【年収UP可能】SEを辞めたい30代がIT業界から転職する方法とは?【異業種転職】

転職

本ページはプロモーションが含まれています

この記事ではSEを辞めたい30代がIT業界から転職する方法を解説します。

現在IT業界で働くエンジニアやプログラマーの中に

30代だけどIT業界から転職したい。
30代でもIT業界から足を洗っても良いのかな?
リーダー業務がつらいからSE辞めたい。

と30代でSEを辞めたい方も多いはず。

今回は辞めたい30代SEに向けて、IT業界から転職する方法とおすすめの転職先をご紹介します。

今回紹介する内容はこちら。

この記事を見て、SEを辞めたい30代向けの転職方法を知り、IT業界から転職に向けて行動しましょう

【この記事の目標】SEを辞めたい30代向けの転職方法を知り、転職をするか検討する。
筆者

IT業界を辞めた筆者が自身の経験をもとに解説。
IT業界を辞めたい30代SE向けに転職方法をご紹介します。

筆者の「IT業界を辞めたいエンジニア向けにおすすめの異業種7選」を紹介しています。参考にどうぞ。

参考記事:【異業種への転職】IT業界から足を洗う人におすすめの職業7選【IT業界やめた後】

SEを辞めたい30代におすすめの転職先

この章ではSEを辞めたい30代におすすめの転職先を解説します。

SEを辞めたい30代の人の中に、異業種への転職を検討している方も多いはず。そんなSEを辞めたい30代向けにおすすめの転職先をご紹介します。

SEを辞めたい30代におすすめの転職先
  1. 年収を下げたくない場合は社内SEがおすすめ
  2. ITコンサルやIT営業なども年収が下がりにくい。
  3. 年収が下がっても良い場合は異業種転職がおすすめ

SEを辞めたい30代の方向けに解説。自分に合った転職先を見つけましょう。

参考記事:【つらい】プロジェクトリーダーをやりたくない時の4つの対処法を解説【退職は?】

筆者

リーダーをやりたくない30代エンジニア向けに対処法を紹介しています。
リーダーが辛くてSE辞めたい人は参考にしてみて下さい。

年収を下げたくない場合は社内SEがおすすめ

年収を下げたくない場合は社内SEがおすすめの転職先です。

30代SEの中には、家庭を持っていたり、貯金が無かったり、と年収が下がるのが嫌な人も多いはず。

そんな年収を下げたくない30代SEの転職先におすすめなのが社内SE。エンジニアやプログラマーなどのIT業界の仕事よりも、社内SEは楽で残業が少ないからです。

社内SEの主な業務は

  • 社内のITに関連の問い合わせ対応
  • 業務システムのマニュアル作成
  • PCやプリンター、社用携帯などの機器類の管理業務

上記のようなIT系の雑務です。

メイン業務がITの雑用なので、通常のSE職よりも残業が少なく定時で上がれることが多いです。また通常のSE職に比べて専門性が低く、「SEを辞めたい」と感じている30代SEでも簡単に業務がこなせるでしょう。

社内SEは基本的に倍率が高く転職が難しいですが、IT業界勤務歴が長い30代のSEであれば、比較的簡単に社内SEに転職できるはずです。

社内SEに興味のある方は、下記の社内SEの求人が豊富な転職サイトを利用してください。

社内SEの求人が豊富な転職サイト

社内SE転職ナビ
【公式サイト】社内SE転職ナビ
SEGAやDeNAなどの大手企業の社内SE求人も多数。※土曜祝日の面談もOK

クラウドリンク
【公式サイト】クラウドリンク
100%自社内開発に転職可能!無料登録、30秒で転職スタートOK。

TechClipsエージェント
【公式サイト】TechClipsエージェント
求人は自社サービスを持つ事業会社に特化!取扱求人は500万円以上のみ。確実に年収UPできる。

ITコンサルやIT営業なども年収が下がりにくい。

ITコンサルやIT営業などのIT系職種も、SEを辞めたい30代のSEにおすすめ

IT業界の経験を活かせ、年収が下がりにくいからです。※いわゆる軸ずらし転職

IT業界からの転職を考えているSEの中には

異業種への転職は今までのスキルが活かせないからキャリアが心配。。
完全未経験の職種は年収が下がるから、家族から止められている。

と異業種転職に不安を感じている人もいるはず。

異業種への転職が不安な方は、同じIT業界の中で職種を変えるのも一つの手です。

  • IT系のコーポレート職(人事、経理、総務など)
  • IT系コンサルタント
  • IT系の営業(SES営業、IT企業の営業)

