【勉強辛い】ITエンジニア職に疲れた人々におすすめの転職先4選!疲れる原因とは?

転職

本ページはプロモーションが含まれています

この記事では、ITエンジニア職に疲れた人々におすすめの転職先4選を紹介します。

IT企業で働くエンジニアの中には

エンジニア職に疲れたから転職したい。
開発の納期に間に合わなくて残業ばかりで疲れた。
ITの勉強を続けるのに疲れた。

と悩んでいる人も多いはず。

この記事ではそんな方に向けに、ITエンジニアが仕事で疲れる理由ITに疲れたエンジニアにおすすめの転職先をお話します。

今回紹介する項目は下記の通り。

上記項目について理解し、エンジニアに疲れた人におすすめの転職先を知り、別業界への転職を検討しましょう

【記事の目標】エンジニアに疲れた人におすすめの転職先を知り、別業界への転職を検討する
筆者

元々IT業界で働いていた中堅エンジニアが紹介。
自信が転職した経験を基に解説します。

エンジニアに疲れて転職したい方向けに、おすすめの異業種特化の転職サイトを紹介しています。性格診断や適職診断なども無料でできるため、興味があるエンジニアは是非利用してみて下さい。

おすすめの異業種転職サイト

第二新卒エージェントneo
【公式サイト】第二新卒エージェントneo
ブラック企業を除外、優良企業のみのご紹介。適性にあった求人紹介を行ってくれる。

WorX(ワークス)
【公式サイト】WorX(ワークス)
スキル支援とキャリア支援を両立することで、未経験からでも異業種への転職を実現。適職診断も付いています。

相性転職PersonalFile
【公式サイト】相性転職Personal File
あなたの特性をデータ分析して適性がある職種や相性が良い企業を紹介する転職サポートサービス。無料で適性診断できお得です。

ITエンジニアが疲れたと感じる原因

この章ではITエンジニアが疲れたと感じる原因を紹介します。

IT業界で勤めるエンジニアの中には、「エンジニアの仕事に疲れた」「開発の納期が辛い」とSEの働き方に嫌気が差している人がいるはず。IT業界で仕事をするのに疲れたエンジニアも多いでしょう。

ここでは何故エンジニア職は疲れやすいのか?その理由について実体験から解説していきます。

ITエンジニアが疲れたと感じる原因
  1. 取引先からの無茶ぶり。納期による激務
  2. プライベートでITの勉強をし続けなければならない
  3. 客先常駐や派遣による孤独感
  4. パソコン仕事による眼精疲労

エンジニアに疲れた人は原因を知り、対処できるようにしましょう。

参考記事:IT業界離れたいエンジニアの転職先とは?辞めたい・向いていない時の処世術。

筆者

IT業界を辞めたい・向いていない時の対処法も紹介しています。
合わせてご確認ください。

取引先からの無茶ぶり。納期による激務

エンジニアの仕事に疲れてしまう原因として一番多いのが、納期が近づくことによる残業祭り、激務が挙げられます。

IT業界でエンジニアとして働くと、取引先からの無茶ぶり、納期による激務がよく発生します。システム開発で納期に遅れると、よく顧客から激詰めされます。

実際に筆者が勤めていたIT企業でも

このシステム納期までにできるよね?
お金は出してるんだからしっかりしてね。
間に合わなかったら訴えるから。

とシステムを納期までに間に合わせろ、と無理難題を押し付けられたことがありました。

受託開発などの顧客から依頼を受けて行う開発は、取引先の納期が絶対最優先です。その納期に間に合わないと取引先に迷惑を掛けるため、納期が近づくと残業してでも開発を終わらせようとして激務になりやすいです。

そのため受託開発のIT企業に勤めるエンジニアは、激務によって疲れやすいでしょう。

プライベートでITの勉強をし続けなければならない

エンジニアが疲れたと感じる要因として、最新のIT技術を勉強し続けなければならないことが挙げられます。

IT業界ではAIやデータ分析、機械学習など、日々新しいIT技術が開発されています。このようなIT技術の進化についていけないとエンジニアとして仕事ができなくなるため、常に勉強をしなければなりません。このような日々の勉強がかなりしんどく、疲れたと感じやすいです。

