エンジニアがIT業界を脱出する理由とは?おすすめの脱出先やキャリアを紹介【IT業界抜けたい人へ】

転職

本ページはプロモーションが含まれています

この記事ではエンジニアがIT業界を脱出する理由おすすめの脱出先を解説します。

現在IT企業で働くエンジニアやプログラマーの中に

エンジニアだけどIT業界から脱出したい。
ITに向いていないから足を洗いたい。
おすすめの脱出先はあるのかな?

と悩んでいる方も多いはず。

今回はそんな方に、エンジニアがIT業界を脱出する理由おすすめの脱出先・キャリアチェンジ先をします。

今回紹介する内容はこちら。

この記事を見て、エンジニアがIT業界を脱出する理由を知り、自分に合ったキャリアに向けて行動しましょう

【この記事の目標】エンジニアがIT業界を脱出する理由を知り、自分に合ったキャリアに向けて行動する
筆者

IT業界で転職経験のある中堅エンジニアが紹介。
自身の転職経験を基に解説します。

IT業界からの脱出を検討しているエンジニア向けに、異業種特化の転職サイトを紹介しています。IT業界を辞めたいエンジニアはぜひ利用してみて下さい。

おすすめの異業種転職サイト

第二新卒エージェントneo
【公式サイト】第二新卒エージェントneo
ブラック企業を除外、優良企業のみのご紹介。適性にあった求人紹介を行ってくれる。

WorX(ワークス)
【公式サイト】WorX(ワークス)
スキル支援とキャリア支援を両立することで、未経験からでも異業種への転職を実現。適職診断も付いています。

相性転職PersonalFile
【公式サイト】相性転職Personal File
あなたの特性をデータ分析して適性がある職種や相性が良い企業を紹介する転職サポートサービス。無料で適性診断できお得です。

エンジニアがIT業界を脱出する理由

この章ではエンジニアがIT業界を脱出する理由を紹介します。

IT企業で働くエンジニアの中には、「SE辞めて別業界に転職したい」「IT業界から脱出したい」と悩んでいる人が多くいるでしょう。実際に筆者が勤めるIT企業でも、IT業界から足を洗った後輩エンジニアがたくさんいました

この章ではなぜエンジニアがIT業界を脱出したいと思うのか?その理由についてIT企業で勤務した経験から解説します。

エンジニアがIT業界を脱出する理由
  1. ITに向いてない、ITが嫌い
  2. 下請けのIT土方で元請けにこき使われる
  3. IT特有の客先常駐の働き方に馴染めない
  4. プログラミングの才能がなく、開発ができない。

IT業界から抜けたいと悩んでいるエンジニアは参考にしてみて下さい。

参考記事:IT業界から足を洗う人におすすめの職業7選【IT業界やめた後】

筆者

IT業界から足を洗いたいSE向けにおすすめの職業を紹介しています。
ぜひ参考にしてみて下さい。

ITに向いてない、ITが嫌い

画像に alt 属性が指定されていません。ファイル名: SES-recruiter-3.jpg

ITに向いてない、ITが嫌いな人は、IT業界を脱出したいと感じやすいでしょう。

IT業界でエンジニアとして活躍するためには、高いITスキルとIT知識が求められます。プログラミングやSQL、パソコンの知識まで、幅広いIT知識が求められます。

これらのITスキルを勉強して習得しなければならないため、ITに向いていない人はエンジニアの仕事がきついと感じるでしょう。

パソコン苦手でタイピングすらまともにできない。
プログラミングができない…。
IT業界の横文字が苦手過ぎて全然覚えられない。

とITが苦手なエンジニアは日々の業務で苦労しやすいです。

エンジニアになるとIT技術について常に学び続けなければなりません。ITに興味がない人にとっては何よりの苦痛です。そのためITに向いていない、興味のないエンジニアは、IT業界から足を洗いたいと感じるでしょう。

