面接や書類選考で落とされやすくなるため、早い目に転職して下さい。

転職先におすすめなのが社内SE自社開発エンジニアです。SESのように客先常駐が無いため解雇される機会が減り、社内でのんびり働けるためおすすめです。

社内SEや自社開発エンジニアに転職したいSESエンジニアは、下記の社内SE特化の転職サイトを利用するようにして下さい。

社内SE・自社開発特化の転職サイトはこちら

筆者

SES企業で働いていた経験から
「SESの現場でスキル不足で辛い時の対処法」
も紹介しています。

こちらの記事も合わせて参考にしてみて下さい。

参考記事:SESの現場をスキル不足で辞めたい時の対処法【途中で辞められる?】

転職SES,客先常駐

Posted by 9noike