☑エンジニアはITの勉強をし続けなければならない。

  • IT技術は進化が早く、勉強し続けないとスキルが石化する。
  • 勉強しないと仕事ができなくなる。
  • 休日や仕事終わりのプライベートに、ITの勉強をする必要がある。

多くのITエンジニアが休日やプライベートなどで、TI技術の勉強を行っています。休日をITの勉強に当てないと、ITの進歩に置いていかれて、仕事ができなくなってしまうからです。

また会社から資格の取得を命じられる場合もあり、資格取得の勉強もしなければなりません。エンジニアのプライベートは勉強地獄になりやすいため、疲れたと感じやすいでしょう。

客先常駐や派遣による孤独感

エンジニアが疲れたと感じる要因として、客先常駐や派遣による孤独感も挙げられるでしょう。

IT業界でエンジニアとして働くと、取引先に常駐して開発をする客先常駐での働き方がメインとなります。この客先常駐は自社で働かず取引先で働くため、職場がコロコロ変わりストレスが溜まりやすいです。

現場が変わる度に、「初めまして」
人見知りの自分には客先常駐は辛い。
IT業界特有の人間関係に疲れた。

IT業界の客先常駐や派遣の多さに疲れてしまうエンジニアも多いです。

実際に筆者も客先常駐のあるIT企業に勤めていましたが、数か月おきに現場が変わり精神的にかなり辛かったです。結局筆者は客先常駐を三年弱で辞めてしまいました…。

エンジニアは納期に追われやすく肉体的な疲れも感じやすいですが、客先常駐による精神的な疲れも感じやすいのがエンジニアの職業病と言えるでしょう。

参考記事:SESからの脱却。確実にSESから脱出する方法とは?

パソコン仕事による眼精疲労

エンジニアはパソコン仕事による眼精疲労になりやすいため、他の職業に比べて疲れやすいです。

エンジニアの仕事は基本的にデスクワークで、一日8時間以上机に座っています。四六時中パソコンを見つめる作業になるため、目を酷使し眼精疲労になりやすいです。

☑エンジニアは眼精疲労になりやすい

  • パソコンのブルーライトや人工光によって眼精疲労になりやすい。
  • デスクワークがメインの開発作業が多くなり、目を酷使する業務が多い。
  • 眼精疲労から頭痛や肩こりなどの複合症状に発展しやすい。

エンジニアはパソコン作業で目が疲れ、その眼精疲労が続くと頭痛や肩こりなどに症状が悪化することがあります。

デスクワークが多い分、寝不足や睡眠障害にもなりやすいです。エンジニアは肉体的にかなり疲れやすい仕事であるため、エンジニアをして疲れたと感じる人が多い現状となっています。

エンジニアに疲れた人におすすめの転職先4選

この章ではITエンジニア職に疲れた人々におすすめの転職先4選をご紹介します。

エンジニア職に疲れた人の中には、IT業界から足を洗って別業界に転職したいと考えている人も多いでしょう。勉強や仕事に疲れて、ITから解放されたいエンジニアもいるはずです。

ここではそんなITに疲れたエンジニアにおすすめの転職先を4つご紹介します。

ITエンジニア職に疲れた人々におすすめの転職先4選
  • 勉強が苦にならない自分が好きな業界の仕事
  • 別業界の社内SE・情シス社員
  • IT営業やITコンサル
  • 自分が適性のある向いている仕事

IT業界を辞めたいエンジニアは参考にしてみて下さい。

参考記事:【転職秘話】IT業界をやめてよかった。IT業界の辞めどきはいつ?

