【必勝法】社内SEに受からない時の対処法4選|求人の選び方・面接対策を解説

転職

本ページはプロモーションが含まれています

この記事では社内SEに受からない時の対処法4選を解説します。

社内SEへの転職を目指しているSEやの中に

社内SEの求人に受からない。
自社開発エンジニアや社内SE求人の面接で落ちる。
社内SEへの転職は難しい。

と悩んでいる人も多いはず。

今回はそんな方に向けて、社内SEに受からない時の対処法4選を解説します。

今回紹介する内容はこちら。

この記事を見て、社内SEの求人に受からないときの対処法を知り、社内SEに転職できるようにしましょう

【この記事の目標】社内SEの求人に受からないときの対処法を知り、社内SEに転職する
筆者

SES企業に転職してしまった筆者が自身の経験をもとに解説。
実体験ベースで、社内SEに受かるための対処法を紹介します。

社内SEに転職したい方は、社内SE特化の転職サイトを利用するのがおすすめです。SES企業の求人が排除されているので、安心して社内SEになれますよ。

自社開発・社内SE特化の転職サイト

社内SE転職ナビ
【公式サイト】社内SE転職ナビ
SEGAやDeNAなどの大手企業の社内SE求人も多数。※土曜祝日の面談もOK

クラウドリンク
【公式サイト】クラウドリンク
自社内開発に強い転職サイト!無料登録、30秒で転職スタートOK。

TechClipsエージェント
【公式サイト】TechClipsエージェント
求人は自社サービスを持つ事業会社に特化!取扱求人は500万円以上のみ。確実に年収UPできる。

社内SEに受からない時の4つの対処法(求人の選び方など)

この章では社内SEに受からない時の4つの対処法をご紹介します。

この記事を見ている人の中に「未経験だからSESしか内定が出ない」「社内SE求人に受からない」と悩んでいる人も多いはず。今回はそんな方に社内SEに受からない時の4つの対処法をご紹介します。

社内SEに受からない時の4つの対処法
  1. 社内SE特化の転職サイトを利用し求人に応募しまくる
  2. 自社開発特化の転職エージェントに相談する
  3. 副業などで実績を作り市場価値を高める
  4. 自分が開発経験のある業界の社内SE求人に応募する

上記の対処法を試してみて、社内SEに受かるようにしましょう。

参考記事:【難しいけど可能】SESから社内SE・情シスに転職する方法とは?

筆者

SESから社内SEに転職する方法も解説しています。
合わせてご覧いただくと、より参考になると思います。

社内SE特化の転職サイトを利用し求人に応募しまくる

出典「社内SE転職ナビ」

社内SEに受からない方は、社内SE特化の転職サイトを利用して社内SE求人に応募しまくりましょう

社内SEに受からない一番の原因は、社内SEの求人への応募の数が不足しているからです。社内SEの競争率は高く、人気の求人のため、中々内定をGETできません。そのため数十件の求人に応募しないと、社内SEには受からないでしょう。

実際に社内SEの人気は

人気企業の社内SE募集は倍率が200〜300倍にも。70〜80%が書類選考で落とされるとも言われている。社内SEは就職倍率が高く、入社がとても難しい。

と言われています。

社内SEはかなり人気で競争率が高いため、沢山の求人に応募しないと社内SEに受からないでしょう。数うちゃ当たる戦法で社内SE求人に応募するのがおすすめです。

現在社内SEに受かっていない人は、社内SE特化の転職サイトを利用しましょう。社内SEの求人が豊富に取り揃えられており、SES企業やIT派遣企業の求人が排除されているため、確実に社内SEになれますよ。

社内SE特化の転職サイト

社内SE転職ナビ
【公式サイト】社内SE転職ナビ
SEGAやDeNAなどの大手企業の社内SE求人も多数。※土曜祝日の面談もOK

自社開発特化の転職エージェントに相談する

出典「クラウドリンク」

社内SEに受からない方は、自社開発特化の転職エージェントに相談してみるのもおすすめです。

転職エージェント中には、自社開発企業への転職に強いエージェントも存在します。その自社開発特化の転職エージェントに相談すれば、自社開発ひいては社内SEの求人に受かるための裏技を教えてくれるはずです。

☑自社開発特化の転職エージェントに相談するメリット

  • 競争率の低い、優良な社内エンジニア求人を紹介してくれる。
  • 社内SEに受かるための履歴書添削や面接対策などのサポートが充実している。

社内SEに受からない人でも、自社開発特化の転職エージェントに相談すれば解決策を見出してくれるはず。自社で働けるエンジニアに転職するためのサポートが充実しているので、是非利用してみてください。