実際に筆者の勤めるIT企業でも、ITが嫌いなエンジニアはすぐに辞めていました。

下請けのIT土方で元請けにこき使われる

下請けのIT土方は元請けIT企業にこき使われるため、IT業界を脱出したいと感じやすいです。

IT業界では3次請け4次請けでシステム開発を請け負う人々をIT土方と言います。このような多重請負の一番下のIT土方になってしまうと、元請けIT企業にこき使われるためかなり辛いです。

☑IT土方は元請け企業にこき使われる

  • 間に合わないスケジュールを強要され無理やり残業。
  • 安く買い叩かれ低賃金で働かされる。
  • 年収200万円位でこき使わされる。

IT土方はIT業界で安い賃金で労働させられ、残業ばかりやらされるため、IT業界を脱出したいと感じやすいでしょう。実際にIT土方で残業をし過ぎた結果、体を壊しIT業界から足を洗ったエンジニアがたくさんいます。

未経験からエンジニアになる人の多くはIT土方になってしまい、IT業界の最下層で働き辛くなり、辞めていく印象です。

IT業界の多重請負は紛れもない日本ITの闇なので、IT業界を脱出する人が後を絶たないのは仕方がないですね。

参考記事:【底辺脱出】IT土方から簡単に転職する方法とは?【辞めたい人向け】

IT特有の客先常駐の働き方に馴染めない

IT特有の客先常駐の働き方に馴染めないのも、IT業界を脱出する理由で多いです。

IT業界で働くと基本的には、取引先企業に常駐する「客先常駐」「派遣」で働くことになります。このような働き方は客先で働くため、孤独感を抱きやすく、人見知りやコミュニケーションが苦手なエンジニアにはかなり辛いです。

☑IT業界の客先常駐や派遣は辛い

  • 客先に常駐して働くから、頼れる人が少なく孤独感を抱きやすい。
  • 客先を転々とするから人見知りにとって辛い。
  • 数か月おきに案件が変わるから、スキル不足になりやすい。

客先常駐や派遣のせいで自社で働けず、帰属意識が薄れるエンジニアも多いです。取引先で常駐して働き過ぎて、孤独や寂しさに耐えられない人もいるでしょう。

このようなIT業界特有の働き方に馴染めず、IT業界を脱出したい人も一定数いるはず。実際に筆者も客先常駐が嫌すぎてSESから社内SEに脱出しているため、痛いほど気持ちが分かります。

参考記事:客先常駐から社内SEに転職する方法を解説!【スキル次第で簡単】

プログラミングの才能がなく、開発ができない。

プログラミングの才能がなく、開発ができないのも、IT業界を脱出する理由の1つでしょう。

エンジニアのメイン業務、最も多くの時間を割く業務がプログラミングや開発業務です。プログラミングができるかどうかで、エンジニアとして仕事ができるか否かが大きく変わります。

プログラミングができないとSEとして活躍できず、辛い思いを抱えたまま働き続けることになるため、IT業界を辞めたいと感じやすいでしょう。

プログラミングに関しては、センスや才能がかなり必要で勉強してもできるようになるとは限りません。

60%の人間はプログラミングの素質がない

https://cpplover.blogspot.com/2012/05/60.html

という調査結果が出ており60%の人間がプログラミングの素養が無いと言われています

SEとして活躍するためにはセンスや才能が必要なため、働き続けても仕事ができるようになりません。そのためプログラミングの才能がないと悟り、IT業界から脱出するエンジニアも多いです。

IT業界を脱出した後のおすすめキャリア

この章ではIT業界を脱出した後のおすすめキャリアを紹介します。

この記事を見ているITエンジニアの中には、「IT業界を脱出したいけど転職先がない」「やりたい仕事がない」と悩んでいる人も多いでしょう。実際に自分に合った仕事が見つからず困っているSEもいるはずです。

そこでここでは、脱出後の転職先が見つからない人向けに、IT業界を脱出した後のおすすめキャリアを紹介します。

IT業界を脱出した後のおすすめのキャリア
  1. 年収を下げたくない場合は別業界の社内SE
  2. 自分が好きな業界の仕事
  3. 一番おすすめなのは自分に合った仕事