筆者

筆者がIT業界を辞めた体験談を紹介しています。
合わせて参考にしてみて下さい。

勉強が苦にならない自分が好きな業界の仕事

IT業界に疲れたエンジニアには、勉強が苦にならない自分が好きな業界の仕事が一番おすすめです。

IT業界を辞めたいエンジニアは、自分の好きな業界に転職するのも良いでしょう。異業種や未経験業界への転職は年収が下がってしまいますが、若いうちに自分の好きな職業を探すのも一つの手です。

☑自分の好きな業界の仕事を選ぶ

  • 外資系が多い高年収なコンサル業界
  • テレビやマスコミなどの芸能関係
  • タクシーやトラック運転手などの流通業界
  • アパレル関係

エンジニアに疲れた人には、上記のような自分が好きな業界に転職するのがおすすめです。自分の好きな分野に転職できればでモチベーション高く仕事ができるはずです。今辛いと感じている仕事の勉強でも、好きな分野であればストレスなく勉強を続けられるでしょう。

自分の好きな業界の求人を見つけたいエンジニアは、業界ごとに特化した転職サイトを利用してみて下さい。IT業界の求人が排除されているため、確実に自分の好きな業界へ転職できおすすめです。

業界別のおすすめ転職サイト

コンサル業界
【公式サイト】MyVision
IT系人材のコンサル転職に強い転職サイト。IT業界からコンサルへの転職に特化しているから安心。

アパレル・美容業界
【公式サイト】iDA
iDAはアパレル・コスメ業界に特化した求人サイト。国内最大手のアパレル専門の転職サイトです。

不動産業界
【公式サイト】宅建Jobエージェント
不動産業界を専門とした転職支援サービス。未経験で不動産業界に興味がある方まで幅広くサポート。

工場/製造業
【公式サイト】工場求人ナビ
工場/製造業の業種に特化した求人専門サイト。勤務地・収入など希望に合った工場系のお仕事を探せる。

別業界の社内SE・情シス社員

客先常駐やIT派遣などのエンジニア特有の働き方に疲れた人には、社内SEが転職先におすすめです。

社内SEになれば取引先からの受託開発が無くなるため、納期に追われることが減るでしょう。納期ギリギリの残業が減るため、社内SEはエンジニアに疲れた人の転職先におすすめです。

受託開発のITエンジニアから社内SEに転職できれば、

受託開発がないから納期が減って、残業がなくなった。
客先常駐や派遣などから解放された。
社内でのんびり働けてストレスも少ない。

とエンジニアの辛い部分から解放されるでしょう。

社内SEになれば客先常駐やIT派遣などもないため、精神的な疲労からも解放されるはず。

納期に追われる残業や客先常駐に疲れたエンジニアには、社内SE特化の転職サイトがおすすめです。SES企業の求人が排除されているから、確実に客先常駐を回避できるでしょう。

社内SEに強い転職サイト

社内SE転職ナビ
【公式サイト】社内SE転職ナビ
SEGAやDeNAなどの大手企業の社内SE求人も多数。※土曜祝日の面談もOK

レバテックキャリア
【公式サイト】レバテックキャリア
20,000件以上のエンジニア求人を掲載中。社内SEや自社開発求人が豊富にあるから、大量の社内SE求人を比較できる。

IT営業やITコンサル

システム開発や受託開発などの納期に疲れたエンジニアには、IT営業やITコンサルが転職先におすすめです。

IT業界を辞めたいエンジニアの中には、プログラミングなどのシステム開発が辛い人やパソコンの前で仕事をするのに疲れている人も多いでしょう。そんな開発業務が疲れたエンジニアには、IT営業やITコンサルなどがおすすめです。

☑ITコンサルやIT営業のメリット

  • システム開発のような納期に追われることが無い。
  • エンジニア職に比べデスクワークが少ない
  • 転職で年収が上がりやすい

IT営業やITコンサルなどは、エンジニアのように机に張り付いてする仕事ではありません。システム開発をしないため納期により発生する激務も少ないでしょう。エンジニア職に疲れ切った人におすすめの転職先なので、是非エンジニアを辞めたい人は検討してみて下さい。