などに転職すれば、完全未経験ではなくSEとして勤務したスキルも活かせます。

SEの仕事が嫌と言うエンジニアは、IT業界内の別職種に転職しましょう。そうすればSEとして培ったスキルを活かせ、年収も下がりにくいですよ。

IT系職種の転職に強い転職サイトを集めたので、興味ある方は利用してみて下さい。

IT系職種の求人が豊富な転職サイト

MyVIsion
【公式サイト】MyVision
コンサル特化の転職エージェント。IT業界での経験を活かしてITコンサルに転職可能。転職サポートも充実

クラウドリンク
【公式サイト】クラウドリンク
ITコンサルタントなどのIT業界ベースの求人が豊富。年収を下げることなく転職可能です。

筆者

「今までのスキルを活かしたい」かつ「年収を下げたくない」SEはIT系職種のIT営業やITコンサルがおすすめです。

年収が下がっても良い場合は異業種転職がおすすめ

年収が下がってでもIT業界から足を洗いたいという決意を持つ30代SEは異業種への転職がおすすめ

日本には

  • ITスキルが求められないコミュニケーション重視の仕事(営業、ショップ店員など)
  • コミュニケーションが少ない仕事(ドラック運転手、マンション管理人)
  • 黙々と作業できるライター業

など約1万7000種類以上の職業があります。※厚生労働省の調査

約1万7000種類以上の職業の中から仕事を探せば、SEを辞めた後のあなたと相性の良い仕事が見つかるはず。

どの異業種に転職するか迷っている方は、下記の記事を参考に自分に合った仕事を探してみましょう

参考記事:【異業種への転職】IT業界から足を洗う人におすすめの職業7選【IT業界やめた後】

筆者

上記の記事で異業種への転職を考えているSE向けに、おすすめの職業を7つ紹介しています。

30代SEがIT業界からの転職を成功させる方法

この章では30代SEがIT業界からの転職を成功させる方法をお話しします。

30代の異業種への転職は「35歳転職限界説」という説があるくらい難しいとされています。20代の若者より将来性が低く、30代の転職は失敗しやすいです。

そんな難しい30代からの異業種転職を成功させる方法を知り、30代SEからの転職を成功させましょう。

30代SEがIT業界からの転職を成功させる方法
  1. 内定率アップのために30代に特化した転職サイトを利用する
  2. SEの強みを理解し採用担当者にそれを上手く伝える。
  3. 軸ずらし転職で異業種へ移動する
  4. 「30代SE」の市場価値を知っておく

自分に合った成功方法があれば試してみて下さい。

参考記事:【エンジニア向け】自分に合った転職サイトを選ぼう!用途に合わせたおすすめ転職サイトを紹介!

筆者

あなたの目的に合わせた転職サイトを紹介しています。
転職サイト選びで悩んでいる方は参考にしてみて下さい。

内定率アップのために30代に特化した転職サイトを利用する

内定率アップのために30代に特化した転職サイトを利用しましょう。

30代からの転職は、20代の転職に比べて失敗する可能性が高いです。

「35歳転職限界説」という説があり、35歳以上を対象とした求人は非常に少なく、35歳を超えてからの転職は難しいです。この説のように年齢が上がれば上がるほど求人自体が少なくなります。

そのため30代以上でもOKな求人を多く探すために、30代に特化した転職サイトを利用しましょう。

30代特化の転職サイトを利用すれば

  • 30代未経験OKの求人が圧倒的に多い。
  • 求人を出している企業側も30代の人材を求めている。
  • 30代からの異業種転職を成功させるノウハウを教えてくれる。

などのメリットがあり、難しいとされている30代からの転職を有利に進められます

ただ闇雲に転職サイトから求人に応募しても、30代の転職は失敗してしまいますから、30代に特化した転職サイトを利用しましょう

下記に30代特化の転職サイトを掲載していますので、興味ある30代SEの方は利用してみて下さい。

30代に特化した転職サービス

キャリアコーチング【RYOMEI】
【公式サイト】RYOMEI
30代に特化のキャリアコーチング。30代からの転職を成功させるサービスが充実。

SEの強みを理解し採用担当者にそれを上手く伝える。

30代の異業種転職を成功させるために、SEの強みを理解し採用担当者にそれを上手く伝えましょう

IT業界で勤めるSEは別業界から見ても、市場価値が高いです。どの業界に言ってもSEの強みを活かしやすいからです。

SEの強みは

  • ITスキルが高くパソコン操作が速いため、生産性が高い。
  • 一般職に比べてExcelやWordなどの主要ソフトの操作スキルが高い
  • プロジェクトマネージャーの経験があれば、管理職採用にも強い。
  • IT知識が豊富で企業のDX推進に参加できる。