下記自社開発特化の転職エージェントです。興味ある方は利用してみて下さい。

自社開発特化の転職サイト

クラウドリンク
【公式サイト】クラウドリンク
自社内開発に強い転職サイト!無料登録、30秒で転職スタートOK。

TechClipsエージェント
【公式サイト】TechClipsエージェント
求人は自社サービスを持つ事業会社に特化!取扱求人は500万円以上のみ。確実に年収UPできる。

副業などで実績を作り市場価値を高める

社内SEに受からない人は副業などで実績を作り市場価値を高めましょう

社内SEは人気の職業で競争率が高いので、会社での仕事以外で実績を作っておくことが大切です。プログラミング副業などで開発の実績を作り市場価値を高めれば社内SEに受かるようになるはずです。

プライベートで副業やシステム開発の実績があれば

1万ダウンロードのアプリを開発できるんだ。凄い。
システム開発の副業で10万稼げるんだったら、相当ITスキルが高いな。

と面接官や採用担当者に好印象を与えることができます。

副業での実績があれば、人気の社内SE求人でも採用担当に高評価を与えられ、転職できる可能性が高まるでしょう。社内SEは人気なので受からないエンジニアは、副業で市場価値を高めてみましょう。

下記にエンジニアである筆者の副業体験談を紹介しています。副業を始めてみたい方は、参考にしてみて下さい。

参考記事:【やってみた】SESエンジニアが副業でいくら稼げるのか【おすすめは?】

自分が開発経験のある業界の社内SE求人に応募する

社内SEに受からない方は、自分が開発経験のある業界の社内SE求人に応募するのもおすすめ。

建築業界向けのシステムを開発したことがあるエンジニアは建築系企業の社内SEに、食品メーカー向けシステムの開発に従事したことがあるプログラマーは食品系の社内SEに。などのように自分が開発経験のある業界の社内SEの求人に応募すれば、内定率はかなりUPします。

☑自分が今いる業界の社内SEの求人に応募する

  • 建築業界向けのシステム開発経験⇒建築企業の社内SE
  • 流通業界向け在庫管理システムの開発経験⇒流通業界の社内SE
  • 医療現場で働く看護師⇒病院の社内SE・情シス社員

上記のように自分が経験のある業界の社内SE求人に応募すれば書類通過しやすいでしょう。社内SEに受からないと悩んでいる転職者でも、内定を獲得できるので試してみて下さい。

求人数の多い転職サイトで自分の経験のある業界の、社内SE求人がないか確認するのがおすすめです。

  • doda…実績No.1の転職サイト。求人数が約24万件以上と豊富。
  • ウズカレITITエンジニアに特化した求人が豊富。就業サポート付き。

社内SEの求人に受からない原因

この章では社内SEの求人に受からない原因をご紹介します。

この記事を見ている皆さんの中に

社内SEに応募しまくってるけど受からない。
どうすれば社内SEに受かるんだろう?

と悩んでいる人も多いはず。

ここではそんな方向けに、なぜ社内SEの求人に受からないのか?その原因について深堀りし解説していきます。

社内SEの求人・面接に受からない原因
  1. 闇雲にエンジニア求人に応募している
  2. 資格・ITスキルが不足している
  3. 面接で面接官に刺さる逆質問をできていない
  4. エンジニアとしての実務経験が浅い

社内SEに受からないエンジニアは、原因克服のために行動していきましょう。

参考記事:【難しいけど可能】SESから社内SE・情シスに転職する方法とは?

筆者

SESから社内SEに転職する方法を解説しています。
SES企業を回避したい方は参考にしてみて下さい。

闇雲にエンジニア求人に応募している

闇雲にエンジニア求人に応募している人は、社内SEに受からないので注意して下さい。

世の中にあるIT企業の9割以上がSES企業だと言われています。

そのため闇雲にエンジニア求人に応募していると、大量発生しているSES企業の求人に引っ掛かってしまいます。その結果、本当に面接対策をするべき社内SE求人に割ける時間が減り、面接対策が疎かになります

☑闇雲にエンジニア求人に応募するデメリット

  • エンジニア求人の多くがSES企業だから、SESの求人に引っ掛かりやすい
  • 面接に疲れてしまい、「SES企業で良いや」と妥協してしまう。

闇雲にエンジニア求人に応募しても、大量発生しているSES企業の求人に引っ掛かってしまうだけ。

そのため闇雲に応募するのではなく、社内SE求人・自社開発求人に絞って応募し、しっかり一社ずつ丁寧に対策を打つようにして下さい。社内SEなどはしっかり自己分析と企業分析をしないと、受からないですよ。