下記ITコンサル特化の転職サイトです。コンサル求人が多く取り揃えられているため、最短距離でコンサルに転職できおすすめです。

ITコンサル特化の転職サイト

MyVision
【公式サイト】MyVision
IT系人材のコンサル転職に強い転職サイト。エンジニアからコンサルへの転職に特化しているから安心。

アクシスコンサルティング
【公式サイト】アクシスコンサルティング
未経験からのコンサルタント転職を徹底サポート。大手コンサルティングファーム在籍者の転職支援数第1位と実績十分。

自分が適性のある向いている仕事

IT業界に疲れたエンジニアにおすすめなのが、自分と相性のいい適職に就くことです。

ITに疲れ果てたエンジニアの中には

IT業界を辞めたいけど向いている仕事が分からない。
勉強が苦にならない相性のいい仕事はあるのかな?
長く働き続けられる仕事ってあるのかな?

と転職後のキャリアを決められない人も多いでしょう。

そんなやりたい仕事が見つからないエンジニアは、自分の適性に合った相性の良い仕事を選ぶのがおすすめです。

あなたがIT業界に疲れているのは、エンジニアに向いていないから。向いていない仕事を辛い思いをして、働き続けているから疲れ果ててしまうのです。仕事で疲れないためには「自分と相性の良い仕事に就く」ことが大切です。適性の合った業界に転職することで、向いていないIT業界で働くよりも長続きするでしょう。

転職を繰り返すことなく、長く働き続けたいエンジニアは、自分に合った仕事を見つけて下さい。

相性転職Personal File 」などのサイトを利用し、適性検査や相性検査、性格診断などをして自分と相性の良い転職先を探すのがおすすめです。

無料で性格診断、適職診断を受けられる/

相性転職Personal File>

最適な職種や企業を見つける転職支援エージェント

ITエンジニアが疲れないための秘訣・コツ

この章ではITエンジニアが疲れないための秘訣・コツを解説します。

IT業界で働くエンジニアの中には、無能で仕事ができず残業ばかりの人や顧客からの激詰めされ疲れている人も多いでしょう。実際にIT業界はうつ病発症率が1位になるくらい、心身共に疲弊しやすい業界となっています。

ここでは疲弊しやすいエンジニア職で疲れないための秘訣やコツを紹介します。

ITエンジニアが疲れないための秘訣・コツ
  1. 疲れにくいガジェットやアイテムを取り揃える
  2. 仕事を引き受け過ぎない
  3. 眼精疲労には目薬やブルーライトカット眼鏡がおすすめ

疲れを解消したいエンジニアは参考にしてみて下さい。

参考記事:【勉強し過ぎ】エンジニアの休日の過ごし方【一般企業勤め】

筆者

エンジニアのプライベートの勉強時間を紹介しています。
勉強に疲れた人は参考にしてみて下さい。

疲れにくいガジェットやアイテムを取り揃える

ITエンジニアが仕事で疲れないためにおすすめなのは、疲れにくいガジェットやアイテムを取り揃えることです。

エンジニアはデスクワークなので、眼精疲労や腰痛、肩こり、頭痛などになりやすく疲れやすいです。そのため業務中の疲れを最小限に抑えるために、ガジェットや仕事アイテムなどで負担を軽減するのがおすすめです。

筆者が実際に使っている疲労防止におすすめのアイテムは下記の3点。

☑パソコンスタンド(目線が上向き目が疲れにくい)

☑アイウォーマー(目元のエクササイズ)

☑ゲーミングチェア(在宅での腰痛を軽減する)

上記3つのアイテムは、仕事で疲れにくくなるため非常におすすめです。疲労に悩まされているエンジニアは、是非利用するようにして下さい。

仕事を引き受け過ぎない

ITエンジニアが疲れないためには、仕事を引き受け過ぎないことが大切です。

仕事で疲弊し辞めてしまうエンジニアにありがちなのが、仕事を引き受け過ぎてキャパオーバーになってしまうこと。本来は自分の仕事ではないことを上司や他部署の人から頼まれて、仕事を増やして疲弊するSEが多いです。