IT業界からの脱出を考えているエンジニアは、今回紹介するキャリアを参考にしてみて下さい。

参考記事:SEを辞めたい30代がIT業界から転職する方法とは?【異業種転職】

筆者

SEを辞めたい30代向けにも異業種転職を紹介しています。
合わせてご確認ください。

年収を下げたくない場合は別業界の社内SE

年収を下げずにIT業界に脱出したいエンジニアは、別業界の社内SEに転職するのがおすすめです。

IT業界から脱出したいエンジニアの中には、なるべく年収を下げたくない人もいるでしょう。そのような年収を下げたくないエンジニアには別業界の社内SEがキャリアに最適です。

☑IT業界からの脱出先に社内SEがおすすめ

別業界の社内SEに転職できて、年収も上がった。
IT業界から脱出できて、IT土方から解放された。
IT業界に比べて納期がなくて楽だ。

社内SEになればIT業界で働いてきた経験や知識を活かせ、年収が下がりにくいです。またIT業界特有の客先常駐や派遣がないため、のんびり社内で働けます

別業界の社内SEはエンジニアにおすすめのキャリアのため、ぜひIT業界からの脱出先に検討してみて下さい。

別業界の社内SEに転職したいエンジニアは、社内SE特化の転職サイトを利用しましょう。SES企業の求人が排除されているから、確実に社内SEに転職できおすすめです。

社内SE特化の転職サイト

社内SE転職ナビ
【公式サイト社内SE転職ナビ
SEGAやDeNAなどの大手企業の社内SE求人も多数。※土曜祝日の面談もOK

自分が好きな業界の仕事

IT業界から脱出したいエンジニアには、自分が好きな業界の仕事もおすすめです。

20代の若いエンジニアは、自分の好きな業界に脱出するのも良いでしょう。異業種や未経験業界への転職は年収が下がってしまいますが、自分の好きな職業を目指すのも一つの手です。

☑自分の好きな業界の仕事を選ぶ

  • テレビやマスコミなどの芸能関係
  • タクシーやトラック運転手などの流通業界
  • 外資系が多く高年収なコンサル業界

IT業界以外にも多くの業界があるため、自分が好きな業界に転職してみましょう。そうすれば自分の好きな分野でモチベーション高く仕事ができるはずです。

嫌なIT業界で働くよりも、毎日を楽しく充実させながら働けるでしょう。

自分の好きな業界の求人を見つけたいエンジニアは、業界ごとに特化した転職サイトを利用してみて下さい。IT業界の求人が排除されているため、確実に自分の行きたい業界に脱出できるでしょう。

業界別のおすすめ転職サイト

広告・Web・マスコミ業界
【公式サイト】マスメディアン
広告・Web・マスコミ職種の中では、最大規模の求人数。広告業界に転職したい人におすすめ。

アパレル・美容業界
【公式サイト】iDA
iDAはアパレル・コスメ業界に特化した求人サイト。国内最大手のアパレル専門の転職サイトです。

不動産業界
【公式サイト】宅建Jobエージェント
不動産業界を専門とした転職支援サービス。未経験で不動産業界に興味がある方まで幅広くサポート。

工場/製造業
【公式サイト】工場求人ナビ
工場/製造業の業種に特化した求人専門サイト。勤務地・収入など希望に合った工場系のお仕事を探せる。

一番おすすめなのは自分に合った仕事

IT業界を脱出した後のキャリアとして一番おすすめなのが、自分と相性のいい適職に就くことです。

IT業界から足を洗いたいエンジニアの中には

IT業界を辞めたいけど向いている仕事が分からない。
IT業界以外の仕事が分からない。
長く働き続けられる仕事ってあるのかな?