などが挙げられます。

IT業界で働くSEの多くは他の業界に比べてパソコンスキルが高いです。パソコン操作が得意なSEが多いので、異業種に転職しても、高いパソコンスキルで未経験の弱みを補うことが可能

このSEの強みを履歴書に記載したり、採用面接で伝えたりすれば内定率は格段にアップするでしょう。30代までのSE経験を0にするのではなく、SE経験を強みにできれば異業種への未経験転職でも成功に導けるはずです。

30代SEの強みはこちらを参考にしてください。

「軸ずらし転職」で異業種へ移動する

「軸ずらし転職」で異業種へ移動すれば、転職で成功しやすいです。

軸ずらし転職とは、未知の職種や業界に飛び込むのではなく、持っている知見やスキルを軸に、新たな経験を積む転職方法です。

軸ずらし転職の例

・IT企業のSE職⇒IT企業の営業に転職
・IT企業のSE職⇒ITコンサルに転職
・IT企業のプロジェクトリーダー⇒人事部の管理職

など知見やスキルを軸に転職するのが軸ずらし転職です。業界を変えずに別の役割に転職したり、役割を変えずに未経験業界に転職したりなどです。

軸ずらし転職は、年収アップやキャリアアップを目的とした転職の際に有効。転職の軸を定めておくと、「企業選定がスムーズ」「企業とのミスマッチが減る」「志望動機を伝えやすい」などのメリットがあります。

軸ずらし転職をすると

  • 年収が下がらずにSEを辞められる。
  • 未経験の職種でも内定率が上がり採用されやすい。
  • SEとして得たスキルを活かして仕事ができる。

など多くのメリットがあるので、軸ずらし転職を検討してみて下さい。

「30代SE」の市場価値を知っておく

出典「ミイダス」

IT業界からの転職を考えている30代SEは、一度「自分の市場価値」を算出しておきましょう。自分のスキルや経験を客観的に把握しておかないと、年収の低い企業に転職してしまう可能性があるからです。

自分のスキルを年収に置き換えるとどれくらいの年収になるのか?自分の職務経歴は年収にするとどれくらいになるのか?を把握しておけば、自分のレベルにマッチした企業を探せます。転職前に必ず適正年収の算出をしておいてください。

適性年収をチェックできるサイト「ミイダス」などで適正年収をチェックし、自身のスキルを客観視しましょう。

筆者

上記画像はSES勤務の筆者が年収診断したもの
自分の市場価値を確認できるので転職活動で役立ちます。

適正年収を診断できるサイト

転職ドラフト
【公式サイト】転職ドラフト
企業が年収付きの指名を行う入札型転職サービス。職務経歴書を提出するだけで企業から年収付きのオファーが届く。

ミイダス
【公式サイト】ミイダス
質問に答えるだけで、ざっくりあなたの年収を査定!

30代のSEは異業種転職で有利。30代SEの強み。

この章では30代のSEは異業種転職で有利。30代SEの強みを紹介します。

IT業界から転職をしようとしている30代SEの中に「自分の強みが分からない」という方も多いはず。そんな方向けに転職時に理解しておいて欲しい30代SEの強みを解説します。

30代のSEが異業種転職で有利な理由
  1. 高いパソコンスキルで同じ30代に比べて生産性が高い
  2. プロジェクトリーダーの経験で管理業務に転職可能
  3. IT知識があればどの未経験職種でも食っていける

異業種への転職を目指している30代SEは参考にしてください。30代SEの強みは履歴書の特技欄や面接時に役立つはずです。

筆者

30代SEの強みを理解しておけば異業種転職でも有利になります。
今回紹介する強みを理解して、面接などで活かしてください。

高いパソコンスキルで同じ30代に比べて生産性が高い

IT業界で培った高いパソコンスキルが30代SEの大きな強みになるでしょう。

IT業界で働くSEは、営業職や事務職などに比べてパソコンを使う機会が多く、高いパソコン操作スキルがあるはずです。

  • タイピング速度が異常に速い。パソコン初心者の5倍6倍速い
  • ショートカットキーを使いこなすことで生産性向上
  • パソコンのシステムエラーを適切に解消できる
  • パソコン操作に関して後輩や同僚に指導できる