もし他のエンジニアから仕事を振られた時は

優先度の高いタスクが溜まっているので出来ないです。
他の開発業務があるため、その仕事は難しいです。

と仕事を断るようにしましょう。

他のタスクと鑑み頼まれた仕事を断ることも、仕事をする上では大切です。仕事で疲れ過ぎないためにも、できない仕事を断ることもやっていきましょう。

眼精疲労には目薬やブルーライトカット眼鏡がおすすめ

眼精疲労が辛いエンジニアには目薬やブルーライトカット眼鏡がおすすめです。

エンジニアの職業病である眼精疲労を放っておくと、頭痛や肩こりなどを引き起こしてしまうため、早い目に対処するのが良いでしょう。

眼精疲労を押さえるためには、目薬を数時間おきに打ったり、ブルーライトカット眼鏡を付けて下さい。そうすれば目の疲れが解消され、肩こりや頭痛も一緒に治るかもしれません。

まとめ:【勉強辛い】ITエンジニア職に疲れた人々におすすめの転職先4選!疲れる原因とは?

以上で、【勉強辛い】ITエンジニア職に疲れた人々におすすめの転職先4選!疲れる原因の紹介を終了します。

以下、この記事のまとめです。

☑ITエンジニアが疲れたと感じる原因

  1. 取引先からの無茶ぶり。納期による激務
  2. プライベートでITの勉強をし続けなければならない
  3. 客先常駐や派遣による孤独感
  4. パソコン仕事による眼精疲労

ITエンジニアが疲れたと感じる理由として最も多いのが、プライベートでも勉強し続けなければならないこと。エンジニアはIT業界の進化についていくために、休日や仕事終わりに勉強しなければなりません。勉強しないと変化の激しいIT業界で出世できないからです。

このような勉強をしなければならない状況に疲れ、転職を検討するエンジニアも多いです。筆者が勤めるIT企業でも勉強が嫌で辞めていくエンジニアが沢山いました。

☑ITエンジニア職に疲れた人々におすすめの転職先4選

  • 勉強が苦にならない自分が好きな業界の仕事
  • 別業界の社内SE・情シス社員
  • IT営業やITコンサル
  • 自分が適性のある向いている仕事

エンジニア職に疲れて辞めたい人は、自分の好きな業界の仕事に転職するのがおすすめです。自分の好きな業界の仕事であれば、プライベートの勉強が苦になりませんし、モチベーション高く業務できるからです。

もし自分の業界の仕事に転職したいエンジニアは、業界特化の転職サイトを利用してみて下さい。

各業界に特化した転職サイトはこちら

またIT業界から転職したいエンジニアには、自分に向いている仕事に就くのもおすすめです。適性の合った仕事に就くことで、無理なく業務をこなすことができ、ストレスが減り疲れも溜まりにくいでしょう。

自分に向いている仕事を見つけたいエンジニアは、無料適性検査を受けられる転職サイトを利用してみて下さい。

無料で適正検査・性格診断が受けられる転職サイトはこちら

☑ITエンジニアが疲れないための秘訣・コツ

  1. 疲れにくいガジェットやアイテムを取り揃える
  2. 仕事を引き受け過ぎない
  3. 眼精疲労には目薬がおすすめ

ITエンジニアが疲れないためには、仕事を引き受けないことが大切。仕事に疲弊しうつ病になったり、退職したりするエンジニアの多くは、仕事を断れないケースが多いです。自分の仕事量を適切な量に調整することで、疲れない仕事を目指して下さい。

筆者

IT企業で働いていた経験から
「エンジニアを辞めるのはもったいない話」
も紹介しています。

こちらの記事も合わせて参考にしてみて下さい。

参考記事:エンジニアを辞めるのはもったいない。辞めたいときの対処法を解説

転職新人エンジニア

Posted by 9noike