と脱出先のキャリアを決められない人も多いでしょう。

そんなやりたいキャリアが見つからないエンジニアは、自分の適性に合った相性の良い仕事を選ぶのがおすすめです。

あなたがIT業界を脱出したいのは、エンジニアに向いていないから。向いていない仕事を辛い思いをして、働き続けているから辞めたくなるのです。仕事を長続きさせるためには「自分と相性の良い仕事に就く」ことです。適性の合った業界に転職することで、向いていないIT業界で働くよりも長続きするでしょう。

転職を繰り返すことなく、長く働き続けたいエンジニアは、自分に合った仕事を見つけて下さい。

相性転職Personal File 」などのサイトを利用し、適性検査や相性検査、性格診断などをして自分と相性の良い転職先を探すようにしましょう。

無料で性格診断、適職診断を受けられる/

相性転職Personal File>

最適な職種や企業を見つける転職支援エージェント

IT業界を脱出したいエンジニアに伝えたいこと

この章ではIT業界を脱出したいエンジニアに伝えたいことを解説します。

最後にIT業界から脱出するエンジニアを勇気づけるアドバイスのようなものをお話します。実際にIT業界から転職した体験から、知っておいて欲しいことや伝えたいことを紹介します。

IT業界を脱出したいエンジニアに伝えたいこと
  1. エンジニアの経験はどの業界でも必ず活かせる
  2. 辞めたいのであれば30代後半までに転職すべし
  3. 仕事ができない無能SEは早い目に抜け出した方がいい

IT業界からの脱出が不安なエンジニアは参考にしてみて下さい。

参考記事:自分に合った転職サイトを選ぼう!用途に合わせたおすすめ転職サイトを紹介!

筆者

エンジニアにおすすめの転職サイトを紹介しています。
転職で失敗したくないSEは確認してみて下さい。

エンジニアの経験はどの業界でも必ず活かせる

IT業界でエンジニアとして働いた経験はどの業界でも活かせます。そのため別業界への転職が不安なエンジニアは、心配せず転職をしてください。

エンジニアとして働いた経験は別の業界でも活かしやすいです。SEとして身に付けたパソコンスキルはどの業界でも活かせますし、IT知識はどの企業に就職しても重宝されるからです。

☑エンジニアの経験はどの業界でも活かしやすい

  • パソコンの知識があれば、どの業界でも頼られる
  • IT人材は日本中で不足しているため、重宝されやすい
  • ITの知識があれば社内のDX推進などに参加できる

トラック運転手やアパレル店員などで得られるスキルは、その業界でしか活かせません。ですがエンジニアのスキルは他の業界に移っても活かしやすいでしょう。

特にIT技術は急成長しているため、どの業界に転職しても重宝されるはず。面接などでITスキルをアピールすれば内定が得られやすいです。そのためIT業界からの脱出でも安心して転職を検討してみて下さい。

辞めたいのであれば30代後半までに転職すべし

IT業界から脱出したいのであれば、30代後半までに転職するようにしましょう。高齢になればなるほど、未経験業界への転職が難しくなるからです。

一般的に異業種への転職は年齢が上がるほど難しくなります。実際に『転職35歳限界説』という説が広まっているくらい、35歳以降の転職は難易度が高いです。

☑30代の転職が難しい理由

  • 20代の若者の方が知識の吸収が早い。
  • 年齢に見合った高い専門性がないと採用されない。
  • マネジメント経験や管理職経験がないと厳しい。

上記のように30代以降の転職はハードモードになるため、IT業界から脱出したいのであれば、早い目に行動した方が良いでしょう。

30代40代になってエンジニアを辞めたいと思っても、転職先が決まらずIT業界から脱出できない。と言う最悪のケースになりがち。そのため転職できる若いうちに転職しておいてください。異業種転職は若いうちにしておかないと大変なことになりますよ。

仕事ができない無能SEは早い目に抜け出した方がいい

仕事ができない無能SEは早い目にIT業界から抜け出した方が良いでしょう。

仕事ができない無能SEがIT業界で働き続けると、悲惨な末路を辿る可能性が高いです。無能エンジニアは活躍できずに、窓際社員になったり、一生下流工程で働き続けたり。と辛い未来が待っているからです。