などIT業界で長く勤めていればパソコン操作は他の人に比べて圧倒的に高いでしょう。

このパソコンスキルがあれば未経験業界に転職しても上手くやっていけます

例えば営業職に転職しても見積書作成時にWordを使ったり、タイピングするでしょうし、ショップ店員になったとしても発注時にパソコンを操作するでしょう。IT化が進んだ現代ではパソコンを使わない仕事を探す方が難しいです。どの異業種に転職したとしてもIT業界で得たパソコン操作スキルは活かせます

高いパソコン操作スキルは30代SEの強みなので、完全未経験の異業種転職でも強みになるでしょう。

プロジェクトリーダーの経験で管理業務に転職可能

30代のSEでプロジェクトマネージャーやプロジェクトリーダーの経験があれば、その経験は大きな強みになります。

PMやPLなどのリーダー経験があれば、異業種でもマネジメント能力や管理スキルを高く評価してくれるでしょう。マネジメントスキルがあれば、

  • ホテルの管理職候補
  • 芸能事務所のマネージャー幹部候補
  • 経営者の幹部補佐

など管理職採用もしてくれる企業が多いです。

SEの業務で培った「IT知識・ITスキル+マネジメントスキル」を組み合わせて転職活動できれば、採用で評価され内定率もアップするでしょう。

IT知識があればどの未経験職種でも食っていける

30代SEで10年程度IT業界で勤務していれば、他の人よりもIT知識があるはず。これからの時代IT知識さえ持っていれば、どの未経験職種に転職してもある程度やっていけるはずです。

  • 社内のDX推進のプロジェクトに顧問として参加
  • 発注システムでエラーが発生したけどSE経験で解決できた
  • 上司に会社で貸与するPCについて相談を受ける

などIT業界以外の異業種でも何かとIT知識は必要になります。どの業界にいても幅広いIT知識やITスキルは必ず重宝されるでしょう。

30代のSEは10年程度IT業界で勤務経験があり、深いIT知識を持っているでしょう。そのIT知識は今後汎用性の高いあなたの強みになるはずです。

まとめ:SEを辞めたい30代がIT業界から異業種転職する方法

以上で、SEを辞めたい30代がIT業界から異業種転職する方法の解説を終了します。

下記この記事のまとめです。

SEを辞めたい30代におすすめの転職先

  1. 年収を下げたくない場合は社内SEがおすすめ
  2. ITコンサルやIT営業なども年収が下がりにくい。
  3. 年収が下がっても良い場合は異業種転職がおすすめ

30代からの転職は年収が下がりやすいです。そのため30代SEにはスキルが活かせる社内SEやITコンサル、IT営業などの仕事がおすすめ。IT知識をフルに活かせるので年収が下がりにくく、内定もGETしやすいですから。

30代SEがIT業界からの転職を成功させる方法

  1. 内定率アップのために30代に特化した転職サイトを利用する
  2. SEの強みを理解し採用担当者にそれを上手く伝える。
  3. 軸ずらし転職で異業種へ移動する
  4. 「30代SE」の市場価値を知っておく

30代からの転職は20代に比べて、履歴書が通りにくく難しいです。転職を成功させるために、自分の強みや市場価値を理解しておきましょう。

30代のSEが異業種転職で有利な理由

  1. 高いパソコンスキルでほか業界よりも生産性が高い
  2. プロジェクトリーダーの経験で管理業務に転職可能
  3. IT知識があればどの未経験職種でも食っていける

30代SEはIT知識が豊富で、パソコンスキルも高いので、どの業界に転職してもある程度活躍できるでしょう。強みなどを理解しておくと、面接でもしっかり受け答えできるはずです。

筆者

他にもSE辞めたい人向けに記事を書いているので、
興味のある方は参考にしてください。

興味がある方は是非ご覧ください。

参考記事:【後悔しかない】未経験からエンジニアになった体験談【辞めたい】

参考記事:IT業界離れたいエンジニアの転職先とは?辞めたい・向いていない時の処世術。

転職転職

Posted by 9noike