社内SEの求人のみに応募したい方は、社内SE特化の転職サイトを利用するようにしましょう。

自社開発・社内SE特化の転職サイトはこちら

資格・ITスキルが不足している

資格・ITスキルが不足している人も、社内SEに受からないでしょう。

社内SEは人気の職業で競争率が高いため、ITスキルの低い、資格を取得していないエンジニアは受かりにくいです。社内SEの就職倍率は200〜300倍と言われており、かなりの狭き門。

社内SEの高い競争率を勝ち抜くには、市場価値の高くなる資格やスキルを身に付ける必要があります。

☑社内SE求人に受かりやすい資格

  • ネットワークスペシャリスト
  • 情報セキュリティスペシャリスト試験(情報処理安全確保支援士)
  • シスコ技術者認定(CCNAなど)

上記のようなネットワーク系の高難易度の資格を取得しておけば、社内SEの求人に受かりやすくなるでしょう。社内SEの業務は社内のインフラやネットワークの整備がメイン業務となるため、ネットワーク系の資格をたくさん取得しておけば安心です。

資格を取得して社内SEに受かりたいエンジニアは、休日に資格取得の勉強を始めてみてください。

参考記事:【勉強8時間】エンジニアの休日の過ごし方【一般企業勤め】

面接で面接官に刺さる逆質問をできていない

面接で面接官に刺さる逆質問をできていないことも、社内SEに受からない原因です。

逆質問は面接で採用の成否を分ける重要な要素になります。受験者の志望度を判断したり、企業の理解度を見たりする大切な質問になるので、逆質問が不適切だと面接官の評価を落としてしまいます。

逆質問の精度が低いと

この人、逆質問の内容がレベル低いな。
うちに興味ないのかな?
この

と面接官にマイナスの印象を与えてしまいます。

その結果社内SEの面接に受からない。と言う悲惨な末路となってしまうため、逆質問はしっかり考えておくようにしましょう。

エンジニアとしての実務経験が浅い

エンジニアとしての実務経験が浅い人も、社内SEになかなか受からないです。

自社開発企業や社内SEの求人は、とても人気で就職倍率がかなり高いと言われています。

実際に調査結果で下記のように

☑就職倍率
社内SE:200〜300倍
SES:約50倍

と就職倍率が出ています。

社内SEは人気で競争率が高いため、実務経験が浅いエンジニアでは就職がかなり難しいです。IT業界経験3年以上で、実務経験をしっかり積んでいるエンジニアでないと、社内SE求人には受からないでしょう。

未経験エンジニアや実務経験の浅いエンジニア社内SEへの転職を試みても失敗するだけ。SES企業やIT派遣企業でしっかりエンジニア経験を積んでから、社内SEに転職するようにしましょう。

参考記事:IT経験が浅いエンジニアは転職できる?失敗しない転職方法を解説。【1年目でもOK】

筆者

経験が浅いエンジニアの転職方法について解説しています。
実務経験1年~3年のエンジニアは参考にしてみて下さい。

まとめ:社内SEに受からない時の対処法4選|難しいけど転職可能

以上で、社内SEの求人・面接に受からない時の対処法4選の解説を終了します。

下記この記事のまとめです。

☑社内SEに受からない時の4つの対処法

  1. 社内SE特化の転職サイトを利用し求人に応募しまくる
  2. 自社開発特化の転職エージェントに相談する
  3. 副業などで実績を作り市場価値を高める
  4. 自分が今いる業界・経験のある情報システム部求人に応募する

社内SEに受からないエンジニアは、社内SE特化の転職サイトを利用し求人に応募しまくったり、自社開発特化の転職エージェントに相談するのがおすすめです。社内SE特化の転職サイトを利用すれば、SES企業の求人が排除されていて、時間のロスなく転職活動を進められるからです。

社内SE特化の転職サイトを利用したい方は下記リンクをクリックしてみて下さい。

社内SE特化の転職サイトはこちら

☑社内SEの求人・面接に受からない原因

  1. 闇雲にエンジニア求人に応募している
  2. 資格・ITスキルが不足している
  3. 面接で面接官に刺さる逆質問をできていない
  4. エンジニアとしての実務経験が浅い

社内SEに受からない大きな要因として、社内SEに受かるレベルの資格を保持していないことや実務経験が浅いことが挙げられます。社内SEに受かるために高難易度の資格を取得したり、3年以上今のIT企業で働き経験を積むなどして、市場価値を高めるようにしましょう。

そうすれば自ずと社内SEになることができるはずですから。

筆者

SES企業での勤務経験から
「インフラエンジニアがSESから脱出する方法」
「社内SEは勝ち組ではないという話」
なども解説しています。

興味がある方は是非ご覧ください。

参考記事:インフラエンジニアがSESから脱出する方法を解説【インフラから社内SE】

参考記事:【意外と闇深】社内seあるある10選【勝ち組ではない】

転職情シス,社内SE,転職

Posted by 9noike