悲惨な末路を辿らないためにも、無能でIT業界から抜け出したいのであれば脱出した方が良いでしょう。

☑無能SEは早い目に抜け出した方が良い

  • 仕事ができないエンジニアがリーダーになると、プロジェクトが崩壊する。
  • 無能なエンジニアが働き続けると、辛い気持ちになりうつ病になる可能性がある。
  • 仕事ができない無能だと、年齢を重ねるごとに馬鹿にされる。

IT業界で働くのが辛いのであれば、早い目にIT業界から脱出するのがおすすめ。もしあなたがエンジニアとして無能なのであれば特にです。

無能なエンジニアのまま働き続けると、スキルの高い後輩エンジニアに出世で追い抜かれたり、周りのSEに馬鹿にされたり、と辛い気持ちになります。最悪の場合うつ病になってしまう可能性があるため、無能なのであれば早い目に脱出しましょう。

IT業界から抜け出せば事態がいい方向に転がる可能性もあるので…。

まとめ:SEがIT業界を脱出する理由|おすすめの脱出先を紹介【IT業界抜けたい人へ】

以上で、SEがIT業界を脱出する理由|脱出先のおすすめキャリアという話を終了します。

下記この記事のまとめです。

☑エンジニアがIT業界を脱出する理由

  1. 無能すぎてチームに迷惑を掛ける
  2. 下請けのIT土方で元請けにこき使われる
  3. IT特有の客先常駐の働き方に馴染めない
  4. プログラミングの才能がなく、開発ができない。

エンジニアがIT業界を脱出したくなる理由として多いのは、IT業界の多重請負構造などが挙げられます。IT業界で案件の2次請け3次請けなど下請けになってしまうと、安い賃金でこき使われるIT土方になります。一生元請け企業に常駐したり派遣されるIT土方になると辛いため、IT業界を脱出したいと感じるのはあるあるですね。

☑IT業界を脱出した後のおすすめのキャリア

  1. 年収を下げたくない場合は別業界の社内SE
  2. 自分が好きな業界の仕事
  3. 一番おすすめなのは自分に合った仕事

IT業界の脱出先キャリアとしておすすめなのが、別業界の社内SEです。別業界の社内SEになれれば、年収を下げにくく、客先常駐が無いため社内でのんびり働けます。別業界の社内SEに興味があるエンジニアは社内SE特化の転職サイトを利用してみて下さい。

社内SE特化の転職サイトはこちら

またIT業界からの脱出先として一番おすすめなのは、自分に合った職業に就くことです。あなたがIT業界を脱出したいと感じているのは、自分に向いていないITエンジニアになったから。もし仕事を長く続けたいのであれば、自分に合った仕事に就くのが一番良いでしょう。

IT業界から脱出し自分に合った職業に就きたい方は、下記を参考にしてみて下さい。

業界ごとに特化した転職サイトはこちら

☑IT業界を脱出したいエンジニアに伝えたいこと

  1. エンジニアの経験はどの業界でも必ず活かせる
  2. 辞めたいのであれば30代後半までに転職すべし
  3. 仕事ができない無能SEは早い目に抜け出した方がいい

IT業界で身に付けたスキルや経験はどの業界に転職しても活かせます。転職先も見つかりやすいため、IT業界を辞めたいエンジニアは早い目に辞めても良いと思います。

一番ダメなのは30代40代から別業界の異業種へ転職すること。30代後半以降で転職をしようとすると、20代よりも難易度が跳ね上がるため注意して下さい。なるべく早い目に転職活動をするのがおすすめです。

筆者

IT企業で働いた経験から
「IT業界を辞めたい・向いていない時の対処法」
などの記事も執筆しています。

興味がある方は是非ご覧ください。

参考記事:IT業界離れたいエンジニアの転職先とは?辞めたい・向いていない時の処世術。

転職転職

Posted by 9noike